草刈正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くさかり まさお
草刈 正雄
生年月日 (1952-09-05) 1952年9月5日(65歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県小倉市(現:北九州市
国籍 日本の旗 日本
身長 185cm
血液型 O型
職業 モデル
俳優
歌手
司会者
ジャンル テレビドラマ
映画
演劇
CM
活動期間 1970年 -
活動内容 1970年資生堂専属モデル
1974年:俳優デビュー
配偶者 大塚悦子
著名な家族 紅蘭(長女)
草刈麻有(次女)
事務所 バービィオフィス
公式サイト BARBIE OFFICE
主な作品
テレビドラマ
風と雲と虹と
華麗なる刑事
新選組始末記
十字路
日本巌窟王
プロハンター
真田太平記
古畑任三郎
花の乱
毛利元就
ケータイ刑事 銭形シリーズ
真田丸
映画
沖田総司
火の鳥
復活の日
汚れた英雄
病院坂の首縊りの家
ええじゃないか
0093 女王陛下の草刈正雄
教養番組
美の壷

草刈 正雄(くさかり まさお、1952年9月5日[1] - )は、日本モデル俳優歌手司会者

福岡県小倉市(現在の北九州市)出身[2]。身長185cm血液型はO型[1]左利き[3]バービィオフィス所属[4]

経歴[編集]

父親はアメリカ軍の兵士であったが[5]、日本人の母親が草刈を妊娠していた最中、朝鮮戦争で戦死[5][6]。子供時代は「バービー」という愛称で呼ばれていた[7]。中学生時代は貧しい家計を少しでも楽にしようと小学生より新聞配達と牛乳配達の仕事を掛け持ちして登校した[5][8]。少年時代は現在の小倉北区昭和町、北九州市立中島小学校界隈で過ごし、小倉祇園太鼓にも参加、また母が好きだったこともあり、東映時代劇映画を頻繁に見ていたという[7]。中学卒業後は世界文化社の代理店で本のセールス、小倉の文具店の配達員などで働きながら福岡県立小倉西高等学校定時制に通い[5]、軟式野球部のピッチャー[注 1] として全国大会に出場している[9]。1964年頃に、北九州市立中島小学校学芸会で火の山主役を演じる。時代設定は古代日本で、後に演じる「火の鳥」や「卑弥呼」を思わせる 舞台装束だった。アルバイト先のスナックのマスターが「正雄は見てくれがいいから、モデルになったほうが稼げるかもしれないよ」と、東京のモデル事務所を紹介[7]、たまたま福岡市で開催されたファッションショーを観に行った際スカウトされ[5]、17歳で上京して東京都立青山高等学校定時制に転校[10]、卒業。上京後約2年で地元から母を東京に呼び寄せる[7]

1970年CMディレクター杉山登志に起用される形で資生堂専属モデルとなり[5]MG5CM団次郎の弟分としてデビューし売れっ子モデルとなる[11]。デビュー当初から甘いルックスと軽快な語り口で人気を得て、2年余りのファッションモデルを務めた後、野中マリ子の俳優養成所「野中塾」で演技を学び、俳優へ転向する[5]

1974年に東宝の専属となり[5]、『卑弥呼』で映画デビューし[5]、同年映画沖田総司』にも出演、製作者協会新人賞を受賞[5][注 2]

1975年にはエランドール賞・新人賞を受賞。

1976年には大河ドラマ風と雲と虹と』に出演、大河ドラマ初出演となった。

1977年のテレビドラマ『華麗なる刑事』でロサンゼルス帰りの凄腕刑事という主人公に扮し、同ドラマでは挿入歌『センチメンタル・シティー』も歌い、オリコン年間77位のヒットとなった[12][信頼性要検証]。20代半ばで人気は絶頂となり[5]、また同年にはマルベル堂のプロマイド年間ランキング俳優部門1位を獲得した[13]

1970年代終わりからは、市川崑深作欣二今村昌平らの巨匠の映画にも出演した。俳優としての転機は、千葉真一と共演した1978年のテレビドラマ『十字路』だった[14]。おしゃべりで朗らかなセールスマンを演じた草刈はコメディに目覚め、「自分で“ちょっとズッコケた感じ”を作るのが楽しくなった」と語っている[14][15]。映画『汚れた英雄』・テレビドラマ『華麗なる刑事』・『プロハンター』などのダンディな正統派二枚目から[14]、『十字路』での軽妙でコミカルなキャラクター、『真田太平記』では名将・真田幸村と、さまざまな役柄で主役を演じた。

