この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

サカナクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サカナクション
Sakanaction11.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
ジャンル オルタナティヴ・ロック[1]
ニュー・ウェーヴ[1]
エレクトロ[1]
インディー・ロック[1]
ビッグ・ビート
活動期間 2005年 -
レーベル BabeStar Label2007年 - 2008年
ビクターエンタテインメント2009年 - 2015年
NF Records [2](2015年-)
事務所 ヒップランドミュージック
公式サイト サカナクション Official Site
メンバー 山口一郎ボーカルギター
岩寺基晴(ギター)
草刈愛美(ベース
岡崎英美(キーボード
江島啓一(ドラム
テンプレートを表示

サカナクション英語Sakanaction)は、2005年に結成された日本ロックバンド[3]

概要

2005年に結成され、2007年にデビュー。ギターボーカル担当の山口一郎を中心とした男女5人で構成される。

バンド名は「」と「アクション」の単語を組み合わせた造語。山口一郎はインタビューで、ひねくれたこと・いい意味でふざけたことをやりたく、バンド名にはあまり用いられない「サカナ」を入れ、変化を恐れずにやっていこうという意味をこめて「サカナのアクションでサカナクション」にしたという趣旨を述べている[4]

メンバー

山口一郎(やまぐち いちろう、1980年9月8日 - )
ボーカルギター担当。インスト曲ではDJ担当。北海道小樽市出身。本名の「一郎」の他「一路」の表記も使う。
サカナクション結成時のメンバー。ほとんどの作詞作曲を担当している。
サカナクション結成前はギターの岩寺などと、ダッチマンというバンドを組んでいた。
両親が小樽で喫茶店をやっており[5]、そこで流れている音楽を聴き、友部正人らフォーク歌手のライブを見るうちに影響を受け、家にあるフォークギターを弾き始めた[5]。10代の頃からビクターの育成部門に所属していた。影響を受けたアーティストにレイ・ハラカミを挙げ「類いまれなる才能」と絶賛している[6]
釣りが好き[5]で、オリンピックの種目に釣りがあったら音楽をやってなかった、と言うほど。また、俳句を愛読しており、俳人では寺山修司種田山頭火を、詩人では吉本隆明石原吉郎を好んでいる。
父親が大ファンということもあり、物心ついたころから中日ドラゴンズファンである。自身の誕生日でもある2011年9月8日の中日巨人戦(ナゴヤドーム)始球式を行った。
右耳に突発性難聴を抱えていて、右耳がほとんど聞こえない状態だったが最近は低い音なら聞こえるようになったという。
岩寺 基晴(いわでら もとはる、1981年3月11日 - )
ギター・コーラス担当。北海道札幌市出身。愛称は「モッチ」。
サカナクション結成時のメンバー。サカナクション結成前はボーカルの山口などとダッチマンというバンドを組んでいた。
草刈 愛美(くさかり あみ、1980年4月30日 - )
ベース・コーラス担当。東京都出身。愛称は「姐さん」。
それまで活動していたバンドが解散し加入。
以前から一般男性と入籍しており、2015年には第一子の妊娠を発表し[7]、同年6月5日に出産したことを6月11日のサカナLOCKS!内で山口一郎が発表した[8][9]
岡崎 英美(おかざき えみ、1983年10月5日 - )
キーボード・コーラス担当。北海道小樽市出身。愛称は「ザキオカ」「ザッキー」。
山口のアルバイト(レコード店)の同僚関係から加入。
パンが好物。
江島 啓一(えじま けいいち、1981年7月8日 - )
ドラム担当。北海道札幌市出身。愛称は「エジー」。
知人の紹介で加入。面白いバンドはたくさんいたが、一緒にやりたいシンガーソングライターはいなかった。だが山口一郎の歌は良いと思ったという[10]

略歴

山口が札幌第一高等学校の同級生岩寺らと結成していたバンド、ダッチマンが解散(デビューアルバムGO TO THE FUTUREに収録されている、三日月サンセット、白波トップウォーターなどはダッチマン時代から演奏されていた)。この10代の頃より山口はビクターにて音楽を学んでいた[11]

