坂口良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかぐち りょうこ
坂口 良子
生年月日 (1955-10-23) 1955年10月23日
没年月日 (2013-03-27) 2013年3月27日(57歳没)
出生地 日本の旗 日本・北海道余市郡余市町[1]
職業 女優
活動期間 1971年 - 2013年
活動内容 テレビドラマ、映画、舞台
配偶者 一般人男性(1986年 - 1994年[1]
尾崎健夫(2012年 - 死去まで)[1]
著名な家族 坂口杏里(娘)
主な作品
新・サインはV
前略おふくろ様
池中玄太80キロ[2]

坂口 良子(さかぐち りょうこ、1955年10月23日 - 2013年3月27日[1])は、日本の女優。北海道余市郡余市町出身。元タレントの坂口杏里は長女。

人物・略歴[編集]

学生時代まで[編集]

北海道余市郡余市町出身。余市町立東中学校を卒業し、小樽双葉女子学園高校(現双葉高等学校)に入学、堀越高等学校卒業[3]

女優として[編集]

1971年、ミス・セブンティーンコンテストで優勝し芸能界入りする[2]。1972年、フジテレビのドラマ「アイちゃんが行く!」で主演デビューした[2]

たんぽぽ」「前略おふくろ様」「犬神家の一族」などの作品に次々と出演し、1970年代の坂口はアイドル的な存在となった[4]

晩年は娘の杏里との共演が多く、共に出演した2012年11月20日収録の「雨上がり食楽部」が生前最後のテレビ出演となった(12月22日放送)[5]

死去[編集]

2013年3月12日発売の「週刊女性」が坂口の重病説を報道[6]。これに対して坂口は自身のブログで、体調を少し崩しており静養中であると説明した[7]。しかし同月27日午前3時40分、横行結腸癌および肺炎のため死去[2]。「池中玄太80キロ」の恋人役で共演した西田敏行は、「玄太を愛したアッコをあんなにステキに演じてくれてありがとうございました」とコメントを発表した[8]

家族・親族[編集]

1986年に不動産会社社長と結婚、1男1女をもうけたが1994年に離婚した[1]。前夫の借金40億円を背負うも10年で完済[1]坂口杏里は長女。

1998年、知人の紹介でプロゴルファーの尾崎健夫と知り合い、長年の事実婚ののち2012年8月に入籍した[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ番組ほか[編集]

他多数

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • あこがれ / 笹舟は流れて(1972年4月)
  • 幸せさがし / ふたりだけの子守唄(1974年)
  • 青い山脈 / 若い日は二度とない(1974年8月、コロムビア)
  • 幸福ゆき / こんにちわさようなら(1975年7月1日)
  • サヨナラの下書 / One room(1978年2月25日 FORLIFE)
  • まるで少年のように / 野良猫(1982年2月21日、7K-54)

アルバム[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 借金40億円を10年で完済した坂口さん - 東京スポーツ 2013年03月30日
  2. ^ a b c d “坂口良子さん 急逝 昨夏再婚したばかり 57歳の若さで”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/29/kiji/K20130329005501320.html 2017年1月2日閲覧。 
  3. ^ 北海道新聞 (2013年3月29日). “女優の坂口良子さん急死57歳、余市町出身”. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月30日閲覧。
  4. ^ 坂口杏里に教えたい…母・坂口良子「アイドル女優時代」の圧倒的魅力 - 現代ビジネス 2017年6月8日
  5. ^ 関テレ 坂口良子さん最後の番組再放送 - デイリースポーツ 2013年3月29日
  6. ^ 「衝撃スクープ 坂口良子 消化器系重病、都内入院中! 重病でやせ細っても…「あの人と一緒になりたかった」女の願い」、『週刊女性』2013年3月26日号、主婦と生活社、2013年3月。
  7. ^ 坂口良子オフィシャルブログ「Ryoko blog」 (2013年3月12日). “週刊女性の報道について”. 2013年3月31日閲覧。
  8. ^ 日刊スポーツ (2013年3月29日). “池中玄太の西田敏行「順番が違う」/悼む”. 2013年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]