パパの結婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パパの結婚
ジャンル テレビドラマ
脚本 ジェームス三木
演出 田中康隆
出演者 加山雄三竹下景子山岡久乃大坂志郎 ほか
製作
プロデューサー 早川恒夫
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1978年4月29日〜1978年7月22日
放送時間土曜日21:00 - 21:54
放送枠土曜ドラマ (日本テレビ)
放送分54分
回数13
テンプレートを表示

パパの結婚(パパのけっこん)は、1978年4月29日から同年7月22日まで、日本テレビ系列の「土曜グランド劇場」で放送されたテレビドラマ。全13話。

概要・内容[編集]

成人病専門の医院を舞台としたホームドラマ[1][2]。恋愛、再婚、教育、父性愛など様々な問題、出来事などを織り込んで描いた。

風間医院を経営する風間房彦は風間家の婿養子。4人の子持ちであるが、妻は1年前に末っ子の健一を出産した後に亡くなり、子供たちについては義妹(亡き妻の妹)の早苗が世話をしている。姑の吟子は「娘を死なせたのは房彦のせい」と思い込んで因縁を付け、房彦は真相を語らずじっと我慢している。吟子は「子供たちには母親が必要。早苗も早く結婚して欲しい」として房彦、早苗に結婚を促し、房彦と早苗の結婚については子供たちや周里の人びとからの反対に会い、そして房彦は江尻令子、山田悦子らとお見合いを重ねる[3]。本作と同じくジェームス三木脚本、加山雄三主演で前年の1977年に放送された『ありがとうパパ』に続く「パパシリーズ」の第2弾[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程と視聴率[編集]

17.8

14.1

15.7

12.6

13.4

13.1

8.8

16.1

12.6

16.0

15.0

15.0

16.7

放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊TVガイド 1978年5月5日号内の本作の紹介記事より。
  2. ^ 『社報復刻版』北日本放送、1983年9月20日、555頁。NDLJP:12275415/288 
  3. ^ 参考・読売新聞朝日新聞毎日新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(1978年4月~7月)
  4. ^ テレビドラマデータベース「パパの結婚」より。
  5. ^ a b c d 北國新聞』1978年6月24日付朝刊、テレビ欄。
日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
パパの結婚