2005年
  • 山口が岩寺とユニットとして、北海道札幌市で結成。サポートメンバーを交えながら、札幌市を拠点にライブハウスクラブ等で活動を行う。(当時はDJの山口にギターの岩寺がアドリブで合わせていくスタイルだった。)2006年春、山口が、音楽仲間であった草刈、仕事の同僚であった岡崎、知人の知り合いであった江島をそれぞれ誘い、サポートとして参加するが後にメジャーデビューを機に正式加入となる[12]
  • 8月RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZOに、イベンターの推薦により公募選出枠「RISING★STAR」より868組の中から選出される。当時のビクターの担当が何も告げずに録音を送ったのが選出されたという。これをきっかけにアルバムリリースに向け録音を重ね始める[11]
2007年
2008年
2009年
  • アルバム『シンシロ』をリリース。このアルバムよりビクターのサブレーベルであったBabeStarからビクターレーベルに移る。オリコンチャートにおいて初のトップ10入りを記録。
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
  • ベース担当である草刈愛美が第一子の妊娠をしたことを発表。そのため草刈の体調面を考慮し、同年10月までバンドのライブ活動を控えることを発表した[7]
  • リスナーと共に過去の作品を改めて再解釈し新たなバンドのストーリーを作り出すというコンセプトのもと、これまで発表したアルバムにリマスタリングを施し再リリース。第1弾として、初期の3作『GO TO THE FUTURE』『NIGHT FISHING』『シンシロ』のアナログ盤およびスペシャル・プライス盤を3月に発表[17]
  • 3月18日、アルバム全6作のハイレゾ配信がスタート。
  • 6月11日サカナLOCKS!内で草刈の出産を発表。ならびに、2015年から2016年に跨り開催される全国アリーナ・ホールライブツアー、"SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour"の開催も同時に発表した[8][9][18]。また、9月11日にレーベル立ち上げたということを受け、当初のタイトル「SAKANAQUARIUM2015-2016」から変更となり前記のタイトルが正式なタイトルとして起用[2]
  • 7月3日、サカナクション主催のオーガナイズ・パーティー、『NIGHT FISHING』を東京恵比寿で開催[19][20][18]。このイベントの詳細は後述の#NIGHT FISHING (NF)参照。
  • 8月5日、コンセプトアルバム『懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜』をリリース。初回限定盤にはドキュメンタリーとPVを収録した映像作品、『月の景色 〜Documentary of "GO TO THE FUTURE (2006 ver.)" & MUSIC VIDEOS〜』がBlu-rayまたはDVDが付属[18]
  • 9月11日、7月3日に行われたオーガナイズ・パーティー、『NIGHT FISHING』を名称を新たに"NF"と省略した名に改め、「NF #01-launch party-」を開催[21]。また、当日ではビクター・エンターテイメント内に自主レーベル「NF Records」を立ち上げたことを発表[2]。「NF Records」は、通常の音楽制作・販売だけにとどまらず、音楽、ファッション、アートといったカルチャー全般を融合した新しい音楽表現のあり方を追求する発信地を作りたいという思いから設立され、レーベルロゴはクリエイティブ・ディレクターの田中裕介が務めた[2]
  • 9月30日シングル新宝島」リリース[22]。映画『バクマン。』の主題歌として起用され[23]、また、映画の劇伴も担当した。映画音楽を担当するのはサカナクションの活動上初である。また、同映画のために作成された楽曲は初回限定版のボーナスディスクに「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」というタイトルのもと1つの作品として収録される。映画音楽は第39回日本アカデミー賞(2015年度)で最優秀音楽賞を受賞した[24]。また、本シングルはサカナクションがビクターエンタテインメント内に設立したレーベル「NF Records」のリリースとしては処女作にあたる。
  • 12月1日 - 2016年9月4日、コニカミノルタプラネタリウムとのタイアップで東京都池袋にあるプラネタリウム「コニカミノルタプラネタリウム"満天"in Sunshine City」のリニューアル記念上映作品に「サカナクション グッドナイト・プラネタリウム」を上映。同作品は、同会場の音響システムのためにサラウンド化したサカナクションの曲を流し、光学式プラネタリウムで星空を投影するという作品となっている。作品のナレーションはフロントマン山口が担当する[25]
2016年
  • 2月11日公開のファッションブランド・Miu Miuのショートフィルムプロジェクト・女性たちの物語「SEED」で、自身2度目となる劇伴を務めた。
  • 2月28日、「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「新宝島」が「BEST CONCEPTUAL VIDEO(もっとも優れたコンセプトのミュージックビデオに授与される賞)」を受賞[26]
  • 3月4日より放映の資生堂の日やけ止めブランド『アネッサ』のCMに楽曲を提供[27]
  • 7月17日、初の野外レイヴイベント『SAKANATRIBE』が、7月17日に北海道・岩見沢のいわみざわ公園で開催予定[28]

