サライ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サライ
加山雄三
谷村新司
シングル
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
レーベル ファンハウス
作詞・作曲 代表作詞:谷村新司
作曲:弾厚作(加山雄三
チャート最高順位
加山雄三 年表
オヤジの背中
(1992年)
サライ
(1992年)
新しい君
1993年
谷村新司 年表
三都物語
(1992年)
サライ
(1992年)
階-きざはし-
(1993年)
テンプレートを表示

サライ』は、谷村新司アリス)と加山雄三の制作により誕生した楽曲である。

1992年11月16日シングルとしてリリースされ、オリコンチャート20位を記録している。

日本テレビ系列(NNNNNS)各局と沖縄テレビフジテレビ系列)が放送する『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のテーマソングとして使用されている。

解説[編集]

楽曲の歴史[編集]

1992年の第15回記念として、加山雄三(筆名である弾厚作名義)がギターで作曲し、全国の視聴者から寄せられた愛のメッセージを基に谷村新司が代表作詞としてとりまとめ、24時間以内にそれを一本の歌として制作しようという試みが行われた。

完成した曲は、以後毎年のように番組のエンディングで谷村・加山のメインボーカルにより出演者で大合唱される[1]。また、2014年ではオープニングでも歌唱された[2]

CDの売上による印税の一部は、同番組のチャリティー募金に充てられた。カラオケで発生する著作権料の一部も、チャリティー基金に充てられている[3]

実際に番組のフィナーレで流れる曲は原曲をアレンジしたバージョンである。

楽曲に合わせた振り付け「手話コーラス」も存在し[4]、番組のエンディングにステージ上で、日本テレビ小鳩文化事業団(旧:愛の小鳩事業団)の手話コーラス部によって[5]披露されている。

2003年の『24時間テレビ26』(8月23日 - 24日)では、チャリティーマラソンを行った山田花子が放送内にゴールできず、さらには1時間以上の遅れが見込めるものだったこともあり、総合司会を務めた徳光和夫の呼びかけで花子への応援を兼ねて生放送終了後にもう1度本曲の大合唱が実施された(この模様は翌週の8月31日放送分の『THE・サンデー』で放映された)。

テーマ[編集]

日本テレビによると、曲のテーマは「心のふるさと」であり、「サライ」という曲名はペルシア語سرای」(サラーイ、UNGEGN式: Srāy; Srāi)から来ていて、直訳は「宿(または家)」。さらに日本テレビによると、本曲には「砂漠の中のオアシス[A 1]という意味も込められている。「宿(または家)」や「砂漠の中のオアシス」が、曲のテーマ「心のふるさと」に近いから『サライ』という曲名になったのである、と日本テレビは説明している[3][A 2]

24時間テレビ外での使用[編集]

『24時間テレビ』のテーマソングとして制作された楽曲ではあるが、日本テレビ系列の他番組やイベントなどでも使用されている。さらに、他局・他の媒体でもこれらを指す暗喩の演出として『負けないで』と共に演奏、歌詞の一部が使用されることがある。

いわゆるセルフカバー作品としての扱いであるが、谷村・加山共に発表を済ませている[6][7][8]。その他、谷村と加山はそれぞれ『サライ』の名を冠したアルバムを発表し、本曲のデュエット版をお互い収録している[9][10]

「愛は地球を救う」で本曲を大合唱する様子。中継地は大阪市ツイン21アトリウム。(2005年8月)

上海市では、2007年9月30日、日中国交正常化調印式の35周年を記念して、谷村が発起人になり、東方文化芸術センターにて日中友好コンサート「日中携手世紀2007」が開催される中で、曲目の1つとして谷村と日中童声合唱団により本曲が演奏された[11][12]

2016年3月28日にフジテレビ系で放送された音楽特番『FNSうたの春まつり』で行われた視聴者アンケート企画“2千人が選ぶ今聴きたい春の名曲100選”に選出された。

収録曲[編集]

