酒井和歌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかい わかこ
酒井 和歌子
本名 同じ
生年月日 (1949-04-15) 1949年4月15日(68歳)
出生地 東京都板橋区
国籍 日本の旗 日本
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1961年 -
活動内容 1959年劇団若草入団
1961年:映画『あいつと私
1964年東宝に移籍
配偶者 なし
著名な家族
事務所 スタッフ・アップ プロモーション
公式サイト オフィシャルプロフィール
主な作品
テレビドラマ
飛び出せ!青春
星の金貨
映画
これが青春だ![1]
でっかい太陽
めぐりあい
日本の青春
妻と女の間[1]
若大将シリーズ』<社会人篇>

酒井 和歌子(さかい わかこ、1949年4月15日 - )は、日本の女優東京都出身(栃木県生まれ)[1][2]目白学園女子短大国文学科中退[1]血液型はB型。左利き。兄1人[2]スタッフ・アップ プロモーション所属。愛称は「ワコちゃん」。

来歴[編集]

栃木県で生まれ、生後間もなく東京都板橋区に移り住む[2]。小学校に入学して劇団若草へ入団する[2]

1961年の『あいつと私』やテレビドラマに出演する傍ら、『女学生の友』などの少女雑誌のモデルとして活躍した[1]

1964年東宝へ入社し、『今日もわれ大空にあり』に出演。内藤洋子と共に「青春スター」と呼ばれて[1]売出しを図るが、陽の内藤に比べると物静かで健気な役が多く、陰の印象もあって、地味な助演が続いた。しかし、夏木陽介主演の『これが青春だ!』『でっかい太陽』での清純な女子高生役が爽やかな印象を残して注目を得ることに成功。

1968年には、初主演作『めぐりあい』の成功で看板女優として認められ、「ワコちゃん」と呼ばれた。

続いて『若大将シリーズ』でのヒロイン・節子役や『日本の青春』などの話題作でも顔が知られるようになった[1]

長らく清純派女優のイメージを引き継いだ役柄が多かったが、1976年の『妻と女の間』では、一時の愛に溺れる平凡な人妻役をこなした。同年、東宝を退職し、フリーとなり、活動の場をテレビドラマに移した。

1970年代以降は『火曜サスペンス劇場』や『土曜ワイド劇場』、『東芝日曜劇場』といったテレビドラマの常連として活躍し、良妻賢母から愛欲に溺れる悪女、主人公の母、姑まで多岐にわたる「女の人生」を演じ切った[1]

親交のある芸能人は、小学3年生時に同じ劇団で同期入団した柏木由紀子

趣味は旅行で世界遺産巡りが好きで、特に大自然を見るのが好みとのこと。

健康のために週2回の水泳を続けている。

90歳を過ぎた母と2人暮らしをしており、現在まで独身を貫いている[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

映画[編集]

☆太字は主演、斜体はヒロイン役。

バラエティ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • 大都会の恋人たち(1968年、コロムビアSAS-1043)江夏圭介とのデュエット
  • 花と走ろう/青春通り(1968年、コロムビアSAS-1127)映画「大都会の恋人たち」(製作中止)挿入歌
  • 大都会の夜(1969年)
  • 瀬戸の夕焼け/水玉もようの雨(1970年)
  • やさしくだまして(1973年)映画「グァム島珍道中」主題歌

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.79.
  2. ^ a b c d 週刊朝日 1882年10月22日号、43ページ(本人のインタビューも含む記事)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]