FNSうたの春まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FNSうたの春まつり
FNS MUSIC FES. IN SPRING
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
番組収録が行われている
フジテレビ本社「FCGビル
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送時間 3月下旬ゴールデンタイムプライムタイム
2017年時点
水曜日 19:00 - 23:18(258分)
放送期間 2016年3月28日 - 現在(2回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 浜崎綾(CD)
プロデューサー 若林美樹、三浦淳河本晃典、土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美
石田弘EP
板谷栄司CP
出演者 森高千里
渡部建アンジャッシュ
ほか
ナレーター バッキー木場
菊池桃子(サプライズ企画)
音声 ステレオ放送
データ放送 データ放送(2017年)
外部リンク FNSうたの春まつり
テンプレートを表示

FNSうたの春まつり』(エフエヌエスうたのはるまつり、:FNS MUSIC FES. IN SPRING)は、『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』に続く、フジテレビ系列(FNS)で2016年から毎年1回、3月下旬)のゴールデンタイムプライムタイムJST)に4時間超にわたって放送されている日本の春の大型音楽番組である。『FNS歌謡祭』の派生番組である。“春の『FNS歌謡祭』”という称呼もされる。

沿革・概要[編集]

1974年から毎年に『FNS歌謡祭』、2012年から毎年に『FNSうたの夏まつり』と、フジテレビ系列で年に2番組の大型音楽番組を放送されてきたが、2016年からにも放送される。これに伴い、フジテレビ系列で年に3番組の大型音楽番組を放送されることになる。

当番組では、番組ホームページでアンケートして番組側が制作した春の名曲BEST100を「春の名曲100選」と題して発表したり、また、出演アーティスト同士が発売された楽曲を基に、ご本人だから語ることができる自身の名曲の裏エピソードや制作秘話など、それぞれが心に秘める“春うた”の思い出を語り合う番組内容となっている。さらに、春をイメージしたセットでの豪華スタジオ・パフォーマンスも披露されている。また、春は門出の季節ということで、ロケ企画として、日本全国の学校へ出向き、卒業式にアーティストが飛び入り参加するサプライズ企画が行われている。また、学校に限らず、成人式職場被災地などにもアーティストが出向き、サプライズで歌をプレゼントしている。

2016年では、事前に番組ホームページで「卒業式サプライズをしてほしい学校」として卒業式でアーティストにサプライズしてほしい学校と、「教えてください! あなたの春の名曲!!」として好きな春の名曲や番組で聴きたい春の名曲を募集した。

2017年では、2016年と同様で、事前に番組ホームページで「音楽でサプライズしてほしい人」としてサプライズでアーティストに歌のプレゼントをしてほしい人と、「あなたの心に残る春うたは?」として卒業旅立ちをテーマに好きな春の名曲や番組で聴きたい春の名曲を募集した。

過去の映像を中心に放送するフジテレビ系列の音楽特別番組は、2013年11月2日放送の『FNS名曲の祭典 秘蔵映像で振り返る55年 -NO MUSIC, NO TV.-』以来の約2年5ヶ月ぶりである。

CM前のSE・エンディング曲は、『FNS歌謡祭』の「花咲く歌声」が使用されている。

2016年(第1回)の平均視聴率は13.4%となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[1]

2017年(第2回)の平均視聴率は9.3%となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。

『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』との異なる点[編集]

  • 番組全体が完全収録(スタジオトーク・スタジオライブ・ロケ企画)。
  • VTR企画(春の名曲100選・サプライズ企画)が番組のメインで大半を占める。
  • 出演アーティストで楽曲を披露するのは一部でそれ以外はトークのみである。
  • 出演アーティストの数が上記の2番組の1/4程度。

など

放送データ一覧[編集]

  • 各年度の平均視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。
放送回 放送日 放送曜日 放送時間
JST
放送タイトル 司会 進行役 会場 平均視聴率 瞬間最高視聴率
男性司会者 女性司会者
第1回 2016年3月28日 月曜日 19:00 - 23:24 2016 FNSうたの春まつり 渡部建 森高千里 加藤綾子 フジテレビ本社「FCGビル 13.4% 17.8%
第2回 2017年3月22日 水曜日 19:00 - 23:18 2017 FNSうたの春まつり 森高千里
加藤綾子
不在 09.3% 12.7%

