欧米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

欧米(おうべい)とは、ヨーロッパアメリカ州の3大陸を指す。

狭義では欧州の先進国及びアメリカ合衆国カナダ北アメリカ2ヶ国とを合わせた集団を指す。イギリス人が建国した、オセアニアにあるオーストラリアニュージーランドを含める場合もある。

用法[編集]

日本での事象に対する外国での事例として、「欧米では――」と使われることが多い。比較対象として欧米諸国が引き合いに出される起源は、明治日本からの近代化の手本が欧米諸国であったからだと考えられる。

 近代以降の日本において、以前の中国に代わる存在として想定された「理想を具現化した存在」という意味合いを込めて使われることが多い言葉であり、実際の「欧米」の状況と一致していない場合も多い。事実、政治経済の歴史が日本よりも長く、経験も豊富で洗練されている面が多いことなどから、先進的な制度や形式や、洗練された文化や考え方を指す際に引き合いに出されている。(良寛坊主の戒語に「好んで漢言葉を使う[1][2][3]」がある)

もっとも、近年では新興国の台頭に伴い、アジア諸国をはじめ、非欧米諸国(開発途上国も含め)が新しい秩序を生み、日本では「海外の事例」として引き合いに出されることも多くなっている。

欧米と欧米人の観念範囲[編集]

欧米の人という意味においては、「欧米人」という呼称が用いられる。これは、いわゆるWASPの人々を指す場合が多く、欧米地域にあっても有色人種であったりする場合は、欧米人という呼称を用いる場合には慮外にあることが多い。また「欧米」を「先進国」の例として持ち出す場合、キューバ革命後のキューバ東欧革命以前の東欧諸国などの一党制国家、アングロアメリカ欧州連合以外の領域に多い発展途上国も欧米観念の外にあることが多い。

日本国内で「外国人」という言葉が用いられた場合、「欧米人」とほぼ同じ意味合いで使われる場合も少なくない。一例として、日本国内では外国人は体が大きいと言われる事が多いが、実際には欧米以外の地域では日本よりも平均身長の低い国も多く、このような表現が用いられた場合は比較対象を欧米人にほぼ限定していることがうかがえる。

脚注[編集]

  1. ^ 高沢公信. “良寛戒語”. 能力開発Planning. 2008年3月7日閲覧。
  2. ^ 南方城太郎. “良寛さんの戒語”. 城太郎日記. 2008年3月7日閲覧。
  3. ^ 大竹一弥 (2003年9月27日). “良寛戒語”. 読書日記2003. 2008年3月7日閲覧。

関連項目[編集]