桜井幸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さくらい さちこ
桜井 幸子
本名 同じ
生年月日 (1973-12-20) 1973年12月20日(43歳)
出生地 日本の旗 千葉県大網白里市
血液型 A型
職業 女優アイドル歌手司会者
ジャンル 映画テレビドラマバラエティ
活動期間 1989年 - 2009年
著名な家族 桜井貴子(妹)
主な作品
テレビドラマ
おんなは度胸
ルージュの伝言』 / 『月夜のロケット花火
水の記憶 MEMORY OF WATER
霊感商法株式会社
高校教師
塀の中の少女たち 女子少年院24時・初めて愛を知りました…
友達の恋人
学校の挑戦
運のない女 最期の誕生日
告白
コンカツ・リカツ
映画
おあずけ
バラエティ
雲と波と少年と

桜井 幸子(さくらい さちこ、1973年12月20日 - )は、日本の元女優、元アイドル、元歌手、元司会者千葉県山武郡大網白里町出身。2009年12月31日に芸能界を引退した。

来歴[編集]

1988年サンスターアクアフレッシュのCMオーディションに合格したのをきっかけに芸能界入り。審査員長は作詞家の森浩美で合格者はビクターからデビュー予定であった。1989年、テレビドラマスワンの涙』で女優デビュー。

1990年には、CBS・ソニーよりアイドル歌手デビューを果たしたが、その後は女優に専念。映画『おあずけ』で主演した他、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』ではバラエティー番組のコントに挑戦した。

1992年、NHK連続テレビ小説おんなは度胸』でヒロインを務める。翌1993年には、観月ありさの代役として出演したテレビドラマ『高校教師』で、真田広之演じる主人公と恋に落ちる女子高生・二宮繭役を演じ、一躍人気女優となる。野島伸司脚本を執筆したテレビドラマの常連となり、1994年の『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』、1995年の『未成年』と野島三部作すべてに出演した。以後も1997年の連続ドラマ『友達の恋人』、2009年の連続ドラマ『コンカツ・リカツ』などに主演している。

2003年2月20日に、音楽プロデューサーの田中聡と結婚するが、2006年4月27日に離婚[1]

2009年12月28日、所属事務所の公式サイト上において、2009年限りでの芸能界引退を表明[1][2][3]

人物[編集]

1男4女の長女として生まれ、千葉県松戸市育ち。堀越高等学校卒業。堀越高校時代の同級生には高橋由美子佐藤アツヒロ赤坂晃稲垣吾郎夏川りみがおり、高橋はデビューが同期でライバル同士だった。所属していた事務所サンミュージックを経てオフィスニグンニイバ。妹の桜井貴子は『家なき子』劇場版に出演した。

出演[編集]

※太字は主演

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ番組[編集]

紀行番組[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

シングル
  1. ともだちでいようよ(1990.09.01)作詞:森浩美、作曲:中西圭三小西貴雄、編曲:松本晃彦
    • 素顔になれば
  2. 瞳はイノセント(1991.03.01)作詞:松尾由紀夫、作曲・編曲:松浦雅也
    • 恋していたい
アルバム
PRELUDE(1991.03.21)
01. 輝いていようよ
02. 笑顔の奇跡
03. 君にとどかない
04. 隣にいるから
05. ともだちでいようよ
06. 天使の落書
07. 瞳はイノセント
08. Fly to the Moon
09. Peppermint Light
10. 未来へきっとつづく夏
Best Selection(1994.03.9)
01. ともだちでいようよ
02. 君にとどかない
03. 瞳はイノセント
04. 天使の落書
05. 恋していたい
06. 素顔になれば

写真集[編集]

  • I'm alone with you ふたりぼっち(1991年3月10日、ワニブックス) ISBN 4847021746

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]