坂口良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかぐち りょうこ
坂口 良子
生年月日 (1955-10-23) 1955年10月23日
没年月日 (2013-03-27) 2013年3月27日(満57歳没)
出生地 日本の旗 日本北海道余市郡余市町[1]
血液型 O型
職業 女優
活動期間 1971年 - 2013年
活動内容 テレビドラマ、映画、舞台
配偶者 一般人男性(1986年 - 1994年
尾崎健夫(2012年 - 死去まで)
著名な家族 坂口杏里(娘)
主な作品
テレビドラマ
アイちゃんが行く!
たんぽぽ
前略おふくろ様[1]
池中玄太80キロ
映画
犬神家の一族

坂口 良子(さかぐち りょうこ、1955年10月23日 - 2013年3月27日[1])は、日本女優北海道余市郡余市町出身で、芸能事務所アージエスがマネジメントしていた。芸能人坂口杏里は長女である。

人物・略歴[編集]

出生から学生時代まで[編集]

北海道余市郡余市町出身[2]。余市町立東中学校を卒業し、小樽双葉女子学園(現双葉)高校に入学、堀越高等学校卒業[3]

女優として[編集]

1971年(昭和46年)、ミス・セブンティーンコンテストで優勝し芸能界入りする[1][2]。1972年、フジテレビテレビドラマアイちゃんが行く!』で主演デビューした[2]

たんぽぽ』『前略おふくろ様』『犬神家の一族』等、人気作品に次々と出演し、愛くるしい顔立ちと親しみやすいキャラクターでアイドル的人気を誇った。映画でも市川崑監督の横溝正史物などに好んで用いられ、映画評論家の田山力哉は著書『日本映画女優全史』で、これらの作品について、大スクリーンの方が遥かに魅力が発揮できる逸材として絶賛している。

石井ふく子プロデューサーからも可愛がられており、石井氏のプロデュースした作品にもたびたび出演した。

池中玄太80キロ』以降はキャリアウーマンを演じるなど演技の幅も広げ、写真集ではヌードも披露するなど大人の女優への転身を計り2時間ドラマの主演も多くこなした。

晩期には2008年(平成20年)から芸能活動を開始した娘の杏里との母娘共演が多く、母娘でゲスト出演した2013年(平成25年)1月10日放送(2012年(平成24年)12月6日収録[4])の『ダウンタウンDXDX 2013新春スペシャル』(読売テレビ制作・日本テレビ系)[5]が最後のテレビ出演となった。

晩年[編集]

しかし2013年(平成25年)3月27日午前3時40分、横行結腸癌および肺炎のため死去した[2]。同月中旬には『週刊女性』が坂口の重病説を報道[6]、これに対して坂口は自身のブログで、前年末から腸閉塞肺炎インフルエンザに罹患し、点滴治療を受けるなどして静養中であると説明していた[7]西田敏行も「池中玄太は号泣しています」と坂口を偲ぶコメントを発表した[8]。亡くなった今でも良子ファンとして現在も受け継がれている。

家族・親族[編集]

1986年(昭和61年)に不動産会社役員と結婚、1男1女をもうけたが1994年(平成6年)に離婚した。バブル崩壊により夫の会社が破綻し、多額の負債を被ることになる。無断で連帯保証人にされ、結婚前からの資産も全て失った。借金を返すために仕事中心の生活で子供に可哀想な思いをさせたが、自分に責任が及んだ借金はほぼ完済したと『女性自身』の取材で告白している[1]。女優の坂口杏里は長女で、生前、杏里が芸能界に入りたての頃は共に『踊る!さんま御殿!!』『ダウンタウンDX』などバラエティー番組によく出演していた[9]

1998年(平成10年)、知人の紹介でプロゴルファーの尾崎健夫と知り合い、15年にわたる[10]事実婚の後、2012年(平成24年)8月に戸籍上も入籍[1][11]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ番組ほか[編集]

他多数

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • あこがれ / 笹舟は流れて(1972年4月)
  • 幸せさがし / ふたりだけの子守唄(1974年)
  • 青い山脈 / 若い日は二度とない(1974年8月、コロムビア)
  • 幸福ゆき / こんにちわさようなら(1975年7月1日)
  • サヨナラの下書 / One room(1978年2月25日 FORLIFE)
  • まるで少年のように / 野良猫(1982年2月21日、7K-54)

アルバム[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.89.
  2. ^ a b c d “坂口良子さん 急逝 昨夏再婚したばかり 57歳の若さで”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/29/kiji/K20130329005501320.html 2017年1月2日閲覧。 
  3. ^ 北海道新聞〔芸能〕 (2013年3月29日). “女優の坂口良子さん急死57歳、余市町出身”. 2013年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月30日閲覧。
  4. ^ 坂口杏里オフィシャルブログ「ANRI ROOM」 (2012年12月7日). “☆ダウンタウンDX☆”. 2013年3月31日閲覧。
  5. ^ ダウンタウンDX【DXDX2013新春スペシャル】 出演者一覧ページ - gooテレビ番組 2013年1月10日
  6. ^ 「衝撃スクープ 坂口良子 消化器系重病、都内入院中! 重病でやせ細っても…「あの人と一緒になりたかった」女の願い」、『週刊女性』2013年3月26日号、主婦と生活社、2013年3月。
  7. ^ 坂口良子オフィシャルブログ「Ryoko blog」 (2013年3月12日). “週刊女性の報道について”. 2013年3月31日閲覧。
  8. ^ nikkansports.com (2013年3月29日). “池中玄太の西田敏行「順番が違う」/悼む”. 2013年3月29日閲覧。
  9. ^ “【エンタがビタミン♪】「AKB48のオーディションに落ちちゃった」。坂口良子が娘・杏里の過去を暴露。”. Techinsight. (2013年1月11日). http://japan.techinsight.jp/2013/01/sakagutianri-akbaudition-dtdx20130110.html 2017年1月2日閲覧。 
  10. ^ 坂口良子「子役時代に共演」坂上忍に伝えた娘・杏里への思い”. アサヒ芸能 (2014年1月8日). 2015年9月7日閲覧。
  11. ^ 坂口良子&尾崎健夫 熟年婚! 10年超の事実婚経て”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2012年8月11日). 2013年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]