石丸幹二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしまる かんじ
石丸幹二
生年月日 (1965-08-15) 1965年8月15日(51歳)
出生地 日本の旗 日本愛媛県[1]新居浜市[要出典]
身長 174cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優歌手
ジャンル 舞台テレビドラマ
事務所 ザ・ライブラリー
公式サイト 石丸幹二 オフィシャルウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
半沢直樹
ルーズヴェルト・ゲーム
花燃ゆ

石丸 幹二(いしまる かんじ、1965年8月15日[1] - )は、日本の俳優歌手。ザ・ライブラリー所属、所属レコード会社はソニー・ミュージックエンタテインメント愛媛県[1]新居浜市生まれ、千葉県市原市育ち[要出典]東京藝術大学卒業。

来歴[編集]

幼少期からピアノやチェロ、トロンボーンやスネアドラムなど様々な楽器を演奏していた[2][3]。千葉県立幕張西高等学校(現・千葉県立幕張総合高等学校)普通科音楽コースでチェロを学び[3]東京音楽大学音楽学部器楽サックス専攻に入学するが、3年時にアメリカのクラシック歌手であるジェシー・ノーマンの歌声を聞いたことで衝撃を受け、東京藝術大学音楽学部声楽科を受験し、合格[2]。歌を学び、同大学を卒業[2]

1990年劇団四季オペラ座の怪人』のラウル役で舞台デビュー[2]。以来、同劇団の看板俳優として活躍した[2]

劇団外の活動としては、オロナミンCSMAP木村拓哉と共演)[2]や、ネスカフェ・ゴールドブレンドのCMに出演。劇団には17年在籍し、2007年に退団した[2]

2012年、第37回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

2013年、『半沢直樹』にて、目下の者には高圧的傲慢な態度を取る・不正を隠蔽する・自身の失敗は部下に押し付けるという「最低な上司」である浅野匡支店長役を演じ、ブレイクする[2]

出演作品[編集]

舞台[編集]

劇団四季にて[編集]

劇団四季退団後[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメーション[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

  • 石丸幹二のシアターへようこそ(NHK-FM放送、2010年8月、2011年1月、2011年4月からレギュラー放送)
NHK広島放送局ではぶち☆なまを放送するため視聴不可である)

MC・ナビゲーター[編集]

  • 石丸幹二の毎日がプルミエール(衛星劇場、2014年)

CD[編集]

  • 「kanji ishimaru」(ソニー・ミュージック・ジャパン インターナショナル)

・「distance」(ソニー・ミュージック・ジャパン インターナショナル)

  • 「Love Songs」(ソニー・ミュージック・ジャパン インターナショナル)
  • 「石丸幹二のミュージカルへようこそ」(ソニー・ミュージック・ジャパン インターナショナル)

・「ストラヴィンスキー:兵士の物語」(ソニー・ミュージック・ジャパン インターナショナル)

  • かいじん百面相
  • 「My Musical Life」(ソニー・ミュージック・ジャパン・インターナショナル)

音声ガイド[編集]

  • 国立新美術館「アンドレアス・グルスキー展」(2013年)
  • 森アーツセンターギャラリー「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢」(2014年1月25日 - 4月6日)
  • 国立新美術館「マグリッド展 東京展」(2015年3月25日 - 6月29日)
  • 京都市美術館「マグリッド展 京都展」(2015年7月11日 - 10月12日)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 俳優、歌手・アーティスト 石丸幹二”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『営業部長 吉良奈津子』松嶋菜々子の上司役で出演中の石丸幹二 マルチな才能でひっぱりだこ”. music.jpニュース. エムティーアイ (2016年8月11日). 2016年8月14日閲覧。
  3. ^ a b プロフィール”. Sony Music. 2016年8月14日閲覧。
  4. ^ “長澤まさみ、松尾スズキ演出「キャバレー」でミュージカル初挑戦”. ステージナタリー. (2016年8月3日). http://natalie.mu/stage/news/196863 2016年8月3日閲覧。 
  5. ^ 遠藤憲一が両性具有の宇宙人!三谷最新SFコメディーで出産シーンも”. シネマトゥデイ (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  6. ^ 黒木瞳が総理大臣を目指す女性政治家役で主演!相手役は初共演の石丸幹二”. シネマトゥデイ (2015年2月4日). 2015年2月4日閲覧。
  7. ^ 吉田羊&こじはる、ローソン舞台の感動オムニバスドラマに出演!”. シネマトゥデイ (2015年5月8日). 2015年5月8日閲覧。
  8. ^ 堀内敬子と石丸幹二、元劇団四季の同期 退団後初デュエット”. ORICON (2015年9月4日). 2015年9月4日閲覧。
  9. ^ “石丸幹二、初の戦国時代劇 ヒガシ“信長”のライバル・明智光秀役”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2062179/full/ 2015年11月12日閲覧。 
  10. ^ “石丸幹二が独裁者、山本未來が死神ナース!谷原章介主演ドラマで異色キャラを熱演”. エキサイトニュース. (2016年4月22日). http://www.excite.co.jp/News/tv/20160421/Dogatch_38802.html 2016年4月22日閲覧。 
  11. ^ “いきものがかり、水族館の飼育員が主人公のドラマに挿入歌提供 主演は松岡茉優”. ORICON STYLE. (2016年4月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2069489/full/ 2016年4月19日閲覧。 
  12. ^ “WOWOW『沈まぬ太陽』第2部 長塚京三、陣内孝則ら豪華俳優陣が出演”. ORICON STYLE. (2016年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2071301/full/ 2016年5月8日閲覧。 
  13. ^ “松嶋菜々子主演ドラマ、DAIGOら追加キャスト発表「YYD!」〈コメント到着〉”. モデルプレス. (2016年6月13日). http://mdpr.jp/news/detail/1591329 2016年6月13日閲覧。 
  14. ^ “武井咲、NHKドラマ初主演 忠臣蔵を題材にした女の成功物語”. ORICON STYLE. (2016年8月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2076709/full/ 2016年8月12日閲覧。 
  15. ^ “さまぁ~ず、ダリ展の応援団に就任「だり(誰)よりも光栄」”. お笑いナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/owarai/news/199306 2016年8月25日閲覧。 
  16. ^ NHK みんなのうた - かいじん百面相 - 石丸幹二
  17. ^ “石丸幹二、「音楽の百科事典のようなミュージカル」の応援サポーターに就任”. ステージナタリー. (2016年4月14日). http://natalie.mu/stage/news/183303 2016年4月14日閲覧。 

外部リンク[編集]