笠原良三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笠原 良三(かさはら りょうぞう、1912年1月19日 - 2002年6月22日)は日本の脚本家、小説家。本名は笠原良三郎。社長シリーズなどの喜劇映画の脚本を多く手がけた。

来歴・人物[編集]

栃木県足利郡足利町(現・足利市)出身。1932年日本大学芸術学部を中退し、1936年日活多摩川撮影所脚本部に入社。1941年新興シネマ脚本部に転属後、大映東京撮影所脚本部に移籍。1955年東宝撮影所の契約者となる。 弟子に東映ヤクザ映画の隆盛を支えた笠原和夫など。両者は同姓ではあるが血縁関係はない。オリジナル作品は自らノベライゼーションを行っている。 2002年6月22日死去。享年90。

主な脚本作品[編集]

著書[編集]

  • 『サラリーマン出世太閤記』光風社 1957 のち春陽文庫 
  • 『へそくり社長』光風社 1957 のち春陽文庫 
  • 『続・サラリーマン出世太閤記』光風社 1958 「サラリーマン出世太閤記 第2部 (サラリーマン奮戦す)」春陽文庫
  • 『社長三代記』光風社 1958
  • 『課長一番槍』光風社 1959 のち春陽文庫 
  • 『社長太平記』光風社 1959 のち春陽文庫 
  • 『大学の侍たち』光風社1959
  • 『大学遊侠伝』光風社1959
  • 『花婿部長No.1』光風社 1960
  • 『サラリーマン忠臣蔵』春陽文庫 1961
  • 『花婿部長ナンバー・ワン』春陽文庫 1961
  • 『サラリーマン清水港』光風社 1962
  • 『社長洋行記』光風社 1962 のち春陽文庫 
  • 『社長行状記』青樹社 1966 のち春陽文庫 
  • 『おもろい夫婦』ルック社 1967
  • 『サラリーマン清水港』春陽文庫 1967
  • 『軍閥の野望 ドキュメント小説』青年書館 1973 
    • 『日本軍閥の野望 ドキュメント小説』青年書館ポイント・ブックス
  • 『小説歌麿』ゆまにて 1975

出典・参考文献[編集]