2016年[編集]

3月28日 19:00 - 23:24(JST)に放送。『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』は主にこれまで水曜日に放送され、音組率いるきくち伸CPが制作していたが、当番組は佐々木将CPが制作し月曜日に放送した。『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』と比較してトーク番組の構成に近く、出演アーティストの大半は楽曲を披露しない構成である。

出演者[編集]

司会[編集]

進行[編集]

出演アーティスト[編集]

※スタジオでのトークパートでは、下記の3つのパターンに分けて別撮りで収録。

パターン 出演者
A アグネス・チャン、石野真子、岩崎宏美、岡本真夜、尾崎亜美、川嶋あい、菊池桃子、榊原郁恵、THE ALFEE、武田鉄矢、谷村新司、NOKKO、松崎しげる、松本伊代
B 中川翔子、Perfume、一青窈、藤巻亮太、Hey! Say! JUMP、ももいろクローバーZ
C いきものがかり、AKB48、オリエンタルラジオ[注 1]、T.M.Revolution、手嶌葵

ナレーター[編集]

セットリスト(スタジオライブ)[編集]

順番 アーティスト 楽曲
1 一青窈 ハナミズキ[注 2] (2004)
2 T.M.Revolution HEART OF SWORD 〜夜明け前〜 (1996)
3 いきものがかり SAKURA[注 3] (2006)
4 ALL LINE UP[注 4] 旅立ちの日に[注 5] (1991)
5 手嶌葵 明日への手紙
6 AKB48 君はメロディー
7 Perfume PLASH
8 RADIO FISH PERFECT HUMAN
9 藤巻亮太 日日是好日
10 せんせーションズ さよならセンセーション

サプライズ企画[編集]

3月は門出の季節ということで、日本全国の学校へ出向き、卒業式にアーティストが飛び入り参加して歌のプレゼントをするサプライズのロケ企画が行われた。

春の名曲100選[編集]

番組ホームページでアンケートして番組側が制作した春の名曲100選を「2千人が選ぶ今聴きたい春の名曲100選」と題して、過去に放送された『FNS歌謡祭』『MUSIC FAIR』『夜のヒットスタジオ』『HEY!HEY!HEY!』『僕らの音楽』などの音楽番組で披露された映像を基に、100から1までのカウントダウンで発表した(ランキングではない)。

卒業式で唄われた曲ベスト5[編集]

番組前半には、「全国600校に徹底調査!! 2016年の卒業式で唄われた曲ベスト5」と題して、日本全国600校以上に番組スタッフが電話取材し、卒業式で歌唱する曲を徹底リサーチした。そのデータを元に、「2016年版 リアル卒業式BEST5」を発表した。また、第1位の「旅立ちの日に」が、1991年埼玉県秩父市立影森中学校の教員によって作られた合唱曲で、作詞は当時の校長であった小嶋登、作曲音楽教諭の坂本浩美(現・高橋浩美)であることや、2007年にSMAPがカバーしたことなどがVTRで紹介され、VTR明けには上記の出演アーティスト11組のコラボレーションで披露された。

2017年[編集]

3月22日 19:00 - 23:18(JST)に放送[2][3][4][5]。昨年は月曜日に放送されたが、今年は『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』のFNS歌謡祭シリーズの例年通りで水曜日に放送された。但し、当番組が水曜日に放送されるのはこれが初となる。制作は、『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』『Love music』のスタッフが担当。

昨年に引き続き、好評だったサプライズロケ企画が行われて、参加者を番組ホームページで募集した[6][7]

今回は、「が新曲『I'll be there』テレビ初披露!!」「サプライズ企画豪華5本立て(下記参照)」「祝30周年!! 月9ドラマ伝説の名シーンがよみがえる!!」「あなたの心に残る春うたは? 春の名曲100選」「宝塚歌劇団 月組による一夜限りの豪華絢爛ショー」といったスペシャル企画を含めた5個のみどころが設けられていた。