1990年代以降は『花の乱』『毛利元就』『古畑任三郎』などの悪役、『イグアナの娘』『南くんの恋人』でのヒロインの父親役など、脇に周りつつも新たな境地を開拓し、演技の幅を広げている。『汚れた英雄』のレースシーン撮影ではスタントマンとして現役レーサー・平忠彦が用意されていたが、ライディングシーンの一部は実際に草刈がレーシングマシン『TZ500』を走行させた。

草刈の認知度の高さは、筑水キャニコムが2001年グッドデザイン賞を受賞した商品・草刈機に「まさお」と命名したことからも窺える。

2004年のテレビドラマ「ケータイ刑事 銭形シリーズ」では、『華麗なる刑事』の役柄と同じ「ロス」こと高村一平の役名のままで出演。

2007年映画『0093 女王陛下の草刈正雄』に主演、実の娘である草刈麻有と共演した。

NHK北九州放送局が開局80周年を迎えた2011年は、アナログテレビジョン放送が完全終了することもあり、『美の壺』のレギュラーでもあった草刈を主役に起用した独自のキャンペーンドラマが制作され[注 3]、同年2月14日に放送を開始した。また名字の草刈にあやかり、マキタの充電式草刈機のCMにも出演している(娘の紅蘭と共演)。

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』では真田昌幸を演じた[注 4]。演じるにあたり三谷幸喜からは、丹波さんを超えましょうと言われ[16][信頼性要検証]、草刈は真田昌幸の役を丹波から預かったように感じ、また時折丹波がスタジオに来て、「よくやってるじゃないか。」と言われたように感じたと話した[17]。また同ドラマの「おのおの方抜かりなく」という台詞が話題になった[18]。『真田丸』で再び人気が再燃し [19][20]、2017年には『真田丸』からの写真などを盛り込んだ、初の写真集『草刈正雄ファーストフォトブック』が発売された[19]

2018年、出身地である北九州市の市制55周年アンバサダーに就任[7]

人物[編集]

父の死後、母が父の写真を全部処分したため、父の顔は知らないという[8]

1977年のテレビドラマ『華麗なる刑事』で共演したモデルの大塚悦子と9年の交際の後、1988年12月31日に結婚。1男2女の父となる。映画『汚れた英雄』でライバル役で共演した勝野洋と飲んでいるとき、勝野に結婚を勧められ、その場で電話でプロポーズし翌日婚姻届を提出した。婚姻届の保証人は勝野だった。勝野とはモデル時代から40年来の親友で「(勝野の)顔かたちがとにかく理想で大好き、話してみると中身も誠実そのものであこがれた」とのこと[21]。また1978年には芸能人の所得番付で1位となった[22]。長女の紅蘭はパーソナルトレーナー、次女の草刈麻有はブルーミングエージェンシーに所属しており、芸能活動を行っている。長男は元ズットズレテルズボーカルのドカットカットとして音楽活動をしていたが、2015年2月14日、草刈の個人事務所として使用している東京都渋谷区のマンションの一室からの転落事故を起こし、23歳で死去した[23]

少年時代に野球部員として活躍したこともあり、西鉄ライオンズが故郷・福岡を本拠地にしていた当時は西鉄ファンだった。ライオンズ本拠地移転後は1989年より福岡に本拠を移した福岡ソフトバンクホークスの熱狂的なファンとなっている[24]。ホークスの監督代行を経験した森脇浩司や一軍打撃コーチを経験した新井宏昌とは親交が深い。

自ら「面倒くさがり」と自認しておりオフの日も「出不精でウチでゴロゴロ、ボーーっとしている」とインタビューで発言している[要出典]。最大の趣味はテニス[25] で、2016年3月から開始した公式ブログ[26]でもテニス姿のオフショットを掲載することがたびたびある[27][28]

