激突!若大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
激突!若大将
監督 小谷承靖
脚本 田波靖男
製作 藤本真澄田波靖男
出演者 草刈正雄
湯原昌幸
坂口良子
フランキー堺
関根恵子
丹波義隆
音楽 広瀬健次郎
主題歌 草刈正雄「ステーション」
撮影 上田正治
編集 池田美千子
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1976年5月29日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 がんばれ!若大将
次作 帰ってきた若大将加山雄三主演)
テンプレートを表示

激突!若大将』(げきとつわかだいしょう)は、1976年5月29日東宝系で公開された日本映画。カラー。シネマスコープ。東宝映画作品。

キャッチコピーは「キャンパスを走れ! 恋のシュートを叩き込め! 新・若大将シリーズ第2弾!」。

概要[編集]

がんばれ!若大将』に続く、草刈正雄主演の『新・若大将』第2作(通算19作)。スポーツはシリーズ初のアイスホッケーに代わる。そしてロケ地も軽井沢北海道となった。

出演者の大半は前作からだが、ヒロインはいけだももこから、映画初出演の坂口良子へ交代、坂口は後に『帰ってきた若大将』でもヒロインを演じる。

劇中では湯原昌幸扮する青大将が「200万なんてたかがピーナツ2個」「記憶にございません」と、当時世間を騒がせていた「ロッキード事件」を思わせる台詞を言っている。

しかし人気は加山雄三版よりも無く、結局草刈版は2作で終了、そして5年後の『帰ってきた若大将』では元祖・加山雄三が復帰する。

なお藤本真澄はこれが最後の『若大将』プロデュースとなった。またシネスコ版『若大将』もこれが最後。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

「ステーション」

  • 作詞:うさみかつみ/作曲:鈴木邦彦/歌:草刈正雄

「この愛にすべてを」

  • 作詞:田波靖男/作曲:広瀬健次郎/歌:草刈正雄

「愛の詩をあなたに」

  • 作詞・作曲:林哲司/歌:草刈正雄

映像ソフト化[編集]

1998年に東宝ビデオよりVHSソフト版が発売された。現在は既に絶版、DVD化はされていない。

同時上映[編集]

スリランカの愛と別れ

出典[編集]

関連項目[編集]