東京都道418号北品川四谷線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特例都道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
東京都道418号標識
東京都道418号
北品川四谷線
起点 東京都品川区
北品川2丁目交差点
終点 東京都新宿区
富久町西交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0015.svg国道15号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0246.svg国道246号
Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
外苑西通りを示す道路標識

東京都道418号北品川四谷線(とうきょうとどう418ごう きたしながわよつやせん)は、東京都品川区新宿区を結ぶ特例都道で、外苑西通り(がいえんにしどおり)に該当する区間は環状4号線に属している。

概要[編集]

路線データ[編集]

本線
支線
  • 白金6丁目交差点 - 上大崎交差点(白金トンネルの区間)

重複区間[編集]

路線状況[編集]

外苑西通り[編集]

外苑西通り(天現寺〜広尾付近)

東京都道418号北品川四谷線のうち、富久町西交差点から四谷四丁目、南青山三丁目、西麻布、天現寺橋を経由し、白金六丁目で左折して白金台交差点に至る区間には「外苑西通り」の名称がついており、これは1984年昭和59年)の「東京都通称道路名設定」にも含まれている。

外苑西通りは、1964年昭和39年)に開催された東京オリンピックに向けて着工された通りである[2]

キラー通り[編集]

キラー通り(神宮前二丁目、原宿陸橋)

外苑西通りのうち、青山通りと交わる南青山三丁目交差点の前後約1キロメートル[2]青山霊園脇から仙寿院交差点までの区間には、「キラー通り」という愛称もある。もとは1964年東京オリンピックのときに整備された街路で、当初は「外苑西通り」などとよばれていた[3]

「キラー通り」の名称については、一説には作家・堺屋太一による命名であり、「キラー(Killer)」は、沿道にある墓地(青山霊園)、激しい交通、当時流行していた「ピンキーとキラーズ」などから連想されたものであるという[2]。この名称を堺屋の知人であるデザイナー、コシノジュンコ1970年昭和45年)、この通りに店を開店する際の案内状にこの名を書いたことから世間に広まることとなった[2]

もう一説にはコシノジュンコ自身が命名したとする説もあり、コシノ自身は「キラー通り」の名称について、南青山4丁目のこの通り沿いに自身の店を移転した際に「大阪万博(日本万国博覧会)のパビリオンの制服デザインを手掛けた関係から当時通産官僚だった堺屋と知り合い、外苑西通りに良い呼び名がないことを相談したところ自分で名付けることを勧められた」としており、思いついたのが「キラーストリート」という名前だった[4][5]。その理由は、「青山墓地に面しているから、(死に関連して)悪ノリでキラーと名づけた」のだといわれる[4]。名付け当時、青山3丁目から霞町の西麻布交差点まで信号機が一つもなく、交通事故も多発していたことも、その背景にあるとされる[4]。キラーストリートは、その後「キラー通り」と名を変えて定着し、南青山3丁目交差点から北側のみを指してよばれるようになったという[4]

渋谷区神宮前二丁目付近のキラー通りには、丘陵を削って左右に高台を残し、その谷底を道路にしている区間がある。この区間では道路(キラー通り)によって作られた谷をまたぐ橋が必要となり、幅2メートルの陸橋、「原宿陸橋」が設置されている。原宿陸橋は東側で古道、勢揃坂に通じている。

また、キラー通りと呼ばれる区間の北端である仙寿院交差点脇にはビクターエンタテインメント内の青山スタジオがある。サザンオールスターズはデビュー以来、レコーディングをこのスタジオで行っており、2005年平成17年)に発売されたアルバムのタイトルは『キラーストリート』で、そのジャケットにはキラー通りの風景イラストが描かれた。

プラチナ通り(白金台交差点)

プラチナ通り[編集]

外苑西通りのうち、白金6丁目交差点から白金台交差点までの緩やかな坂道は、「プラチナ通り」との愛称でも呼ばれる。

この愛称は、白金 = プラチナにちなむ。ただし、町名の「白金」は正しくは“しろかね”と読み、(シルバー)のことである。

地中海通り[編集]

外苑西通りのうち、西麻布交差点から日赤病院下、広尾橋を経由し、天現寺橋交差点までの区間はかつて「地中海通り」との愛称で呼ばれることもあった。

この愛称が使われることがあったのは、1970年代後半からバブル期頃までで、当時この辺りには地中海料理の店が何軒も並んでいたために、こう呼ばれたという。

整備計画[編集]

富久町より先の区間が環状4号線として延伸事業中である[6]

外苑西通りについても、白金台交差点から五反田方面への延伸計画があるが未着手となっている。用地の確保もされていない。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

重複区間[編集]

本線

区間と連絡道路[編集]

本線[編集]

南青山三丁目交差点(港区)
交差する道路 交差点名 所在地
国道15号(第一京浜) 北品川二丁目 東京都 品川区
東京都道2号東京丸子横浜線 大崎広小路
国道1号桜田通り 西五反田一丁目
東京都道317号環状六号線(山手通り) 大崎郵便局
東京都道312号白金台町等々力線(目黒通り) 上大崎 港区
東京都道312号白金台町等々力線(目黒通り) 庭園美術館西
白金台
支線
東京都道305号芝新宿王子線恵比寿通り 恵比寿三丁目 渋谷区
東京都道416号古川橋二子玉川線明治通り 天現寺橋
東京都道412号霞ヶ関渋谷線(六本木通り) 西麻布
国道246号青山通り 南青山三丁目
東京都道414号四谷角筈線 外苑橋
新宿通り
国道20号甲州街道
四谷四丁目 新宿区
東京都道302号新宿両国線東京都道430号新宿停車場前線(靖国通り) 富久町西
支線
  • 上大崎
    |
  • (白金トンネル)
    |
  • 白金6丁目

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「都道の区域変更」平成15年3月11日東京都告示第264号(『東京都公報』第12921号4頁)
  2. ^ a b c d 神宮前三丁目 『原宿 1995』 コム・プロジェクト 穏田表参道商店会1994年12月25日発行 p38
  3. ^ ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 190.
  4. ^ a b c d ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 191.
  5. ^ 人間発見・コシノジュンコさん(4) 『日本経済新聞』 平成25年5月7日夕刊 生活・ひと面
  6. ^ 環状第4号線(新宿区富久町)の事業に着手します。(東京都都市整備局2011年2月14日発表、2013年9月11日閲覧)

参考文献[編集]

関連項目[編集]