作品

シングル

作品名 発売 最高順位 認定 アルバム
オリ
コン

[29]
Hot
100

[注釈 1]
セントレイ 2008年12月20日 35 9 シンシロ
アルクアラウンド 2010年1月13日 3 4
  • RIAJ (PC配信): ゴールド[46]
kikUUiki
アイデンティティ 2010年8月4日 12 7 DocumentaLy
ルーキー 2011年3月16日 6 7
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 2011年7月20日 8 4
  • RIAJ (配信): ゴールド[47]
僕と花 2012年5月30日 6 3
  • RIAJ (PC配信): ゴールド[48]
sakanaction
夜の踊り子 2012年8月29日 5 2
  • RIAJ (PC配信): ゴールド[49]
ミュージック 2013年1月23日 4 1
INORI EP[注釈 2] 2013年6月26日 36 [注釈 3]
グッドバイ/ユリイカ 2014年1月15日 2 2
4
未定
さよならはエモーション/蓮の花 2014年10月29日 4 4
12[注釈 4]
新宝島 2015年9月30日 9 1
  • RIAJ (配信): ゴールド[51]
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何らかを意味する。

配信限定

配信日 作品名 最高順位 アルバム
Hot
100

[注釈 1]
2007年12月5日 ワード/サンプル NIGHT FISHING
2007年12月26日 ナイトフィッシングイズグッド
2009年1月7日 ネイティブダンサー 60 シンシロ
2010年3月10日[52] 目が明く藍色 92 kikUUiki
2013年2月27日[53] Aoi 27 sakanaction
2014年10月8日 蓮の花-movie version- 12 未定
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

その他のチャート入りした曲

配信日 作品名 最高順位 アルバム
Hot
100

[注釈 1]
エンドレス 2011 8 DocumentaLy
なんてったって春 2013 [注釈 5] sakanaction
ホーリーダンス 2015 [注釈 6] 懐かしい月は新しい月
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

オリジナルアルバム

作品名 情報 最高順位 認定
オリ
コン

[29]
ビル
ボード

[注釈 7]
台湾
G-Music
東洋榜
[57]
GO TO THE FUTURE 55[注釈 8]
NIGHT FISHING
  • 発売日: 2008年1月23日
  • レーベル: BabeStar
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード、レコード
53 [注釈 9]
シンシロ 8 [注釈 10]
kikUUiki
  • 発売日: 2010年3月17日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード、レコード
3 [注釈 11]
DocumentaLy
  • 発売日: 2011年9月28日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: CD、CD/DVD、デジタル・ダウンロード、レコード
2 [注釈 12]
sakanaction
  • 発売日: 2013年3月13日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: CD、CD/DVD、CD/Blu-ray、デジタル・ダウンロード、レコード
1 [注釈 13] 6
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何らかを意味する。

コンピレーションアルバム

作品名 情報 最高順位
オリ
コン
[29]
ビル
ボード
[注釈 7]
懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜
  • 発売日: 2015年8月5日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: 2CD、2CD/DVD、2CD/Blu-ray、デジタル・ダウンロード
5 2

ライブアルバム

作品名 情報
SAKANAQUARIUM2012"ZEPP ALIVE"
  • 発売日: 2012年11月14日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: デジタル・ダウンロード

ミニ・アルバム

作品名 情報
「NIGHT FISHING IS GOOD」TOUR 2008 in SAPPORO
  • ライブ・アルバム
  • 発売日: 2008年8月6日
  • レーベル: BabeStar
  • 規格: デジタル・ダウンロード
REMIXion
  • リミックス・アルバム
  • 発売日: 2008年10月15日
  • レーベル: BabeStar
  • 規格: デジタル・ダウンロード
“FISH ALIVE”30min., 1 sequence by 6 songs SAKANAQUARIUM 2009@SAPPORO
  • ライブ・アルバム
  • 発売日: 2009年7月15日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: デジタル・ダウンロード

映像作品

作品名 情報 最高順位
オリ
コン
DVD
[29]
オリ
コン
Blu-ray
[29]
SAKANAQUARIUM 2010 (B)[注釈 14]
  • ライブ映像。日本武道館公演「SAKANAQUARIUM 21.1(B)」を収録。
  • 発売日: 2011年2月2日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: DVD、Blu-ray
14 92
SAKANAQUARIUM 2010 (C)[注釈 14]
  • ライブ映像。ツアー「SAKANAQUARIUM 2010“kikUUiki”」最終公演を収録。
  • 発売日: 2011年2月2日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: DVD、Blu-ray
15 104
SAKANARCHIVE 2007-2011~サカナクション ミュージックビデオ集~
  • ミュージックビデオ集。全15曲のミュージックビデオと特典映像を収録。
  • また、初回限定生産分にはブックレットとポスターカレンダーを封入。
  • 発売日: 2011年12月14日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: DVD
10
SAKANAQUARIUM 2011 DocumentaLy -LIVE at MAKUHARI MESSE-
  • ライブ映像。
  • 発売日: 2012年3月28日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: DVD、Blu-ray
14 3
SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction -LIVE at MAKUHARI MESSE 2013.5.19-
  • ライブ映像。
  • 発売日: 2013年11月13日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: DVD、Blu-ray
4 2
SAKANATRIBE 2014 -LIVE at TOKYO DOME CITY HALL- Standard Edition
  • ライブ映像。DVD版の「Standard Edition」、DVD版の「Featuring TEAM SAKANACTION Edition」、および両方の内容が込まれているBlu-ray版「Featuring TEAM SAKANACTION Edition + Standard Edition」の3模様が発売された。
  • 発売日: 2014年7月30日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: DVD、Blu-ray
6 5
"—"はチャート対象外の何らかを意味する。

