城咲あい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しろさき あい
城咲 あい
生年月日 (1983-01-24) 1983年1月24日(34歳)
出生地 東京都国分寺市
身長 163cm
血液型 A型
職業 ダンサー
活動期間 2000年 -
活動内容 2000年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2009年:宝塚歌劇団退団
2010年:芸能活動開始
配偶者 伊坂文月
主な作品
宝塚歌劇
Ernest in Love
ME AND MY GIRL
エリザベート
備考
宝塚歌劇団卒業生

城咲 あい(しろさき あい、1983年1月24日 - )は、日本のダンサー。元宝塚歌劇団月組の娘役スター[1]

東京都国分寺市日本女子大学附属中学校出身。身長163cm。血液型A型。愛称は本名から「あいあい」、「あいっこ」。

来歴[編集]

人物[編集]

宝塚好きの家族と共に物心つく前から観劇していた。小学校4年生の時に「紫禁城の落日」を見てバレエを始め、中学卒業時に受験し一発合格。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 2000年
花組「あさきゆめみし」(初舞台)
  • 2001年
大海賊」:新人公演ルシア(本役:花城アリア
バウ「血と砂」:プルミタス(少年)
  • 2002年
長い春の果てに」:新人公演ナタリー(本役:汐風幸
バウ「SLAPSTICK」:マルグリット
  • 2003年
バウ「春ふたたび」:よの/「恋天狗」:お春
シニョール ドン・ファン」:カトリーヌ、新人公演ローサ・ヘミング(本役:美原志帆
  • 2004年
飛鳥夕映え」:生駒/「タカラヅカ絢爛II」:アモール他
  • 2005年
エリザベート」:黒天使(マデレーネ)、新人公演ゾフィー(本役:美々杏里
梅田芸術劇場公演「アーネスト・イン・ラブ」:セシリィ・カーデュー
JAZZYな妖精たち」:ロージー・ウィルコックス/「REVUE OF DREAMS」:エトワール他
  • 2006年
「暁のローマ」:クレオパトラ/「レ・ビジュー・ブリアン」:エメラルドの女他
  • 2007年
「パリの空よりも高く」:エルザ(ミディネット)/「ファンシー・ダンス」:コロンビーヌ他
全国ツアー「ダル・レークの恋」:リタ・チャンドラ・クマール/エトワール(第2幕、フィナーレ)
「MAHOROBA」:草野姫(カヤノヒメ)他/「マジシャンの憂鬱」:マレーク
  • 2008年
ミー・アンド・マイガール」:ジャクリーン・カーストン/ソフィア・ブライトン(役替りにより二役)
「夢の浮橋」小宰相の君/「Apasionado!!」
  • 2009年
「エリザベート」:ゾフィー
「ラストプレイ」:エスメラルダ/「Heat on Beat!」

宝塚歌劇団時代の出演イベント[編集]

  • TCAスペシャル2003「ディア・グランド・シアター」
  • TCAスペシャル2004「タカラヅカ90-100年への道-」
  • 羽山紀代美ダンシング・リサイタル「ゴールデン・ステップス」
  • TCAスペシャル2006「ワンダフル・ドリーマーズ〜人は夢見る〜」
  • 植田紳爾演出家50周年記念スペシャル「夢のメモランダム」
  • TCAスペシャル2007「アロー!レビュー!-『モン・パリ』80周年記念-」

宝塚歌劇団時代のヒロイン作品[編集]

新人公演ヒロイン[編集]

計4回

特別公演でのヒロイン[編集]

  • 2003年「なみだ橋 えがお橋」十六夜(宝塚バウホール、日本青年館)
  • 2004年「愛しき人よ」ジョセフィーヌ・ド・ハーグリーブ(宝塚バウホール、日本青年館)
  • 2006年「想夫恋小督(宝塚バウホール)
  • 2006年「オクラホマ!」ローリー(日生劇場)
  • 2007年「HOLLYWOOD LOVER」ローズ・ラムーア(宝塚バウホール、日本青年館)
  • 2008年「グレート・ギャツビー」デイジー・ブキャナン(日生劇場)

計6回

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

ディナーショー[編集]

  • 2010年
「I2(アイ・スクエア)」(3月28日、グランドプリンスホテル新高輪

舞台[編集]

  • 2011年
「深説・八犬伝〜村雨愛奇譚〜」伏姫役(2月11日〜24日 シアタークリエ
「30-DELUX The Ninth Live 「デスティニー」」ダブルヒロイン(5月18日〜22日 サンシャイン劇場、5月14日〜15日 シアタードラマシティ

主な受賞歴[編集]

  • 2004年度 新人賞

脚注[編集]

  1. ^ 元宝塚女優が26歳で引退・結婚を選んだ理由”. 東洋経済オンライン (2017年4月3日). 2017年4月3日閲覧。
  2. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、112頁。ISBN 9784484146010
  3. ^ 元宝塚の城咲あい、バレエの伊坂文月と結婚”. デイリースポーツ online (2015年9月23日). 2015年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]