なお、「草刈」という苗字は比較的珍しい苗字であるため、しばしば同姓の草刈民代と親族関係があると誤解されることがあるが、双方の間に血縁関係はなく、他人である。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 名のない男 破壊! (1991年、東映ビデオ)
  • 極道弁護士 綾小路春彦 (1994年、ビデオチャンプ)
  • ブラック・ジャック3 ふたりの黒い医者(1996年、バンダイビジュアル) - ドクター・キリコ
  • 実録・日本やくざ烈伝 義戦 昇龍編 (2001年、プレイビルドーダサービス)
  • 実録・日本やくざ烈伝 義戦 昇華編 (2001年、プレイビルドーダサービス)
  • 民事介入暴力 非合法領域 (2002年、ミュージアム)
  • 実録・史上最大の抗争 義縁状2 (2002年、ジーピー・ミュージアム)
  • 実録・史上最大の抗争 四代目継承 (2002年、ジーピー・ミュージアム)

舞台[編集]

  • 黒蜥蜴 (1986年) - 明智小五郎
  • キャバレー (1993年)
  • 夢幻にて候 (1996年)
  • ヴィクター・ヴィクトリア (1997年)
  • マイ・フェア・レディ (1997年 - 1999年、2004年) - ヒギンズ教授
  • シュガー (1998年、日生劇場) - ジョー
  • 花迷宮 (1998年)
  • アンネの日記
  • 34丁目の奇跡〜Here's Love〜 (1998年) - フレッド・ゲイリー
  • 花の天勝
  • ワルツが聞こえる?
  • 男の花道 (2001年)
  • パナマ・ハッティー (2002年)
  • 奥さまの冒険 〜わたしバカよね〜 (2002年)
  • 音楽活劇 レディ・ゾロ (2004年)
  • 音楽劇 エターナリー 〜変わりゆく街の変わらぬ約束〜 (2004年、第19回国民文化祭/ふくおか2004)※地元「北九州芸術劇場」で上演された。
  • 越路吹雪物語
  • 最悪な人生のためのガイドブック (2005年)
  • 笠置シヅ子物語 わが歌ブギウギ (2006年)
  • 越路吹雪物語 (2006年)
  • ケータイ刑事 銭形海 ついに舞台だ〜演劇者殺人事件 (2007年)
  • ローズのジレンマ (2008年、ルテアトル銀座、シアタードラマシティ) - ウオルシュ
  • ミー&マイガール (2009年、帝国劇場) - ジョン卿
  • 朗読座プロデュース 第1回演劇公演 日本の面影 (2012年、俳優座劇場)
  • 君となら〜Nobody Else But You (2014年、PARCO劇場) - 小磯国太郎

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

歌番組[編集]

旅番組[編集]

教養番組[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル
  1. 地図にない街/旅立つ朝に (1971年6月、ワーナー・パイオニア L-1022R)
  2. めぐり逢い/気まぐれ旅行 (1971年、ワーナー・パイオニア L-1061R)
  3. ぼくの一番長い日/君に首ったけ(1973年3月、ワーナー・パイオニア L-1125R)
  4. 情熱のしぶき/永すぎた春 (1973年、ワーナー・パイオニア L-1143R)
  5. ステーション/哀しみすわる部屋 (1976年3月、東宝レコード AT-1137)
  6. 哀しみは風になる/ジグソーパズル (1976年9月、東宝レコード AT-4012)
  7. ほんとうに/空が少しづつ (1976年11月、東宝レコード AT-4019)
  8. アローン・アゲイン/クロコダイル・ロック ※「アローン・アゲイン」はギルバート・オサリバンのカヴァー。
  9. この愛をあなたに (1976年)
  10. センチメンタル・シティー/風のようなあいつ (1977年4月、東宝レコード AT-4039)
  11. 裸足のままの君がいい/アドベンチャー・プラン(ラスト・アメリカン・カウボーイ) (1978年、東宝レコード AT-4086)
  12. デューク/鏡よ鏡 (1979年10月、CBSソニー 06SH646)
アルバム
  1. ファースト (1975年、東宝レコード AX-8040)
  2. セカンド (1976年、東宝レコード AX-5005)
  3. 青春の光と影 (1976年、ワーナー・パイオニア L-8089R)
  4. ラブ・シャワー (1978年、東宝レコード AX-7005)
  5. ゴールデン☆ベスト 草刈正雄 〜EARLY DAYS〜 (2010年9月15日、ビクターエンタテインメント VICL-63575)
関連作品
  • 華麗なる刑事 MUSIC FILE (1993年12月21日、バップ VPCD-81040) - 「センチメンタル・シティ」を収録
  • ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状 + TVシリーズ オリジナル・サウンドトラック(2006年2月1日、ヤマハミュージックコミュニケーションズ YCCW-10020) - 「高村一兵・バーボン刑事のテーマ」を収録

