8センチCD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
8センチCDと12センチCD。
8センチCDのパッケージの例。音楽CD(半分に縮小可能[1])。

8センチCD (8 cm CD) は、コンパクトディスク (CD) のサイズの規格のひとつ。通常のCDの直径が12センチメートルに対し、直径が8センチの小型CDのことである。

1988年イギリス日本アメリカフランスドイツ香港で発売された。

ミニCDあるいはディスク自体が小さいことから「Small」を付し、かつ略してSCDとも呼ばれる[注釈 1]。また欧米(特にアメリカ)では3インチCD (3inch CD)、略してCD3とも呼ばれる(それに対し通常のCDは5インチCD、CD5)。

本記事では、8センチCDと区別するため、以降、通常のサイズのCDを「12センチCD」と呼ぶ。

規格[編集]

内周8センチメートルデジタル音声、外周4センチメートルにアナログ映像を記録したCDビデオ (CDV) という規格が存在する。この内周部分のみを単一のオーディオディスクとしたのが8センチCDである。

記録方式の規格とは直交的で、音楽CDの場合は12センチ音楽CDと同じくレッドブック、CD-ROMの場合は12センチCD-ROMと同じくイエローブック、CD-RおよびCD-RWの場合はオレンジブックに準拠する。

音楽CDの場合、パッケージには、通常の「COMPACT Disc DIGITAL AUDIO」(CD-DA) などの記録方式のロゴに加えて、「CD SINGLE」のロゴが加わる。ただしディスク本体には、特別な表記はない。

容量[編集]

格納可能な情報量(メガバイト、MB) はモード1のCD-ROMでのものである。音楽ディスクとしてはこれよりやや多い。

  • 18分 (155 MB) - 低密度モード。
  • 21分 (185 MB) - 12センチCDの74分 (650 MB) と同密度。
  • 24分 (210 MB) - 12センチCDの80分 (700 MB) と同密度。機器によっては正常に再生できないことがある。
  • 34分 (300 MB) - エンハンスト密度モード。対応機器はほとんどない。

再生環境[編集]

トレイ式のプレーヤーでは、トレイに段差を設け8センチCDを置く凹部を設けている。また、8センチCD非対応のCDプレーヤーに対しては、専用アダプターを8センチCDの外周に取り付けて12センチCDと同じ大きさに調整することで再生可能になる。プレーヤーの中には、アナログレコードのプレーヤーのように、真ん中にスピンドルを設けて、そこにCDを取り付けて回転させるようにし、トレイを省いたものも主にCDラジカセやゲーム機を中心に出回った。この方式では、CDの大きさに関係なく、CDを取り付けるだけで再生が可能となる。またトレイ中央にCDを固定するためのノッチが設けられているプレイヤーであれば、縦置きでも再生可能である。これ以外のスロットイン方式や垂直トレイ方式では物理的に装填ができない。

カーオーディオのCDプレイヤーでは8センチCD対応アダプタを取り付けるとレンズなどの故障の原因となる。かつては8センチCD対応が当たり前であったが、近年では安価な機種や自動車メーカー純正品になると非対応となるものも少なくない。カーナビゲーションでは対応という場合も多かったが2000年代以降に入ると徐々にカーナビでも非対応となっていった。フロアなどに固定して使うCDチェンジャー利用時の場合には確実にそのままでは挿入できないため別売りの8センチCD用トレイを購入する必要があったが、現実には購入が簡単なアダプタが使用される場合が多かった。

8センチCDについては当初からCDプレーヤーの性能および適応性が問題視されていた。登場した当時は8センチCDに完全対応しているプレーヤーはまだ少なかった。このため、8センチCD非対応のプレーヤーではそのままでは8センチCDを演奏させることが出来ず、故障の原因になることも少なくなかった。 特にカーオーディオなどに多いスロットイン方式のプレーヤーでは、8センチCDがプレーヤーに吸い込まれたまま取り出せなくなるなどのトラブルが多発した。このためオーディオ家電業界は、CDプレーヤーを12センチCDと8センチCDの両方に対応する必要に迫られた。

また、ソニーから8センチCDサイズのポータブルCDプレーヤーも発売されたが、当時は8センチCDシングルの楽曲をまとめてカセットテープ録音して聴くのが主流でありプレーヤーもやや高価であったためあまり普及しなかった。

用途[編集]

12センチCDと同様に音楽・データ両方の用途で使用される。

音楽
音楽CDとしては、収録時間の関係から主にシングルミニアルバムに使用される。1988年2月に日本国内で8センチCDが発売されたが、[いつ?]現在販売されている8センチCDシングルで最も古いカタログは長渕剛の「乾杯」(1988年2月25日発売)である。縦横比1:2のパッケージ特性から、ジャケットアートにはソロ歌手の全身ショット[2]や、グループの横並びショットなどが見られる[3]
データ
CD-ROMとしては、ドライバソフトユーティリティなど、ハードウェアに付属するソフトウェアにしばしば使われる。理由はそれらソフトウェアは小容量で済むことや製品パッケージが小さいときなどは12センチCDの同梱が困難なためである。

