龍真咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
りゅう まさき
龍 真咲
生年月日 12月18日
出生地 大阪府東大阪市
身長 171cm
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 2001年 -
活動内容 2001年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2012年:月組トップスター就任
2016年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
2019年:芸能活動休止
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら
ME AND MY GIRL
風と共に去りぬ
1789-バスティーユの恋人たち-
舞台
1789-バスティーユの恋人たち-
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

龍 真咲(りゅう まさき、12月18日[1][2] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団月組トップスター[1][3][4][5]

大阪府東大阪市[1][6]城星学園出身[7]。身長171cm[1][2]。愛称は「まさお」[2]

来歴[編集]

1999年、宝塚音楽学校入学。

2001年、宝塚歌劇団に87期生として入団[1][3]。入団時の成績は29番[8]宙組公演「ベルサイユのばら2001」で初舞台[1][9][10][7]。その後、月組に配属[1][9][10]

入団当初よりアイドル顔負けのルックスと歌唱力で注目を集め[3][11][2]、2006年のバウ・ワークショップ「Young Bloods!!」で、バウホール公演初主演[1][9][12][10]。入団5年目での抜擢となった[10]

2007年、「パリの空よりも高く」で新人公演初主演[9][12][10][7]。同年、「マジシャンの憂鬱」で2度目の新人公演主演[9][10]

2009年、「二人の貴公子」で、明日海りおとバウホール公演ダブル主演[12][10]

2010年、「HAMLET!!」(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演初主演[12][10]

2012年4月23日付で月組トップスターに就任[1][11][2][7]。16年ぶりに誕生した月組生え抜きのトップスターとなり[2]、21世紀に入団した生徒から誕生した初のトップスターともなった[1][3][2]。相手役に愛希れいかを迎え、「ロミオとジュリエット」でトップコンビ大劇場お披露目[10]。同作と翌年の「ベルサイユのばら」では、準トップスター・明日海りおと役替わりで主演を務める[6]

2016年9月4日、「NOBUNAGA/Forever LOVE!!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2][1][11]。劇団100周年時に在籍した最後のトップの卒業となった[11][6]。同年10月よりスペースクラフト所属となり、芸能活動を開始[1][3]

2019年5月末でスペースクラフトを退社し、芸能活動を一時休止することを発表[1]。同年11月、自身のインスタグラムで結婚したことを報告した[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

月組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2001年12月、『ガイズ&ドールズ』前夜祭
  • 2003年9月、大空祐飛ディナーショー『SPARK!!』
  • 2004年11月、瀬奈じゅんコンサート『SENA!』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ〜人は夢見る〜』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!-「モン・パリ」80周年記念-』
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2008年12月、『タカラヅカスペシャル2008〜La Festa!〜』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2010年12月、『タカラヅカスペシャル2010〜FOREVER TAKARAZUKA〜』
  • 2011年1月、龍真咲ディナーショー『Hot Fairy』 主演
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年10月、『宝塚歌劇100周年記念 大運動会』
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年7月、龍真咲ディナーショー『Goodbye Fairy』 主演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 龍真咲が5月末に事務所退社、活動休止へ「人生見つめ直したい」スポーツ報知
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 龍真咲、「夢」と「愛」のステージで宝塚に別れ日刊スポーツ
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 元宝塚・龍真咲、神田うのら所属スペースクラフト入りで新たなスタートオリコンニュース
  4. ^ a b 龍真咲「両親のような温かく楽しい家庭を」インスタで結婚報告スポーツ報知
  5. ^ a b 「母も1人の女性」 元宝塚の娘が、大人になって気付いたことgrape
  6. ^ a b c 龍真咲、今秋宝塚退団 最後まで龍のごとく上りつめ産経ニュース
  7. ^ a b c d e f g h i あこがれの「PUCK」に主演/龍真咲日刊スポーツ
  8. ^ 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日)p.113
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r フェアリーインタビュー/月組 龍真咲ウィズたからづか
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 龍真咲さんインタビュー(前編)宝塚歌劇団プロジェクト
  11. ^ a b c d 龍真咲、来年9月で退団 宝塚100周年式典“最後のトップスター”スポニチ Annex
  12. ^ a b c d e f g h i j フェアリーインタビュー2010年5月号ウィズたからづか
  13. ^ a b 「エリザベート」ガラコン、小池修一郎「より円熟した新発見のあるものに」ステージナタリー
  14. ^ a b 「1789」“進化&深化”して最高の革命へ、小池徹平・加藤和樹ら意気込むステージナタリー
  15. ^ 5人の“猛獣”が共演「SHIRANAMI」幕開け、早乙女太一ら「観に来てねー!」ステージナタリー
  16. ^ 「DEVIL MAY CRY」馬場良馬扮するダンテらのビジュアル解禁ステージナタリー

注釈[編集]

  1. ^ 5/24〜26のみ特別出演。

外部リンク[編集]