写真集[編集]

  • 草刈正雄FIRST PHOTO BOOK(2017年5月10日、双葉社)[19][20]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 右翼手も兼任。
  2. ^ 1977年のテレビドラマ新選組始末記』でも新選組沖田総司を演じた。
  3. ^ それまでは福岡放送局のキャンペーンをそのまま放送していた。
  4. ^ 1985年の真田太平記では丹波哲郎が真田昌幸を演じ、草刈がその子供である真田幸村を演じた。

出典[編集]

  1. ^ a b 草刈正雄”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月22日閲覧。
  2. ^ 草刈正雄 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年1月22日閲覧。
  3. ^ スポーツニッポン 2014年6月11日芸能面『我が道 草刈正雄』より。
  4. ^ 草刈正雄”. バービィオフィス. 2017年1月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 『日本映画人名事典』男優篇 上巻、キネマ旬報社、1996年、552頁。ISBN 4-87376-188-3
  6. ^ 草刈正雄「新 家の履歴書 (243) 草刈正雄(俳優) アメリカ人の父は朝鮮戦争で戦死--母と暮らした九州・小倉の四畳半」、『週刊文春』2011年6月9日号、文藝春秋、 88-91頁。
  7. ^ a b c d e 草刈正雄さん、北九州市を語る「いまでも僕のなかにはあの街の風景が……」”. 文春オンライン. 文藝春秋 (2018年2月8日). 2018年2月10日閲覧。
  8. ^ a b スポーツニッポン 2014年6月2日芸能面『我が道 草刈正雄』より。
  9. ^ スポーツニッポン 2014年6月2日及び6月4日芸能面『我が道 草刈正雄』より。
  10. ^ スポーツニッポン 2014年6月5日芸能面『我が道 草刈正雄』より。
  11. ^ スポーツニッポン 2014年6月6日芸能面『我が道 草刈正雄』より。
  12. ^ 年間シングルヒット曲 1977年(昭和52年) ベスト100
  13. ^ 『石原裕次郎 嵐を呼ぶプロマイド! 完全保存版 全316点すべて掲載』 徳間書店出版局 編、徳間書店2012年ISBN 978-4-19-863437-7。「プロマイド売上ランキング」
  14. ^ a b c “日本初のスパイパロディで14年ぶりに主演「0093 女王陛下の草刈正雄」”. 映画.com. (2007年10月19日). http://eiga.com/news/20071019/9/ 2013年8月20日閲覧。 
  15. ^ 十字路”. 映像・放送 放送局別テレビドラマフィルモグラフィー. 与志田の貼雑帖 (2012年1月9日). 2013年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月20日閲覧。
  16. ^ NHK 大河ドラマ真田丸 完全ガイドブック P.59
  17. ^ 草刈正雄 『草刈正雄FIRST PHOTO BOOK』 荒木勇人(写真)、双葉社2017年、92-97頁。ISBN 978-4-575-31258-4
  18. ^ “草刈正雄「おのおの方、ぬかりなく」に大歓声 真田丸“故郷”長野・上田で名ぜりふ”. (2016年9月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/20/0009506089.shtml 2017年7月29日閲覧。 
  19. ^ a b c 草刈正雄 還暦過ぎてファースト写真集のワケ根がネガティブな男なんです”. AERA DOT (2017年5月24日). 2017年7月29日閲覧。
  20. ^ a b 売れ行き順調! 草刈正雄芸歴47年で初写真集「次は脱がなきゃ」”. AERA DOT (2017年5月24日). 2017年7月29日閲覧。
  21. ^ スポーツニッポン 2014年6月20日芸能面『我が道 草刈正雄』より。
  22. ^ 『週刊TVガイド』1979年5月18日号、東京ニュース通信社、 26-27頁。
  23. ^ “草刈正雄長男が転落死、ハマ・オカモト「勝手にいなくなるなよ」”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2015年2月17日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150217/ent1502170002-n1.html 2015年2月17日閲覧。 
  24. ^ スポーツニッポン 2014年6月3日芸能面『我が道 草刈正雄』より。
  25. ^ プロフィール (PDF)”. バービィオフィス. 2018年3月16日閲覧。
  26. ^ 草刈正雄 (2016年3月20日). “ブログ始めます!”. 草刈正雄オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2018年3月16日閲覧。
  27. ^ 草刈正雄 (2016年3月29日). “オフ”. 草刈正雄オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2018年3月16日閲覧。
  28. ^ 草刈正雄 (2016年6月23日). “雨が上がったので”. 草刈正雄オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2018年3月16日閲覧。
