望郷は海を越えて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

望郷は海を越えて』(ぼうきょうはうみをこえて)が宝塚歌劇団ミュージカル作品。宙組[1][2][3]公演。形式名は「宝塚グランド・ロマン[1][2][3]」。宝塚は20場[1]、東京・中日は18場[2][3]

作・演出は谷正純[1][2][3]。併演作品は『ミレニアム・チャレンジャー![1][2][3]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

鎖国の時代。広い世界に憧れる九鬼海人は由布姫との婚礼の日、日本人漂流者の話を聞こうと船を出して嵐に遭い、シベリアに流れ着いてしまう。鎖国の日本を離れ、世界を見てしまった男の波乱に満ちた半生を描いた作品。シベリアに漂着した海人が、エカテリーナII世擁立のクーデターに巻き込まれながらも、断ちがたい望郷の念から仲間と共に遥か日本を目指す壮大な作品。

宝塚では和央ようかの宙組トップスターお披露目公演。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京[2]」、「中日[3]」の文字がなければ全劇場共通。

特別出演[編集]

※氏名の後ろの()は2000、2001年当時の所属組。

宝塚[編集]

中日[編集]

主な配役[編集]

※氏名の前に「宝塚」、「東京[2]」、「中日[3]」の文字がなければ全劇場共通。()は宝塚・東京における新人公演。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am 90年史 2004, p. 114.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 90年史 2004, p. 117.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 136.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 181.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]