海の若大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海の若大将
監督 古澤憲吾
脚本 田波靖男
製作 藤本真澄寺本忠弘
出演者 加山雄三
星由里子
田中邦衛
音楽 広瀬健次郎
主題歌 『海の若大将』『恋は赤いバラ』
撮影 飯村正
梁井潤
編集 岩下広一
製作会社 宝塚映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1965年8月8日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億4400万円
前作 ハワイの若大将
次作 エレキの若大将
テンプレートを表示

海の若大将』(うみのわかだいしょう)は、加山雄三主演による映画『若大将シリーズ』の第5作。自前の船を使っての航海ものである。宝塚映画製作のため、ロケ・セット撮影はほとんど関西(一部ロケは東京)で行われている。1965年8月8日公開。東宝製作。

併映は『フランケンシュタイン対地底怪獣』(主演:高島忠夫水野久美)。

配役[編集]

京南大学水産学部、水泳部
スーパーマーケット・青山ユアーズ勤務、レジスター

スタッフ[編集]

概要[編集]

前作『ハワイの若大将』の後、加山は黒澤明監督『赤ひげ』への出演が決まり、1964年はその撮影に拘束されることになった。黒澤は出演者に他作品との掛け持ち撮影を許さない上、『赤ひげ』の撮影は予定を大幅に超え、実に1年にわたったため、既に東宝の看板作の一つとなっていた『若大将シリーズ』は、1963年夏に公開された前作以来、休止を強いられた。

ストーリー[編集]

京南大学水泳部のホープ・田沼雄一は、部のコンパの買出しに出かけたスーパーマーケットでレジスター係の芦野澄子と知り合う。青大将主催のダンスパーティに招待された澄子は、停電でエレキギターが使えなくなった青大将を助けてギター片手に歌を歌いその場を助ける雄一をうっとりと眺めるのだったが、その場にはミュージカルスターの秋山悦子や音楽プロデューサーなどもいて熱い目線を若大将に送るのだった。

試験で青大将のカンニング騒動に巻き込まれた雄一は停学処分になり、また父親の久太郎に黙って商科ではなく水産学部に籍を置いていたことがばれて勘当になってしまう。困った雄一は、航海士の免許を片手に学術調査船に乗り込んで生活しようと考えるが、その船は青大将が船長で、父親にねだって運行する光進丸だった。出航の見送りに来た澄子は、秋山悦子と親しくする雄一に腹を立ててこっそりと乗り込むのだった。やがて船は、台風に巻き込まれて遭難し、御蔵島というところへ流れ着く。その島には網元の美しい娘・昌江がいた。雄一と昌江が親しくするのが気に入らず嫉妬する澄子は、東京に戻っても雄一とは会わずにいたのだった。

やがて日豪水泳大会が開催されることになる。若大将は澄子にしかとをされていま一つ調子が出ないままであった。御蔵島からは網元が昌江を雄一と結婚させようとやってきた。それを知った澄子は、自分から身を引くことにするのだった。

エピソード[編集]

2年ぶりのシリーズ復活となった本作は撮影期間が限られていたので、クレージー映画で頭角を現していた早撮りの名人・古澤憲吾監督が初めて担当することになった。また、東宝撮影所の撮影スケジュールがつかなかったので、傍系の宝塚映画が製作した。そのため、舞台は東京であるがロケは関西で行われ、ラストの水泳大会のシーンは大阪市の扇町プールで収録されている。舞台が東京であることを強調するために、古澤監督はそれまで麻布にあった田能久の設定をより東京らしい景色を撮れる浅草に変更したという。

本作から脚本が田波の単独になったこともあり、マンネリズムを打破しようと初めて雄一と澄子のベッドシーンを書いたが、プロデューサーの藤本は「雄一と澄子の恋愛はあくまでプラトニックでなければならない」と、これをボツにした。その後もシリーズでベッドシーンが描かれることはなかった。

ちなみに田波にとっては、これが東宝社員としては最後の脚本作品であった。藤本に脚本家として独立すべきだと即され、退社して東宝の契約脚本家となる。

寺内タケシとブルージーンズは本作がシリーズ初出演。『君が好きだから』のバック演奏だが、アレンジは寺内によるもので12弦ギターを使用している。

ロケ地[編集]

使用曲[編集]

  • 海の若大将(作詞:岩谷時子、作曲:広瀬健次郎)
    • オープニング&エンディングに使用される。
  • ブーメラン・ベイビー(作詞・作曲:弾厚作
  • お玉杓子は蛙の子(作詞:永田哲夫、作曲:東辰三)
    • 大学の講義中にウクレレを弾いていた江口(実は青大将)の身代わりとして、若大将が歌う。
  • 恋は赤いバラ(作曲:弾厚作 Dedicatedの日本語版、作詞:岩谷時子)
    • 停電中に助っ人として若大将が唄うが、カラオケはフルオーケストラ。なお、光進丸上で歌うシーンは、ギターのみ。
  • 君が好きだから(作曲:弾厚作 My Gypsy Danceの日本語版、作詞:岩谷時子)
    • 停電復旧後、観客のアンコールで唄う。バックバンドはブルージーンズ。

参考文献[編集]

  • 田波靖男著『映画が夢を語れたとき-みんなが「若大将」だった。「クレージー」だった。』(広美出版事業部、1997年7月) ISBN 4-87747-007-7

外部リンク[編集]

若大将映画作品
通番 題名 公開日 脚本 監督
第1作 大学の若大将 1961年7月8日 笠原良三
田波靖男
杉江敏男
第2作 銀座の若大将 1962年2月10日
第3作 日本一の若大将 1962年7月14日 福田純
第4作 ハワイの若大将 1963年8月11日
第5作 海の若大将 1965年8月8日 田波靖男 古澤憲吾
第6作 エレキの若大将 1965年12月9日 岩内克己
第7作 アルプスの若大将 1966年5月28日 古澤憲吾
第8作 歌う若大将 1966年9月10日 長野卓
第9作 レッツゴー!若大将 1967年1月1日 岩内克己
第10作 南太平洋の若大将 1967年7月1日 古澤憲吾
第11作 ゴー!ゴー!若大将 1967年12月31日 岩内克己
第12作 リオの若大将 1968年7月13日
第13作 フレッシュマン若大将 1969年1月1日 福田純
第14作 ニュージーランドの若大将 1969年7月12日
第15作 ブラボー!若大将 1970年1月1日 岩内克己
第16作 俺の空だぜ!若大将 1970年8月14日 小谷承靖
第17作 若大将対青大将 1971年1月9日 岩内克己
第18作 帰ってきた若大将 1981年2月11日 小谷承靖