大学の若大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大学の若大将
監督 杉江敏男
脚本 笠原良三田波靖男
製作 藤本真澄
出演者 加山雄三星由里子田中邦衛
音楽 広瀬健次郎
主題歌 「大学の若大将」
撮影 鈴木斌
配給 東宝
公開 日本の旗 1961年7月8日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億8千900万
次作 銀座の若大将
テンプレートを表示

大学の若大将』(だいがくのわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画。若大将シリーズの第1弾。1961年7月8日公開。東宝製作。併映は千葉泰樹監督の『香港の夜』。(主演宝田明司葉子

概要[編集]

1960年代の日本映画を代表する人気シリーズの第1作である。東宝の娯楽映画のベテラン杉江敏男が監督した。この映画から加山雄三は大スターの道を歩むことになる。また、それまで端役だった田中邦衛にとって初めての大きな役で、この作品での青大将役の存在感が認められ、青大将は若大将の悪友的な存在としてシリーズにはなくてはならないキャラクターとなった。藤山陽子はこの作品でデビューした。

ストーリー[編集]

京南大学法学部の学生、田沼雄一は水泳部のエースであり若大将というニックネームで呼ばれている。おっとりとした性格で授業中にドカ弁を食べる豪快さもある。麻布の老舗のすき焼き屋・田能久の長男でもあるが、謹厳実直な父親の久太郎とは意見が合わず、ぶつかってばかりいる。祖母のりきのはからいだったが、店の肉を盗み出したと誤解を受けて勘当を食らってしまう。水泳部の合宿までと知り合いの植木屋やマネージャーの多胡のアルバイト先などを転々とし、湖の貸しボートハウスでアルバイトを始める。そこには知り合っていた石山製菓のキャンディ・ガールの中里澄子も夏季出店のために来ていた。仲良くする二人。しかし、若大将を敵視する青大将の石山の横槍が入ったりする。一方、ボートが転覆して溺れそうになっていた野村社長父子を助け、その娘である千枝子との見合い話が持ち上がる。だが、多胡が千枝子に好意を持っていることを知り、雄一は見合いをして、多胡のことを伝えようと画策する。だが、澄子は誤解をしてやけになって青大将の誘いに乗ってドライブへ。ところが雄一の水泳大会の応援に向う途中の祖母・りきをはねてしまう。知らせを受けた雄一は、祖母の為に輸血をして再び、水泳大会の会場へ青大将の運転する車で向うのだった。

ロケ地[編集]

配役[編集]

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

  • 大学の若大将
    作詞/岩谷時子、作曲/広瀬健次郎、歌/デューク・エイセス
  • 夜の太陽
    作詞/三田恭次、作曲/中村八大、歌/加山雄三
  • 俺たち河童の子
    作詞/梶田興治、作曲/広瀬健次郎、歌/京南大学水泳部

外部リンク[編集]

若大将映画作品
通番 題名 公開日 脚本 監督
第1作 大学の若大将 1961年7月8日 笠原良三
田波靖男
杉江敏男
第2作 銀座の若大将 1962年2月10日
第3作 日本一の若大将 1962年7月14日 福田純
第4作 ハワイの若大将 1963年8月11日
第5作 海の若大将 1965年8月8日 田波靖男 古澤憲吾
第6作 エレキの若大将 1965年12月9日 岩内克己
第7作 アルプスの若大将 1966年5月28日 古澤憲吾
第8作 歌う若大将 1966年9月10日 長野卓
第9作 レッツゴー!若大将 1967年1月1日 岩内克己
第10作 南太平洋の若大将 1967年7月1日 古澤憲吾
第11作 ゴー!ゴー!若大将 1967年12月31日 岩内克己
第12作 リオの若大将 1968年7月13日
第13作 フレッシュマン若大将 1969年1月1日 福田純
第14作 ニュージーランドの若大将 1969年7月12日
第15作 ブラボー!若大将 1970年1月1日 岩内克己
第16作 俺の空だぜ!若大将 1970年8月14日 小谷承靖
第17作 若大将対青大将 1971年1月9日 岩内克己
第18作 帰ってきた若大将 1981年2月11日 小谷承靖