龍真咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
りゅう まさき
龍 真咲
生年月日 12月18日
出身地 日本の旗 日本 大阪府東大阪市
身長 171cm
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 2001年 -
活動内容 2001年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2012年:月組トップスター就任
2016年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
2019年:芸能活動休止
配偶者 既婚
公式サイト 龍真咲オフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら
ME AND MY GIRL
風と共に去りぬ
1789-バスティーユの恋人たち-
舞台
1789 -バスティーユの恋人たち-
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

龍 真咲(りゅう まさき、12月18日[1] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団月組トップスター[2][3]

大阪府東大阪市[3]城星学園出身[4]。身長171cm[5]。愛称は「まさお」[5]

来歴[編集]

1999年、宝塚音楽学校入学。

2001年、宝塚歌劇団に87期生として入団[6]。入団時の成績は29番[6]宙組公演「ベルサイユのばら2001」で初舞台[6][7]。その後、月組に配属[6]

小顔に長身、甘いマスクに麗しい歌声と、スターとしての素質を早くから覗かせ[8]、2006年のバウ・ワークショップ「Young Bloods!!」で、バウホール公演初主演[9][10]

2007年の「パリの空よりも高く」で新人公演初主演[11][4]。同年の「マジシャンの憂鬱」で2度目の新人公演主演[11][7]。この頃より2期下の明日海りおと月組ホープとして扱われるようになる[8]

2009年の「二人の貴公子」で、明日海とバウホール公演ダブル主演[12][13]

2010年の「HAMLET!!」(バウホール・日本青年館公演)で、バウホール単独・東上公演初主演[12][13]。同年に霧矢大夢がトップ就任後は、明日海と共に月組2番手に昇格[8]

2012年の霧矢退団後、月組トップスターに就任[1][14]。月組から16年ぶりに誕生した生え抜きのトップとなり、21世紀に入団した生徒から誕生した初のトップともなった[5]。相手役に男役から転向したばかりの愛希れいかを迎え、「ロミオとジュリエット」でトップコンビ大劇場お披露目[15][8][7]。同作と翌年の「ベルサイユのばら」では、準トップスターに就任した明日海と役替わりで主演を務める[16][17]

2016年9月4日、「NOBUNAGA/Forever LOVE!!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[14]。劇団100周年時に在籍した最後のトップの卒業ともなった[14][17]

退団後は、スペースクラフト所属となり、芸能活動を再開するが、2019年に退社し、芸能活動を一時休止することを発表[18][1]。同年、自身のインスタグラムで結婚したことを報告した[19]

結婚後は日本とモナコを行き来する生活を送っている[3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

月組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2001年12月、『ガイズ&ドールズ』前夜祭
  • 2003年9月、大空祐飛ディナーショー『SPARK!!』[20]
  • 2004年11月、瀬奈じゅんコンサート『SENA!』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2011年1月、龍真咲ディナーショー『Hot Fairy』 主演[21]
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年10月、『宝塚歌劇100周年記念 大運動会』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年7月、龍真咲ディナーショー『Goodbye Fairy』 主演[22]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

TV番組[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c “龍真咲が5月末に事務所退社、活動休止へ「人生見つめ直したい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年4月20日). https://hochi.news/articles/20190420-OHT1T50051.html?page=1 2021年11月25日閲覧。 
  2. ^ a b 「母も1人の女性」 元宝塚の娘が、大人になって気付いたこと”. grape (2020年11月18日). 2021年11月25日閲覧。
  3. ^ a b c 元宝塚の龍真咲「巡り合わせ感謝」来年2月林はるか、林そよかとコンサート 日刊スポーツ。
  4. ^ a b c d e f g “あこがれの「PUCK」に主演/龍真咲 - プレシャス!宝塚”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年10月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/p-cl-tp0-20141002-1376261.html 2021年11月25日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h “龍真咲、「夢」と「愛」のステージで宝塚に別れ - プレシャス!宝塚”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1664016.html 2021年11月25日閲覧。 
  6. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 113.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 龍 真咲さんインタビュー(前編)”. ゴーゴーご組. 宝塚歌劇団プロジェクト (2012年2月13日). 2021年11月25日閲覧。
  8. ^ a b c d e 100年史(人物) 2014, p. 157.
  9. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 239.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n 月組 龍 真咲”. ウィズたからづか. フェアリーインタビュー (2008年5月). 2021年11月25日閲覧。
  11. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 316.
  12. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 242.
  13. ^ a b c d e f g h 月組 龍 真咲”. ウィズたからづか. フェアリーインタビュー (2010年5月). 2021年11月25日閲覧。
  14. ^ a b c “龍真咲、来年9月で退団 宝塚100周年式典“最後のトップスター””. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/16/kiji/K20151216011692550.html 2021年11月25日閲覧。 
  15. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 202.
  16. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 203.
  17. ^ a b “龍真咲、今秋宝塚退団 最後まで龍のごとく上りつめ(2/3ページ)”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年1月10日). https://www.sankei.com/article/20160110-4I4IJGBOGFOXPJJYZ3GSTMDX3Q/2/ 2021年11月25日閲覧。 
  18. ^ “元宝塚・龍真咲、神田うのら所属スペースクラフト入りで新たなスタート”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年10月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2080281/full/ 2021年11月25日閲覧。 
  19. ^ “龍真咲「両親のような温かく楽しい家庭を」インスタで結婚報告”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年11月20日). https://hochi.news/articles/20191120-OHT1T50192.html?page=1 2021年11月25日閲覧。 
  20. ^ 大空祐飛ディナーショー「Spark !!」('03年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  21. ^ 龍真咲ディナーショー「Hot Fairy」('11年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  22. ^ 龍真咲ディナーショー「Goodbye Fairy」('16年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  23. ^ “「エリザベート」ガラコン、小池修一郎「より円熟した新発見のあるものに」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年11月5日). https://natalie.mu/stage/news/207975 2021年11月25日閲覧。 
  24. ^ “「1789」“進化&深化”して最高の革命へ、小池徹平・加藤和樹ら意気込む”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年2月7日). https://natalie.mu/stage/news/268584 2021年11月25日閲覧。 
  25. ^ “5人の“猛獣”が共演「SHIRANAMI」幕開け、早乙女太一ら「観に来てねー!」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年1月11日). https://natalie.mu/stage/news/315669 2021年11月25日閲覧。 
  26. ^ “「DEVIL MAY CRY」馬場良馬扮するダンテらのビジュアル解禁”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年1月18日). https://natalie.mu/stage/news/316419 2021年11月25日閲覧。 
  27. ^ a b c 100年史(人物) 2014, p. 53.
  28. ^ 『2015年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、85頁。ISBN 978-4-908135-68-2

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 明日海りおと役替わり。
  2. ^ 5/24〜26のみ特別出演。
  3. ^ 凰稀かなめとWキャスト。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]