ミュージックビデオ

作品 監督 収録アルバム 出典
三日月サンセット 森義仁 GO TO THE FUTURE 2007 [65]
白波トップウォーター 近藤寛史 a.k.a STNW GO TO THE FUTURE 2007 [66]
ワード 近藤寛史 a.k.a STNW NIGHT FISHING 2007 [67]
サンプル 須藤カンジ NIGHT FISHING 2007 [68]
ナイトフィッシングイズグッド 森義仁 NIGHT FISHING 2008 [69]
セントレイ 豊田京太郎 シンシロ 2008 [70]
ネイティブダンサー 児玉裕一 シンシロ 2009 [71]
アルクアラウンド 関和亮 Kikuuiki 2010 [72]
目が明く藍色 島田大介 Kikuuiki 2010 [73]
アイデンティティ 北澤“momo”寿志 Documentaly 2010 [74]
montage 島田大介 懐かしい月は新しい月 2010 [75]
ルーキー 島田大介 Documentaly 2011 [76]
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 田中裕介 Documentaly 2011 [77]
エンドレス 志賀匠
北澤"momo"寿志
Documentaly 2011 [78]
ドキュメント 山口保幸 Documentaly 2011 [75]
僕と花 山口保幸 Sakanaction 2012 [79]
夜の踊り子 田中裕介 Sakanaction 2012 [80]
ミュージック 関和亮 Sakanaction 2013 [81]
Inori (Extended Mix) 山口保幸 Sakanaction 2013 [82]
ユリイカ 山口保幸 N/A 2014 [83]
グッドバイ ショウダユキヒロ
北澤"momo"寿志
N/A 2014 [84]
蓮の花 山口保幸 N/A 2014 [85]
さよならはエモーション 田中裕介 N/A 2014 [86]
years 山田智和 懐かしい月は新しい月 2015 [87]
スローモーション 奥山由之 懐かしい月は新しい月 2015 [88]
ホーリーダンス 山口一郎 懐かしい月は新しい月 2015 [89]
新宝島 田中裕介 N/A 2015 [90]

タイアップ

曲名 タイアップ
白波トップウォーター 読売テレビMusic&Entertainment ガチカメ7』オープニング・テーマ
セントレイ 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2008年12月度POWER PLAY
富山テレビ『bbt music selection』オープニング・テーマ
九州朝日放送『V3』オープニング・テーマ
KBCラジオKBCラジオ カットラ!』エンディング・テーマ
ネイティブダンサー 毎日放送MUSIC EDGE』2009年1月度エンディング・テーマ
読売テレビ『Music&Entertainment ガチカメ7』オープニング・テーマ
北海道文化放送UHBスーパーニュース』2010年度年間企画「キボウノシズク」テーマソング
アルクアラウンド アルペンkissmark」CMソング
石川テレビ『MUSIC ROOM☆N-18』エンディング・テーマ
北海道テレビ放送NO MATTER BOARD』エンディング・テーマ
テレビユー福島MUSIC BARパロパロ』エンディング・テーマ
CBCテレビ プロ野球中継番組「燃えよドラゴンズ」 2016年度テーマ
アイデンティティ 東進「340万人の高校生へ」篇 CMソング
映画『ジャッジ!』オープニング・テーマ
ルーキー 東進「未来のリーダーたち」篇 CMソング
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 東進「16歳の転機」篇 CMソング
僕と花 関西テレビ系ドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』主題歌
夜の踊り子 モード学園 CMソング
ミュージック フジテレビ系ドラマ『dinner』主題歌
Aoi NHK サッカーテーマ
さよならはエモーション 東進 「2013全国統一高校生テスト 全国統一中学生テスト」篇 CMソング
ユリイカ 映画『ジャッジ!』エンディング・テーマ
蓮の花 映画『近キョリ恋愛』主題歌
日本テレビ系ドラマ『近キョリ恋愛〜Season Zero〜』主題歌
グッドバイ(NEXT WORLD RIMIX) NHKスペシャルNEXT WORLD 私たちの未来』テーマ曲
新宝島
MOTION MUSIC OF BAKUMAN。
映画『バクマン。』主題歌[23]、及び劇中の映画音楽[23]
Miu Miuショートフィルムプロジェクト・女性たちの物語「SEED」劇伴[91]
※未発表曲 資生堂ANESSA』CMソング[92]

