愛希れいか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
まなき れいか
愛希 れいか
生年月日 8月21日
出生地 福井県坂井市
身長 167cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2012年:月組トップ娘役就任
公式サイト 愛希れいか 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら
ME AND MY GIRL
風と共に去りぬ
1789-バスティーユの恋人たち-
グランドホテル

愛希 れいか(まなき れいか、8月21日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。月組トップ娘役。

福井県坂井市[1]坂井中学校出身[1]。身長167㎝[1]。血液型A型[2]。愛称は「ちゃぴ」[1]

来歴[編集]

2007年4月、宝塚音楽学校入学。

2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は14番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で男役として初舞台。その後、月組に配属。

2010年霧矢大夢蒼乃夕妃大劇場お披露目となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、ルイ・シャルル役に抜擢。 同年、「ジプシー男爵」で、初めて女役を演じる。

2011年5月30日付で、男役から娘役へと転向。 同年、「アルジェの男」で、新人公演初ヒロイン。 同年、「アリスの恋人」(バウホール日本青年館公演)で、バウ初ヒロイン。

2012年4月23日付で、蒼乃夕妃の後任として、月組トップ娘役に就任。 同年、龍真咲の相手役として、「ロミオとジュリエット」で、大劇場お披露目を果たす。

2015年、日本初演となる「1789-バスティーユの恋人たち-」では、マリー・アントワネットに挑む。新人公演では、男役を演じた。 同年、初のミュージック・パフォーマンス「Wonder of Love」を開催。

2016年、龍の退団に伴い、後任珠城りょうの相手役となる。

2017年、「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」で、新トップコンビお披露目。

2018年11月18日東京宝塚劇場公演「エリザベート -愛と死の輪舞-」の千秋楽を最後に退団の予定[3]

人物[編集]

3歳からクラシックバレエを習い始め、小さい頃から歌ったり踊ったりすることが好きだった[2][4]

小学3年の時に、地元に来た宙組全国ツアー「エクスカリバーシトラスの風」を観て、宝塚のファンになった[2][5][4]

学生時代は、バレエと両立できる放送部に所属していた[2]

中学卒業時に音楽学校を受験し、1回で合格した[4]

音楽学校時代は、1年目の予科生は娘役として授業を受けていたが、身長が伸びたこともあり2年目の本科生になる前に男役に転向した[5][4]。その後、周囲からの勧めもあり、入団3年目に娘役へふたたび転向した[4]

愛称の「ちゃぴ」は本名の響きに由来する[5]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2009年4~5月、宙組『薔薇に降る雨/Amour それは…』(宝塚大劇場のみ)

月組男役時代[編集]

  • 2009年10月~12月、『ラスト プレイ-祈りのように-/Heat on Beat!(ヒート オン ビート)』
  • 2010年4月~7月、『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』ルイ・シャルル、新人公演:ベン(本役:煌月爽矢
  • 2010年9月~11月、『ジプシー男爵-Der Zigeuner Baron-/Rhapsodic Moon(ラプソディック・ムーン)』ヴィオルカ
  • 2011年1月、『Dancing Heroes!(ダンシング ヒーローズ)』(バウホール)
  • 2011年3月~5月、『バラの国の王子/ONE-私が愛したものは…-』新人公演:ハチドリ(本役:珠城りょう)

月組娘役時代[編集]

  • 2011年7月~10月、『アルジェの男/Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』フランソワーズ、新人公演:サビーヌ(本役:蒼乃夕妃) *新人公演初ヒロイン
  • 2011年11月~12月、『アリスの恋人-Alice in Underground Wonderland-』(バウホール・日本青年館)アリス *バウ初ヒロイン
  • 2012年2月~4月、『エドワード8世-王冠を賭けた恋-/Misty Station-霧の終着駅-』アデール・アステア、新人公演:ウォリス・シンプソン(本役:蒼乃夕妃) *新人公演ヒロイン

月組トップ娘役時代[編集]

受賞歴[編集]

CM出演[編集]

2016年-、オリックスグループ[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、53頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b c d 「To The Future」『宝塚GRAPH』2011年6月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、65頁。
  3. ^ “宝塚歌劇団月組トップ娘役・愛希れいか退団 17年ぶりの異例の娘役主演舞台も決定”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年1月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/15/0010899128.shtml 2018年1月15日閲覧。 
  4. ^ a b c d e 平松澄子の麗しの歌劇 月組娘役トップ・愛希れいか 華麗なる転身 「ミー&マイガール」でヒロインのサリーに挑戦”. MSN産経ニュース. 2013年7月22日閲覧。
  5. ^ a b c 「みー・だい・ちーの清く楽しく美しく」『宝塚GRAPH』2013年8月号、阪急コミュニケーションズ、2013年、48-49頁。
  6. ^ “宝塚歌劇 公演案内”. 宝塚歌劇 公式HP. http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/13/moon_tokyo_lupin/cast.html 2017年7月6日閲覧。 
  7. ^ “宝塚歌劇 公演案内”. 宝塚歌劇 公式HP. http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/13/moon_tour_jin/cast.html 2017年7月6日閲覧。 
  8. ^ ニュースリリース2016年オリックス公式サイトより。

外部リンク[編集]