サプライズ企画では、「漁師の青年にAKB48がサプライズ成人式」「台風で大打撃! 北海道南富良野町に大黒摩季が!!」「藤巻亮太が『3月9日』を吹奏楽部とサプライズ共演」「たった31名の卒業生に贈るWANIMAサプライズライブ」「大分の中学生にLittle Glee Monsterが『旅立ちの日に』を届ける」と、昨年より多めの5本立てで放送された。

AKB48、藤巻亮太以外の出演アーティストは当番組初出演だった。

番組ホームページでは、来春放送予定の当番組(2018年春)に向けて、引き続き、サプライズしてほしい人を募集している。

ちなみに、サプライズ企画や月9特集などが多めの番組構成だったため、スタジオライブで楽曲を披露したのは嵐と宝塚歌劇団 月組の2組のみだった。

出演者[編集]

司会[編集]

出演アーティスト[編集]

トークゲスト[編集]

相葉雅紀武井咲滝藤賢一 - 月9ドラマ貴族探偵』キャスト[8]

永野芽郁三浦翔平 - 映画『ひるなかの流星』キャスト

※スタジオでのトークパートでは、下記の3つのパターンに分けて別撮りで収録。

パターン 出演者
A イルカ、ピコ太郎、藤巻亮太、miwa、森口博子、森山良子
B 相葉雅紀、武井咲、滝藤賢一
C 宝塚歌劇団 月組、西野カナ、乃木坂46、南野陽子、森山直太朗

ナレーター[編集]

セットリスト(スタジオライブ)[編集]

順番 アーティスト 楽曲
1 I'll be there
2 宝塚歌劇団 月組 すみれの花咲く頃

サプライズ企画[編集]

日本全国各地へ出向き、アーティストが歌のプレゼントをするサプライズのロケ企画が行われた。

春の名曲100選[編集]

番組ホームページでアンケートして番組側が制作した春の名曲100選を「1万5千人が選ぶ春の名曲100選」と題して、過去に放送された『FNS歌謡祭』『FNSうたの春まつり』『MUSIC FAIR』『夜のヒットスタジオ』『HEY!HEY!HEY!』『僕らの音楽』などのフジテレビの音楽番組や各アーティストのライブで披露された映像を基に、100から1までのカウントダウンで発表した(この番号はランキングではなく、各曲の票数も不明である)。

月9ドラマ 30周年ヒストリー[編集]

番組後半には、『フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ』(通称:月9)が1987年に創設されて今年で30周年を迎えた記念で、歴代大ヒット月9ドラマをダイジェストで振り返った。

嵐 フジテレビドラマ主題歌特集[編集]

同じく、番組後半には、の歴代のフジテレビドラマ主題歌を各ドラマの映像や『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』『HEY!HEY!HEY!』などのフジテレビの音楽番組で披露された映像と共にをダイジェストで振り返った。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送
岩手県 岩手めんこいテレビ
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
新潟県 新潟総合テレビ
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
鹿児島県 鹿児島テレビ
沖縄県 沖縄テレビ
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 日本テレビ系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列

スタッフ[編集]

2017年時点

過去のスタッフ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ トークパートでは、RADIO FISHとしての出演ではなく、オリエンタルラジオとして出演。
  2. ^ 「春の名曲100選亅の番号76で登場。
  3. ^ 「春の名曲100選亅の番号61で登場。
  4. ^ AKB48×武田鉄矢×谷村新司×THE ALFEE×松崎しげる×榊原郁恵×松本伊代×菊池桃子×アグネス・チャン×NOKKO×岩崎宏美
  5. ^ 「卒業式で唄われた曲ベスト5」で第1位。
  6. ^ 当番組の司会の渡部建の母校。
  7. ^ a b スタジオで披露。
  8. ^ メンバーから珠城りょう愛希れいか美弥るりかなどが出演した。
  9. ^ メンバーから生駒里奈衛藤美彩齋藤飛鳥高山一実の4人が出演した。
  10. ^ 当初は渡部がロケの案内役を務める予定だったがロケ当日が別の仕事だったため、渡部の相方であるアンジャッシュの児嶋一哉が代理で案内役を務めた。

出典[編集]