  29. ^ “2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」キャスト発表!”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2018年4月26日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/296281.html 2018年4月26日閲覧。 
  30. ^ プレミアムドラマ『ただいま母さん』制作のお知らせ”. NHK (2013年1月24日). 2018年5月7日閲覧。
  31. ^ “W浅野、50代の「抱きしめたい!」で14年ぶり復活!変わらぬ友情描く”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年3月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0051521 2018年5月7日閲覧。 
  32. ^ “市川猿之助ドラマ初主演 水曜ミステリー9「カメラマン亜愛一郎の迷宮推理」が今秋放送”. シアターガイド (有限会社モーニングデスク). (2013年9月6日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2013/09/06_02.php 2018年5月7日閲覧。 
  33. ^ 木曜ドラマ『緊急取調室』|2014年1月放送”. テレビ朝日. 2018年5月7日閲覧。
  34. ^ “斎藤工が“ワケあり”外商員役でバスローブ姿にコスプレも!”. NewsWalker (KADOKAWA). (2014年12月11日). https://news.walkerplus.com/article/53291/ 2018年5月7日閲覧。 
  35. ^ 金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「結婚に一番近くて遠い女」”. 日本テレビ. 2018年5月7日閲覧。
  36. ^ “仲間由紀恵さん主演・ドラマ10「美女と男子」制作スタート!”. ドラマトピックスブログ (日本放送協会). (2015年2月3日). オリジナル2015年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150203032917/http://www9.nhk.or.jp/dramatopics-blog/ 2015年2月5日閲覧。 
  37. ^ “池井戸潤「民王」遠藤憲一&菅田将暉W主演でドラマ化”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年5月12日). https://thetv.jp/news/detail/58658/ 2018年5月7日閲覧。 
  38. ^ “瀬戸康史、NHK連続ドラマ初主演 草刈正雄は『真田丸』後、初ドラマ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年11月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2081662/full/ 2018年5月7日閲覧。 
  39. ^ “瀬戸康史&草刈正雄『ブシメシ!2』放送決定 桐山漣ら新キャラも登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2101163/full/ 2018年5月7日閲覧。 
  40. ^ “斎藤工&草刈正雄、1年半ぶりドラマSP『最上の命医』で共演 8月放送”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年7月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2093729/full/ 2018年5月7日閲覧。 
  41. ^ “草刈正雄、『ドクターX』初参戦に“ぬかりなく” 決めぜりふ「楽しみにしています」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2097184/full/ 2018年5月7日閲覧。 
  42. ^ “三谷幸喜氏、『真田丸』メンバーと1年ぶりNHKで時代劇 正月放送”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年8月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2095718/full/ 2017年8月16日閲覧。 
  43. ^ “高畑充希、SPドラマで草刈正雄の“上司”「夢のような時間」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2110830/full/ 2018年5月7日閲覧。 
  44. ^ 草刈正雄、日本のポアロに!「オリエント急行殺人事件」吹き替え声優に”. 映画.com (2017年11月2日). 2017年11月2日閲覧。
  45. ^ “波瑠、『あさが来た』高視聴率に感激「びっくりぽんです!」”. ORICON STYLE. (2016年4月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2069653/full/ 2016年4月6日閲覧。 
  46. ^ “キスマイ藤ヶ谷、ベストジーニスト殿堂入り 先輩のキムタク、草なぎ、亀梨、相葉に続き男性5人目”. ORICON STYLE. (2016年10月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2079722/full/ 2016年10月11日閲覧。 

外部リンク[編集]