星由里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほし ゆりこ
星 由里子
星 由里子
1963年
本名 清水 由里子
生年月日 (1943-12-06) 1943年12月6日
没年月日 (2018-05-16) 2018年5月16日(74歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都千代田区鍛冶町[1]
死没地 日本の旗 日本 京都府京都市
身長 164 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1959年 - 2018年
配偶者 横井邦彦(1969年、離別)
花登筺1975年 - 1983年、死別)
会社役員(1990年 - 2018年、死別)
事務所 東宝芸能
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
風と雲と虹と
あぐり[1]
科捜研の女
こちら本池上署
映画
若大将シリーズ[1]
テンプレートを表示

星 由里子(ほし ゆりこ、1943年12月6日[1][2] - 2018年5月16日)は、日本女優。身長164cm。所属事務所東宝芸能

東京都千代田区鍛冶町[要出典]出身[2]千代田区立今川中学校を経て精華学園女子高等学校卒業[1][注釈 1]

来歴[編集]

1958年東宝宝塚歌劇団東京公演にちなんで募集したミス・シンデレラ娘で優勝したことをきっかけに芸能界入り[1][2]

八重歯のシンデレラ」をキャッチフレーズとし、1959年に『すずかけの散歩道』で銀幕デビュー[2]、同名のレコードで歌手デビューも果たす。

1960年、同時期にデビューした浜美枝田村奈巳と合わせて「東宝スリーペット」として売り出される[1]。控えめで大人しい雰囲気の田村、明るく活発で女殺し屋やスパイ役もこなす浜のちょうど中間に位置し、清楚ながらも現代的な気の強さも持ち合わせた役柄を多くこなした。

成瀬巳喜男岡本喜八福田純監督作品に度々起用されていた。

1961年から始まった『若大将シリーズ』で演じたヒロイン・澄子役が当たり役となって人気を博した[2]。当時の加山雄三の出演する映画には必ず星の姿があったほどであり、加山との共演作も多い。「澄子」の名が代名詞となるほどであった[1]

世相を映したファッションや明るいイメージが広く支持され、癖のない庶民的な美貌で「清く正しく美しく」を社是とする東宝の健全なお嬢さんイメージを代表する1人とされた。数年先んじてこの路線を代表した司葉子に対し、映画衰退期に差し掛かったこともあったこともあって大作よりはプログラムピクチャーへ多く出演。怪獣映画にも出演したために子どもたちにも親しまれ、二十代半ばを過ぎてからは悪女的な役柄にも意欲を示した。

1964年の『モスラ対ゴジラ』『三大怪獣 地球最大の決戦』で立て続けに出演しており、根強い特撮ファンの後押しを受けて2000年の『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』にて怪獣映画へ復帰した[1]

女優として人気絶頂期だった1969年、財界人で買収王で名を馳せた横井英樹の長男・邦彦と結婚するも性格が合わず、80日余りで離婚。

1975年に脚本家の花登筐と再婚するも1983年に死別。

1990年に会社役員と再々婚[1]。それから亡くなるまで京都に在住していた。

加山とは1968年の『リオの若大将』を最後に映画・テレビ共に共演作品が途絶え、揃ってマスコミに登場することがなくなったが、1975年に加山主演の『同心部屋御用帳 江戸の旋風』に星がゲスト出演して7年ぶりに共演し、以降は再びCMなどを含めて共演する機会が増え、団塊世代の大きな支持を得ていた。2007年の『永遠の若大将 加山雄三』に出演時には「今でも同世代の人たちから、澄ちゃんと声をかけられる」と青春時代を語っていた[出典無効]

テレビドラマでの母親役を演じる。

第28回菊田一夫演劇賞受賞。

2018年5月16日午後11時5分、心房細動及び肺がんのために京都市の病院にて、74歳で死去[3]

2018年9月14日に東京の帝国ホテルで偲ぶ会が行われ、加山雄三を始め、宝田明司葉子(双方とも同社で何度も共演)、北島三郎名取裕子里見浩太朗あぐりで共演)、羽川英樹ら220人が参列した。

エピソード[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ほか多数

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

ニュース番組[編集]

チャリティ番組[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 暁の合唱/青い風船(1962年、東芝音楽工業、JP-1632)- 岩谷時子作詞、服部良一作曲
  • 愛の歓び/ひとすじの愛(1965年、ビクター音楽産業、SV-344)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 吉永小百合は1年後輩。
  2. ^ 『アルプスの若大将』と同時上映。2作共にヒロインを務める[2]
  3. ^ 遺作。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.64.
  2. ^ a b c d e f 東宝特撮女優大全集 2014, pp. 72–77, 聞き手:手塚昌明/構成:鈴木啓之「星由里子インタビュー」
  3. ^ “星由里子さん74歳=女優、「若大将」マドンナ役”. 毎日新聞. (2018年5月18日). https://mainichi.jp/articles/20180518/k00/00m/060/144000c 

参考文献[編集]

  • 『<保存版>別冊映画秘宝 東宝特撮女優大全集』別冊映画秘宝編集部 編、洋泉社、2014年9月24日。ISBN 978-4-8003-0495-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]