ライブ

ライブ・ツアー「SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"」のアリーナ最終公演会場、日本武道館前の当日の様子。(2015年10月26日撮影)
  • 「GO TO THE FUTURE」レコ発ツアー
  • 「GO TO THE FUTURE」レコ発ワンマンライブ
  • サカナクション LIVE in Okinawa 2007
  • TOUR 2008「NIGHT FISHING IS GOOD」
  • SEN(千)LIVE
  • REI(零)LIVE
  • SAKANAQUARIUM 2009 シンシロ
  • SAKANAQUARIUM 2010 kikUUiki
  • SAKANAQUARIUM 21.1(B)
  • SAKANAQUARIUM 2011 "ZEPP ALIVE"
  • SAKANAQUARIUM 2011 DocumentaLy
  • SAKANAQUARIUM 2012 "CITTA ALIVE"
  • SAKANAQUARIUM 2012 "ZEPP ALIVE"
  • SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction
  • SAKANATRIBE 2014
  • SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour"

NIGHT FISHING (NF)

NFロゴマーク

NIGHT FISHING(ナイトフィッシング、略称・別名:NF(読み方同じ))は、サカナクションにおいて以下を示す。

  1. NIGHT FISHING 2枚目のオリジナル・アルバム。
  2. サカナクション主催のオーガナイズ・パーティー
  3. ビクターエンタテインメント内のレーベル「NF Records」。
  4. 2015年8月現在計画を進行中の音楽スタジオの名称[93]

当行の節では、定義2について記述する。定義1の詳細ついてはNIGHT FISHINGを参照。

オーガナイズ・パーティー

オーガナイズ・パーティーにおいてのNIGHT FISHINGは、2015年7月3日東京都渋谷区恵比寿LIQUIDROOMにて初めて開催された[19][18]

開催理念
サカナクションメンバーであり、バンドのフロントマンである山口は自分たちに関してのプレスリリースを発行し、それがBARKSRO69ナタリーをはじめとする外部音楽情報・ニュースサイトのリンクやMUSICAなどの音楽情報誌などの情報をTwitterにツイートおよびリツイート、拡散をするように投稿していた。しかし、その一方で自身のTwitterやinstagramにはその拡散したはずの情報をSNSで山口へメッセージを投稿するといった行為が見られていると山口は語っている。
これは山口によるとタイトルを見て内容を見ないから起きていると雑誌の取材で示唆し、また山口は「僕が持ってるTwitterや、インスタ(instagram)とか、Facebookとかで内容を説明するとみんな見るんですよ。かつ、僕がそのリンクを張るほうが見るんですよ。」と自己発信での拡散についてもいっており、この一連の考えから音楽の拡散への危機つまり「音楽の孤立」、「限界」であると位置づけている。そして、「ロック・フェスティバルで人気の出ないバンドは世に出れない。」などといった"フェスブーム"がもし過ぎた時に前述の様な「音楽の孤立」がなされている状態で何が芽生えるかを考えた末、『NF』というオーガナイズ・パーティーを思いついたという。「メンバーの草刈が産休で時間の空いたこの時に、今しかできない」と考え、初回の実行に至った[93]
また、今イベントへの意志は「規模とかセールスではなくて、どんな空間を作ってどんな体験をさせたか」といった消費者に消費させる=貢献になるといった消費者還元型のシステムとして制作された[93]
第0回[93][94](NIGHT FISHINGとして名称)
2015年7月3日開催。初開催では、2部構成となっていて、1部はLIQUIDROOM内、Time Outカフェ&ダイナー。2部はLIQUIDROOM 1階のメインフロアにて行われた。
当時、メンバーの草刈は出産からまだ1か月ほどしか立っておらず、DJとしての出演や参加には至らなかった[19][18]
今回は普段行われるライブイベントとは違い、大々的にメディアに取り上げられていない[93]。これについて山口は「(今回のイベントが)理解されなかった。あとビジネスにならないからだとおもう。」と述べており、ビジネスにならなかったという痕跡に赤字を記録している。今回は消費させる=貢献になるといった消費者還元型のシステムであるために赤字を記録したものと山口は考え、これについて山口は「敢えて無理をしています。でもこれからは続けていくために考えていきます。」とはなしている[93]
またこの様子はクローズアップ現代に"現代の音楽の在り方の1つ"として取り上げられた[95][96]
第1回 NF[93][94]
2015年9月11日開催。今回は前回から名称を変更・省略し、『NF』としている[21]。また、今回はチームサカナクションとして全体でのイベント開催となる予定の為にDJとして草刈も参加するなどの変化が見られる[21][93]
同時期に発売されたシングル「新宝島」に大きく影響を与えており、「新宝島」のために同イベントを開いたとも山口は発言している[97]
第2回
2015年11月6日開催。出演は歌手のMMAや音楽家のAkufenがDJとして出演。海外のミュージシャンを自身の企画に招き共演するのは初となる[98]青木孝允は山口とライブパフォーマンスを行うほか、Daito Manabe+Setsuya Kurotaki、NFSC DJ set B to B to Bらが出演[98]
第3回
2016年1月22日開催。