  1. ^ “「FNSうたの春まつり」瞬間最高視聴率は藤巻亮太、ネットで絶賛”. Sponichi Annex (スポニチアネックス). (2016年3月29日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00000094-spnannex-ent 2016年3月29日閲覧。 
  2. ^ “『FNS うたの春まつり』今年も放送決定 サプライズ企画も実施”. oricon (オリコン). (2017年1月27日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000338-oric-ent 2017年1月27日閲覧。 
  3. ^ “『FNSうたの春まつり』3/22にオンエア決定”. RO69 (RO69(アールオーロック)). (2017年3月13日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00157607-rorock-musi 2017年3月13日閲覧。 
  4. ^ “嵐、ドラマ『貴族探偵』主題歌を初披露。3/22放送の『FNS うたの春まつり』に出演決定”. RO69 (RO69(アールオーロック)). (2017年3月14日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00157655-rorock-musi 2017年3月14日閲覧。 
  5. ^ “『FNSうたの春まつり』第2弾で西野カナ、ピコ太郎、リトグリ、WANIMAら出演決定”. RO69 (RO69(アールオーロック)). (2017年3月17日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00157822-rorock-musi 2017年3月17日閲覧。 
  6. ^ “「うたの春まつり」 豪華アーティストによるサプライズロケ募集中”. sankeisports (サンケイスポーツ). (2017年1月27日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000519-sanspo-ent 2017年1月27日閲覧。 
  7. ^ “AKB48、リトグリ、大黒摩季らが『FNS うたの春まつり』でサプライズ企画”. oricon (オリコン). (2017年3月17日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000366-oric-ent 2017年3月17日閲覧。 
  8. ^ “嵐、『FNSうたの春まつり』で月9主題歌「I'll be there」を初披露”. sankeisports (オリコン). (2017年3月14日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000348-oric-ent 2017年3月14日閲覧。 

同時期に放送されている大型音楽番組[編集]

関連項目[編集]

関連番組[編集]

  • FNS歌謡祭 - 同局で、同番組の派生番組として当番組が放送開始。1974年放送開始。毎年、冬に1回放送されている。司会は森高千里、渡部建(2016年現在、当番組と同様)。
  • FNSうたの夏まつり - 『FNS歌謡祭』と同様、同局で、同番組の派生番組として当番組が放送開始。2012年放送開始。毎年、夏に1回放送されている。司会は森高千里、渡部建(2016年現在、当番組と同様)。
  • Love music - 同局で、2015年10月からレギュラー放送されている音楽番組。毎週金曜日 23:30 - 23:58 (JST)に放送。司会は森高千里、渡部建(当番組と同様)。
  • MUSIC FAIR - 同局で、1964年8月からレギュラー放送されている音楽番組。毎週土曜日 18:00 - 18:30 (JST)に放送。司会は仲間由紀恵軽部真一(2016年4月から)。
  • 夜のヒットスタジオ - 同局で、1968年11月から1990年10月までレギュラー放送されていた音楽番組。司会は古舘伊知郎加賀まりこ(放送終了時点)。
  • G-STAGESOUND ARENA - 同局で、1991年10月から1992年9月までレギュラー放送されていた音楽番組。司会は徳光和夫堺正章田代まさし
  • HEY!HEY!HEY! - 同局で、1994年10月から2012年12月までレギュラー放送されていた音楽番組。2013年から不定期放送で継続。司会はダウンタウン
  • 僕らの音楽 - 同局で、2004年10月から2014年9月までレギュラー放送されていた音楽番組。2015年から不定期放送で継続。司会は草彅剛SMAP)。
2017年の事前番組
  • FNSうたの春まつり前夜祭 - 同年3月21日(火曜日)0:25 - 0:35(JST、月曜深夜)、同年3月22日(水曜日)0:25 - 0:35(JST、火曜深夜)と、2夜にわたって事前番組を放送。
    • 3月21日の放送では、加藤綾子フリーアナウンサーが出演して、番組のみどころを紹介。
    • 3月22日の放送では、加藤綾子(フリーアナウンサー)相葉雅紀)が出演して、番組のみどころを紹介。

外部リンク[編集]