現状[編集]

音楽用途として、欧米では1990年代初頭、日本では1999年以降[4]マキシシングルに取って代わられ、市場から徐々に姿を消していった。理由はジャケットの見栄えのほか、1990年代以降増加した外資系CDショップでは8センチCD専用の陳列棚が少なく、アルバムCDと同形状であるマキシシングルが優位であった点やレンタルショップ対策のためであった[5]

2000年前後の12センチCDへの移行期においてはウルフルズの『コマソンNo.1』、KinKi Kidsの『硝子の少年』(初回生産盤)、モーニング娘。の『LOVEマシーン』、サザンオールスターズの『TSUNAMI』(初回生産盤)、米倉千尋の『陽のあたる場所』『Little Soldier』など、12センチCD用の薄型ケースとジャケットに8センチCDを入れるかたちで発売されたケースや、MISIA宇多田ヒカル山崎まさよしスガシカオなどのアーティストでは12センチCD仕様と8センチCD仕様の2種類発売されたケースもあった。また、BLANKEY JET CITYの『赤いタンバリン』やXLの『O・K![注釈 2]、『おジャ魔女CDくらぶ おジャ魔女ソロヴォーカルコレクション』など、8センチCDの周囲を透明コーティングした12センチCDとして開発された「スーパー80」仕様[注釈 3]でリリースされたケースがあった。ただしこれはスロットイン式の機器では再生できない事例があり[注釈 4]台頭することはなく、当仕様でリリースされるタイトルは僅かであった。

上記以降は、2019年に発売されたサカナクションの『忘れられないの』[6]や2021年に発売されたザ・リーサルウェポンズの『雨あがる』[7]など、アーティスト自身が曲の雰囲気に合わせ、限定的に発売することもあるが、8センチCDで新曲が発表されることはほとんどなく、2005年以降の新譜は0もしくは1桁である[4]

一方で旧譜の生産は新譜よりは多く、2021年度は886タイトルで販売が継続されている[8]。例えば、B'z[注釈 5]Mr.ChildrenZARDSMAPゆずDEENなどが8センチCDでリリースした全シングルを始め、米米CLUB君がいるだけで/愛してる」、小田和正Oh!Yeah!⁄ラブ・ストーリーは突然に」、B.B.クィーンズおどるポンポコリン」、大事MANブラザーズバンドそれが大事」、X JAPAN」、中島みゆき命の別名/糸」、加山雄三谷村新司サライ」、THE BOOM風になりたい」、ヒデ夕樹&朝礼志「この木なんの木」などである。

以上より、8センチCDそのものの生産ならびに販売は終了していない。店頭で見かけることはほとんどないが、店頭での取り寄せやインターネットショップ・ライブ会場でのCD物販コーナーで購入する事ができる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ SCDには他に 8センチメートル×12センチメートルのビジネスカードCD、直径6センチメートルの6センチCDもある。
  2. ^ この2作は12センチCDの形態の品番が採番されている。
  3. ^ ニューマキシと呼称するケースもある。
  4. ^ 『おジャ魔女CDくらぶ おジャ魔女ソロヴォーカルコレクション』のジャケット内側にCD規格の追加仕様に基づいて製造されており、再生できない機器がある旨が記載されている。
  5. ^ 4thシングル「BE THERE」から13thシングル「裸足の女神」までの作品が2003年に12センチCD化されているものの、現在8センチCD・12センチCD共に販売され続けている。また、CDトレイが透明色に代わっていたり、価格表記・販売元表記が変更になっているものもある。

出典[編集]

  1. ^ 第1回 バブルから始まる物語 8cmの嗜み 歌謡曲リミテッド - KAYOKYOKU LTD.
  2. ^ 第2回 フルショットの魅力 8cmの嗜み 歌謡曲リミテッド - KAYOKYOKU LTD.
  3. ^ 第3回 これがパノラマだ 8cmの嗜み 鈴木啓之 2018.02.19 歌謡曲リミテッド - KAYOKYOKU LTD.
  4. ^ a b オーディオレコード 種類別新譜数の推移(1957年~)”. ホーム > 統計情報. 日本レコード協会. 2022年7月6日閲覧。
  5. ^ 音楽の新常識20 ヒットチャート (日経エンタテインメント!) - ウェイバックマシン(2000年4月17日アーカイブ分)
  6. ^ サカナクション、最新アルバムより“忘れられないの”&“モス”を8cmCDでリカットリリース”. rockin’on holdings (2019年7月10日). 2022年7月6日閲覧。
  7. ^ 4thシングル「雨あがる」ビジュアル公開!”. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2020年12月27日). 2022年7月6日閲覧。
  8. ^ カタログ数推移”. ホーム > 統計情報. 日本レコード協会. 2022年7月6日閲覧。

関連項目[編集]