注釈

  1. ^ a b c それぞれの曲による脚注: 「セントレイ」、[30] 「ネイティブダンサー」、[31] 「アルクアラウンド」、[32] 「目が明く藍色」、[33] 「アイデンティティ」、[34] 「ルーキー」、[35] 「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」、[36] 「エンドレス」、[37] 「僕と花」、[38] 「夜の踊り子」、[39] 「ミュージック」、[40] 「Aoi」、[41] 「グッドバイ」、「ユリイカ」、[42] 「蓮の花」、[43] 「さよならはエモーション」、[44] 「新宝島」。[45]
  2. ^ sakanaction名義でEPレコードによるリリース
  3. ^ ビルボードジャパンによるHot Single Salesチャートで31位にランクインされた。[50]
  4. ^ 先行発売デジタル・シングルである「蓮の花-movie version-」による位置。
  5. ^ ビルボードジャパンによるAdult Contemporary Airplayチャートで72位にランクインされた。[54]
  6. ^ 2010年8月4日にリリースされたシングル「アイデンティティ」のカップリング曲。2015年8月5日にリリースされたコンピレーションアルバム「懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜」に収録されて、そのアルバムの発売当時にラジオで流れた。ビルボードジャパンによるRadio Songsチャートで62位にランクインされた。[55]
  7. ^ a b それぞれのアルバムによる脚注: 「懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜」、[56]
  8. ^ 2015年復刻版に関する位置。2007年にリリースされた初回版は105位。
  9. ^ ビルボードジャパンによるTop Albums Salesと言うCDセールズチャートで54位にランクインされた。[58]
  10. ^ ビルボードジャパンによるTop Albums Salesと言うCDセールズチャートで11位にランクインされた。[59]
  11. ^ ビルボードジャパンによるTop Albums Salesと言うCDセールズチャートで4位にランクインされた。[60]
  12. ^ ビルボードジャパンによるTop Albums Salesと言うCDセールズチャートで2位にランクインされた。[61]
  13. ^ ビルボードジャパンによるTop Albums Salesと言うCDセールズチャートで1位にランクインされた。[63]
  14. ^ a b 「SAKANAQUARIUM 2010 (B)」「SAKANAQUARIUM 2010 (C)」、および初回限定版ドキュメンタリーDVDを込む3枚組。「SAKANAQUARIUM 2010 (B)(C)(D)」も発売した。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d キューブミュージック
  2. ^ a b c d サカナクション、自主レーベル「NF Records」立ち上げ”. BARKS (2015年9月11日). 2015年9月11日閲覧。
  3. ^ サカナクション | オリコン芸能人事典 - ORICON STYLE - オリコン・2014年5月18日閲覧。
  4. ^ サカナクション、デビューアルバム『GO TO THE FUTURE』インタヴュー、BARKS、2007年5月7日。
  5. ^ a b c サカナクション:ボーカルの山口一郎に聞く「大きなお山のマイノリティーでいたい」、まんたんウェブ、2012年9月1日。
  6. ^ 『MUSICA』FACT、2010年1月号、90頁。
  7. ^ a b サカナクション草刈愛美が妊娠、ライブ活動は秋以降”. 音楽ナタリー. 2015年1月3日閲覧。
  8. ^ a b サカナクション、草刈愛美(Ba)が第一子出産を発表。10月より全国アリーナ・ホール・ツアー"SAKANAQUARIUM2015-2016"開催決定”. Skream (2015年6月12日). 2015年6月13日閲覧。
  9. ^ a b サカナクション草刈愛美、第一子を出産。今秋10万人動員の全国ツアー開催!”. RO69 (2015年6月12日). 2015年6月13日閲覧。
  10. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』、サカナクション 新次元のポップミュージックへ、2013年5月号 p48
  11. ^ a b c 邦楽 山口一郎、サカナクションのアルバム5作品すべてを語る! ロッキング・オン
  12. ^ 田澤仁 (2007年5月7日). “サカナクション、デビューアルバム『GO TO THE FUTURE』インタヴュー”. BARKS. 2010年1月6日閲覧。
  13. ^ サカナクション、1万1000人を酔わせた圧巻の初武道館”. 音楽ナタリー. 2015年6月1日閲覧。
  14. ^ SPACE SHOWER MVA、大賞はサカナクションに決定”. MUSICman-net. 2015年6月1日閲覧。
  15. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2014年2月号、p92
  16. ^ 【紅白】初出場 サカナクション「バンド界に勇気」”. ORICONSTYLE. 2015年6月1日閲覧。
  17. ^ サカナクション、アナログ&ハイレゾ配信企画始動”. 音楽ナタリー. 2015年6月1日閲覧。
  18. ^ a b c d e サカナクション、カップリングや未発表曲含む企画盤『懐かしい月は新しい月』”. CINRA.NET (2015年6月22日). 2015年6月23日閲覧。
  19. ^ a b c サカナクション、新企画〈NIGHT FISHING〉始動”. BSRKS. 2015年6月1日閲覧。
  20. ^ サカナクション企画の音楽×アート複合イベント「NIGHT FISHING」始動”. 音楽ナタリー. 2015年6月1日閲覧。
  21. ^ a b c サカナクション、9/11にオーガナイズイベント開催。草刈もDJ出演”. RO69 (2015年8月24日). 2015年8月24日閲覧。
  22. ^ サカナクション「バクマン。」主題歌シングル限定盤に劇伴CD”. 音楽ナタリー. 2015年8月4日閲覧。
  23. ^ a b c 活動休止中のサカナクション、『バクマン。』主題歌「新宝島」で再始動”. ORICON (2015年7月1日). 2015年7月1日閲覧。
