ブラボー!若大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラボー!若大将
監督 岩内克己
脚本 田波靖男
製作 藤本真澄、大森幹彦安武龍
製作総指揮 藤本真澄
出演者 加山雄三酒井和歌子田中邦衛
音楽 広瀬健次郎
主題歌 『恋のコンパス』
撮影 中井朝一
編集 広瀬千鶴
配給 東宝
公開 日本の旗 1970年1月1日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億3000万円[要出典]
配給収入 1億2000万円[1]
前作 ニュージーランドの若大将
次作 俺の空だぜ!若大将
テンプレートを表示

ブラボー!若大将』(ブラボーわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画若大将シリーズの第15弾。若大将社会人シリーズ3作目。1970年1月1日公開。東宝製作。同時上映『新選組』(三船敏郎小林桂樹主演)。

概要[編集]

加山雄三主演の若大将シリーズは『リオの若大将』で一旦、シリーズの終了も検討されたが、社会人篇として継続されていた。しかし、30代になった加山を若大将で続けさせる無理や加山自身が公私共どもの転換期を迎えていたこともあり、『ゴー!ゴー!若大将』でランチャーズの一員で初登場した大矢茂を二代目若大将として引き継がせようという方向性が示された作品。後年の『帰ってきた若大将』を別としてシリーズ最後の海外ロケが グアム島でおこなわれた。

社会人篇に連続3本出演となった課長役の藤岡琢也が田中邦衛との絶妙なコンビぶりでコメディリリーフとして活躍。浜野百合子役の高橋紀子は、『フレッシュマン若大将』では、若大将の雄一に振られる役だったが、今回は恋人で振る役となった。高橋紀子は、1970年の東宝作品に数本出演して、俳優の寺田農と結婚して引退した。

物語[編集]

三矢物産営業部の雄一(加山雄三)は、事業団テニスの選手でもある。テニスの決勝戦で辛くも優勝するが、それは恋人の百合子(高橋紀子)が最近、つれないせいである。せっかく応援に来てくれても用があるからと先に帰ってしまう。会社でも同僚たちは祝福してくれたが、上司は軽くあしらうだけである。そしてついに百合子との破局が訪れる。百合子が銀行頭取の子息と結婚するというのだ。失意の雄一をおばあちゃん(飯田蝶子)は「男は仕事だよ」と激励する。そんな折、熊井鉄鋼の社長(熊倉一雄)から簡易住宅工法の売込みを受けていた雄一は、それを実現させようと仕事に励み、企画書を上司に提出する。しかし、会社は雄一の案である熊井鉄鋼との合弁案を退けてしまい面子を失った雄一は上司の部長と喧嘩して辞表をたたきつけるのだった。失恋と失業という失意の中の雄一は、傷心旅行へと飛び立つのだった。一方、青大将(田中邦衛)が専務を務める石山エンタープライズの店員である松井節子(酒井和歌子)は、雄一が百合子のために購入したブローチを売ったことで雄一が専務の友人であることを知っていた。そんな節子が友人たちと観光でグアム島を訪れるとクルージング観光のアルバイトをしている雄一と出逢うのだった。節子と知り合いそのやさしさに励まされた雄一は日本へ帰国して一から出直す決意をするのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

挿入歌[編集]

  • 「恋のコンパス」(主題歌) 作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作 ※オープニング&エンディングに使用された。
  • 「世界のどこかで」 作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作 ※雄一が、会社を退職し過去を回想するシーンに使用された。
  • 「淋しい二人」 作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作 ※京南大学テニス部のコンパで歌われた。
  • 「その訳は言えない」 作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作 ※グアムでの雄一&節子のシーンに使用された。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)274頁
若大将映画作品
通番 題名 公開日 脚本 監督
第1作 大学の若大将 1961年7月8日 笠原良三
田波靖男
杉江敏男
第2作 銀座の若大将 1962年2月10日
第3作 日本一の若大将 1962年7月14日 福田純
第4作 ハワイの若大将 1963年8月11日
第5作 海の若大将 1965年8月8日 田波靖男 古澤憲吾
第6作 エレキの若大将 1965年12月9日 岩内克己
第7作 アルプスの若大将 1966年5月28日 古澤憲吾
第8作 歌う若大将 1966年9月10日 長野卓
第9作 レッツゴー!若大将 1967年1月1日 岩内克己
第10作 南太平洋の若大将 1967年7月1日 古澤憲吾
第11作 ゴー!ゴー!若大将 1967年12月31日 岩内克己
第12作 リオの若大将 1968年7月13日
第13作 フレッシュマン若大将 1969年1月1日 福田純
第14作 ニュージーランドの若大将 1969年7月12日
第15作 ブラボー!若大将 1970年1月1日 岩内克己
第16作 俺の空だぜ!若大将 1970年8月14日 小谷承靖
第17作 若大将対青大将 1971年1月9日 岩内克己
第18作 帰ってきた若大将 1981年2月11日 小谷承靖