  1. サライ
  2. サライ-オリジナルカラオケ-

名称に関する注釈[編集]

セム系言語は、右から左に読む。かな文字は、2016年現在の日本語横組みで一般である、左から右の読みにした。

  1. ^
    「砂漠の(中の)オアシス」は、ヘブライ語で「נווה מדבר(またはנוה מדבר)」(ネヴェ・ミデバル)である。「נווה(またはנוה)」(発音は「ナヴェ」になる)は「家」という意味、「מדבר」(ミデバル)は「砂漠」という意味である。
    曲名「サラーイ」同様、ペルシア語にすると「ネヴェ」は、「ناوه」(ネヴェ)である。
    「オアシス」と「ネヴェ」に関連する言葉として、「ネヴェ・シャロム」がある。ヘブライ語では「נווה שלום」(ネヴェ・シャロム)、ペルシア語では「ناوه شالوم」(ネヴェ・シャロム)、英語では「en:Neve Shalom」(ネヴェ・シャロム)もしくはアラビア語の「واحة السلام」の読みに由来する「en:Wāħat as-Salām」(ワート・アッ・サラーム)。
    「ネヴェ・シャロム」は、「アヤロンの谷」(en:Ajalon)にある、丘の上の「村」(価値を共有する共同体 en:Intentional community)の名前であり、「平和オアシス」を意味する。
  2. ^
    曲名『サライ』に関しての情報が、過去にWEB上で飛び交っていた。例えば、「サライ」という言葉が、ペルシア語オアシスから拝借したものだ、という議論である(「サライってどういう意味ですか?サライの空って何ですか?」 Yahoo!知恵袋 2008年8月31日)。
    そのことに関して参考までに、ペルシア語のオアシスは「واحه」であり、「ヴァーヘ」や「ワーヘ」といったかな文字に落ち着く。UNGEGN式なら「Vāhe」や「Uāhe」。セム系言語として、より公共性の高いアラビア語にすると、「واحة」(ワーハ Wāha)である。

脚注[編集]

  1. ^ 2009年は放送日が谷村のアリスとしてのコンサート開催日と重なったため谷村は欠席し、加山のみ出演。また2005年SMAP草彅剛香取慎吾がメインパーソナリティーを務め、中居正広木村拓哉稲垣吾郎も主要ゲストとして出演した関係上、本曲はラスト前の扱いとなり、エンディングではSMAPの楽曲『世界に一つだけの花』をSMAPのメインボーカルにより出演者で大合唱した。
  2. ^ 同年8月30日の新聞ラ・テ欄における同番組の項でも確認できる。
  3. ^ a b Oha!4 気になるコトバ サライ 日テレNEWS24 2008年8月29日
  4. ^ TSUTAYA ONLINE: みんなともだち 手話イチニッサン この手で歌おう 9 - 『サライ』の手話を収録したDVD。3曲目に収録。
  5. ^ 手話スクール初級の新年度受講生募集 愛の小鳩事業団=東京 読売新聞 2009年1月13日
  6. ^ TSUTAYA ONLINE: サライ(ソロ・ヴァージョン) 谷村新司 - シングルCD。カップリング曲は『浪漫鉄道<途上篇>』。
  7. ^ 谷村新司オフィシャルサイト: BASARA(アルバム) - アルバム『BASARA(バサラ)』の10曲目に収録。
  8. ^ 加山雄三オフィシャルサイト: 加山雄三withザ・ワイルドワンズ コンサートツアー記念アルバム 湘南 海 物語 オヤジ達の伝説
  9. ^ 谷村新司オフィシャルサイト: サライ(アルバム)
  10. ^ 加山雄三オフィシャルサイト: サライ(アルバム)
  11. ^ 日中友好コンサート in 上海 - 音楽でつなぐココロのかけ橋 - NHK 保存番組検索
  12. ^ 国交正常化35周年記念コンサート「日中携手世紀2007」開催、谷村新司や平原綾香らが出演 - 上海市 Record China 2007年10月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]