  24. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年3月4日閲覧。
  25. ^ 東京都・池袋でサカナクションコラボのプラネタリウム! 名曲がサラウンド化”. マイナビニュース (2015年10月9日). 2015年10月15日閲覧。
  26. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  27. ^ サカナクションが楽曲提供した資生堂『アネッサ』の”. RO69 (2016年3月4日). 2016年3月4日閲覧。
  28. ^ サカナクションによる野外レイヴ『SAKANATRIBE』、北海道で今夏開催”. CINRA.NET (2016年3月4日). 2016年3月4日閲覧。
  29. ^ a b c d e サカナクションの作品”. Oricon. 2015年1月24日閲覧。
  30. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2008年12月17日). 2015年2月24日閲覧。
  31. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2009年1月28日). 2015年2月24日閲覧。
  32. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2010年1月20日). 2015年2月24日閲覧。
  33. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2010年3月24日). 2015年2月24日閲覧。
  34. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2010年8月11日). 2015年2月24日閲覧。
  35. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2011年3月31日). 2015年2月24日閲覧。
  36. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2011年7月27日). 2015年2月24日閲覧。
  37. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2011年7月27日). 2015年2月24日閲覧。
  38. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2012年6月6日). 2015年2月24日閲覧。
  39. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2012年9月5日). 2015年2月24日閲覧。
  40. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2013年1月31日). 2015年2月24日閲覧。
  41. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2013年3月20日). 2015年2月24日閲覧。
  42. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2014年1月22日). 2015年2月24日閲覧。
  43. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2014年10月15日). 2015年2月24日閲覧。
  44. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2014年11月5日). 2015年2月24日閲覧。
  45. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2015年10月7日). 2015年10月7日閲覧。
  46. ^ レコード協会調べ 12月度有料音楽配信認定”. 日本レコード協会 (2013年1月18日). 2013年1月30日閲覧。
  47. ^ レコード協会調べ 4月度有料音楽配信認定”. 日本レコード協会] (2014年5月20日). 2014年5月20日閲覧。
  48. ^ レコード協会調べ 8月度有料音楽配信認定”. 日本レコード協会 (2012年9月10日). 2012年9月21日閲覧。
  49. ^ レコード協会調べ 4月度有料音楽配信認定”. 日本レコード協会 (2013年5月20日). 2013年5月20日閲覧。
  50. ^ Japan Billboard Hot Single Sales”. Billboard (2013年7月1日). 2015年4月18日閲覧。
  51. ^ 有料音楽配信認定”. 日本レコード協会 (2015年12月18日). 2015年12月18日閲覧。
  52. ^ 「 kikUUiki 」 全曲、レコチョクにて着うた配信開始” (Japanese). Victor Entertainment. 2010年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月24日閲覧。
  53. ^ サカナクション、新たなアーティスト写真を公開&iTunes Storeでアルバムのプレオーダーが開始”. Rockin' On Japan (2013年2月27日). 2016年1月9日閲覧。
  54. ^ Japan Billboard Adult Contemporary Airplay”. Billboard (2013年4月17日). 2015年10月21日閲覧。
  55. ^ Japan Billboard Radio Songs” (Japanese). Billboard (2015年8月12日). 2015年8月12日閲覧。
  56. ^ Japan Billboard Hot Albums” (Japanese). Billboard (2015年8月10日). 2015年10月15日閲覧。
  57. ^ G-Music 東洋榜” (Chinese). G-Music. 2014年10月14日閲覧。
  58. ^ Japan Billboard Top Albums Sales”. Billboard (2008年1月31日). 2016年1月10日閲覧。
  59. ^ Japan Billboard Top Albums Sales”. Billboard (2009年1月29日). 2016年1月10日閲覧。
  60. ^ Japan Billboard Top Albums Sales”. Billboard (2010年3月24日). 2016年1月10日閲覧。
