悠未ひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆうみ ひろ
悠未 ひろ
生年月日 (1976-11-05) 1976年11月5日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都文京区
身長 180cm
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1997年 -
活動内容 1997年:宝塚歌劇団入団
1998年:宙組配属
2013年:宝塚歌劇団退団
2014年:芸能活動再開
配偶者 既婚
事務所 フリー
公式サイト 悠未ひろオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
逆転裁判3
風と共に去りぬ
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

悠未 ひろ(ゆうみ ひろ、1976年[1][2]11月5日[3] - )は、日本女優[2]。元宝塚歌劇団宙組の男役スター[4][5][2][6]

東京都文京区[3]十文字学園出身[1]。身長180cm[6]。愛称は「とも」、「ともちん」[6]

来歴[編集]

1995年、宝塚音楽学校入学[1]

1997年、宝塚歌劇団に83期生として入団[1][4][6]雪組公演「仮面のロマネスクゴールデン・デイズ」で初舞台[4][1][5]

1998年、組まわりを経て宙組に配属[1][4][5]

宝塚史上ナンバーワンとなる長身を生かしたダンスと包容力で注目を集め[6]、2003年の「傭兵ピエール」で新人公演初主演[1][4][7]。同年の「白昼の稲妻」で2度目の新人公演主演[1][4][7]

2005年の「Le Petit Jardin」でバウホール公演初主演[1][4]

2013年、「逆転裁判3」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演[4][1]。同年12月23日、「風と共に去りぬ」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[5][1]

退団後は、長身を生かしたダイナミックなパフォーマンスとのびやかな歌唱を武器に、舞台を中心に幅広く活動している[1]

2018年に結婚したことを報告[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1998年12月、『レビュー・スペシャル'98』
  • 2000年12月、『アデューTAKARAZUKA1000days劇場サヨナライベント』
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2001年9月、『ベルサイユのばら メモランダム』
  • 2002年1月、『宙組エンカレッジ・コンサート
  • 2002年11月、『アキコ・カンダレッスン発表会』
  • 2003年11 - 12月、初風緑コンサート『Carmine-カーマイン-』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2005年4月、TCAスペシャル2005『Beautiful Melody Beautiful Romance』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2006年9月、『宙組エンカレッジ・コンサート』
  • 2006年10月、第47回『宝塚舞踊会』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2007年9月、『TAKARAZUKA SKY STAGE5th Anniversary Special』
  • 2007年10月、第48回『宝塚舞踊会』
  • 2008年7月、『宝塚巴里祭2008』 主演[8][1]
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2013年11月、悠未ひろディナーショー『Heroe』 主演[9]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

  • 2014年、HONDA N-BOX 「みんなのN 就職篇」- 唄「この愛よ永遠に(TAKARAZUKA FOREVER)」

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an Profile 悠未ひろ Official Website。
  2. ^ a b c d 元宝塚の悠未ひろ、一般男性と結婚「人生を共に歩んでいける人」 サンスポ。
  3. ^ a b 『宝塚おとめ 2013年度版』 阪急コミュニケーションズ、2013年、124頁。ISBN 978-4-484-13506-9
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『逆転裁判3』主演 宝塚歌劇団宙組・悠未ひろさんインタビュー エンタメターミナル。
  5. ^ a b c d e 悠未ひろサヨナラ特別番組「宙組 悠未 HERO」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  6. ^ a b c d e 宝塚OGインタビュー『コトバヲツナグ』悠未ひろさん エンタメターミナル。
  7. ^ a b c d 100年史(舞台), p. 313.
  8. ^ 宝塚巴里祭2008('08年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  9. ^ 悠未ひろディナーショー「Heroe」('13年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  10. ^ “島田虎之介「ダニー・ボーイ」が舞台化、真田佑馬&水田航生が出演”. コミックナタリー. (2016年8月17日). http://natalie.mu/comic/news/198410 2016年8月17日閲覧。 
  11. ^ “「NARUTO」続編決定!新キャストにイタチ役の良知真次&サイ役の北村諒ら”. ステージナタリー. (2016年12月17日). http://natalie.mu/stage/news/213671 2016年12月19日閲覧。 
  12. ^ 舞台「私のホストちゃん THE PREMIUM」公式ホームページ
  13. ^ 伊藤純奈が舞台「七色いんこ」に主演決定!...|ニュース|乃木坂46公式サイト”. 2018年9月4日閲覧。
  14. ^ 舞台『囚われのパルマ -失われた記憶-』

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]