  61. ^ Japan Billboard Top Albums Sales”. Billboard (2011年10月5日). 2016年1月10日閲覧。
  62. ^ ゴールド等認定作品一覧 2011年10月” (Japanese). 日本レコード協会 (2011年11月10日). 2013年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月2日閲覧。
  63. ^ Japan Billboard Top Albums Sales” (Japanese). Billboard (2013年3月20日). 2016年1月10日閲覧。
  64. ^ ゴールド等認定作品一覧 2013年3月” (Japanese). 日本レコード協会 (2013年4月10日). 2013年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月12日閲覧。
  65. ^ サカナクション 三日月サンセット”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  66. ^ サカナクション 白波トップウォーター”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  67. ^ サカナクション ワード”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  68. ^ サカナクション サンプル”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  69. ^ サカナクション ナイトフィッシングイズグッド”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  70. ^ サカナクション セントレイ”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  71. ^ サカナクション ネイティブダンサー”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  72. ^ サカナクション アルクアラウンド”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  73. ^ サカナクション 目が明く藍色”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  74. ^ サカナクション アイデンティティ”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  75. ^ a b Sakanarchive 2007—2011: Sakanaction Music Video Collection. サカナクション. 日本、東京: Victor. 2011. 
  76. ^ サカナクション ルーキー”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  77. ^ サカナクション 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  78. ^ サカナクション エンドレス”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  79. ^ サカナクション 僕と花”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  80. ^ サカナクション 夜の踊り子”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  81. ^ サカナクション ミュージック”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  82. ^ sakanaction「INORI(Extended Mix)」モノクロPV公開”. ナタリー. ナターシャ (2013年6月21日). 2014年1月22日閲覧。
  83. ^ サカナクション ユリイカ”. スペースシャワーTV. 2014年1月22日閲覧。
  84. ^ サカナクション、男女の物語を紡ぐ「グッドバイ」PV完成”. ナタリー. ナターシャ (2014年1月15日). 2014年1月22日閲覧。
  85. ^ サカナクション 蓮の花”. スペースシャワーTV. 2015年3月8日閲覧。
  86. ^ サカナクション さよならはエモーション”. スペースシャワーTV. 2015年3月8日閲覧。
  87. ^ サカナクション「years」が4年の歳月を経て映像化”. ナタリー. ナターシャ (2015年7月15日). 2015年7月20日閲覧。
  88. ^ サカナクション、新MVで美女と怪物による架空のテレビ番組お届け”. ナタリー. ナターシャ (2015年7月18日). 2015年7月20日閲覧。
  89. ^ サカナクション"月"のコンセプト作にメンバーREMIX&山口一郎初監督MV”. ナタリー (2015年7月3日). 2015年7月4日閲覧。
  90. ^ サカナクション、昭和風レトロ&ド派手な「新宝島」MV完成”. ナタリー. ナターシャ (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。
  91. ^ 河瀬直美×安藤サクラ×サカナクション、ショートフィルム「SEED」公開”. 映画ナタリー (2016年2月17日). 2016年2月18日閲覧。
  92. ^ サカナクション、「アネッサ」CMに楽曲提供”. RO69. ロッキング・オン (2016年2月18日). 2016年2月18日閲覧。
  93. ^ a b c d e f g h 『MUSICA』第9巻第8号、2015年7月15日、 12 - 31頁。
  94. ^ a b 2015年7月の開催は準備回にあたるという山口による言及のもとの回数。
  95. ^ 今夜「クローズアップ現代」でサカナクション企画&山口一郎インタビューOA”. 音楽ナタリー (2015年7月7日). 2015年8月3日閲覧。
  96. ^ サカナクション主催企画「NIGHT FISHING」 NHK「クローズアップ現代」にてオンエア”. Real Sound (2015年8月3日). 2015年8月3日閲覧。
  97. ^ 吉川尚宏『Talking Rock!』第9巻第6号、トーキングロック、40頁。
  98. ^ a b サカナクション主催「NF」第2回目は11/6開催&海外ミュージシャンも初参加”. RO69 (2015年10月11日). 2015年10月15日閲覧。

関連項目

外部リンク