凪七瑠海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

凪七 瑠海(なぎな るうみ、11月11日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役スター[2][3]

東京都世田谷区[1][4]田園調布雙葉高等学校出身[1][3]。身長170cm[1][3]。愛称は「カチャ」、「エリカ」[1]

来歴[編集]

2001年、宝塚音楽学校入学。

2003年、宝塚歌劇団に89期生として首席入団[3][2]月組公演「花の宝塚風土記シニョール ドン・ファン」で初舞台[5][6]。その後、宙組に配属[7]

2004年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[8][9][10]

2009年、月組公演「エリザベート」に特別出演し、タイトルロールとなるヒロイン・エリザベート役を演じる[11][12][5]。若手男役が他組に出演し、女役を演じる異例の大抜擢となった[5][7][12]。同年、大空祐飛野々すみ花トップコンビ大劇場お披露目となる「カサブランカ」で、新人公演初主演[13][5]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[5]

2010年の「ジュ シャント」でバウホール公演初主演[14][7][3]

2013年1月29日付で月組へと組替え[6][7]

2014年の「THE KINGDOM」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、同期の美弥るりかと東上公演ダブル主演[6][7][4]

2015年の専科公演「オイディプス王」で、専科理事・轟悠の相手役を務め、バウホール公演初ヒロイン[7]

2016年9月5日付で専科へと異動[15][7][4][3]

2018年の「蘭陵王」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、東上公演単独初主演[7][16][15][4]

2020年の「パッション・ダムール」(バウホール公演)で、自身初となるコンサートを開催[3][2]

人物[編集]

芸名「瑠海」の名付け親は、作家の陳舜臣[9]。イランの有名な詩人の名前に漢字をあてた[9]。姓の「凪七」は海のイメージと流れの綺麗さ、全体のいい画数に合わせて家族で考えた[9]

愛称の「カチャ」は本名に因む[9]

宝塚OGでもある燁明はいとこにあたる[9]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

  • 2003年8月、『里見八犬伝』(バウホール日本青年館
  • 2003年10 - 2004年2月、『白昼の稲妻』 - アラン、新人公演:ルネ(本役:花影アリス)『テンプテーション!
  • 2004年3月、『BOXMAN-俺に破れない金庫などない-』(日本青年館・ドラマシティ) - アーノルド
  • 2004年5 - 8月、『ファントム』 - 従者、新人公演:ラシュナル(本役:悠未ひろ
  • 2004年10 - 11月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー) - ウィリー
  • 2005年1 - 4月、『ホテル ステラマリス』 - 新人公演:リンドン・マクレモア(本役:悠未ひろ)『レヴュー伝説』
  • 2005年6月、『Le Petit Jardin(ル プティ ジャルダン)』(バウホール) - パトリック
  • 2005年8 - 11月、『炎にくちづけを』 - アート、新人公演:ティーン(本役:悠未ひろ)『ネオ・ヴォヤージュ』
  • 2006年1月、『不滅の恋人たちへ』(バウホール) - 立会人/船頭
  • 2006年3 - 7月、『NEVER SAY GOODBYE』 - エンリケ・ロメロ/アントニオ、新人公演:ハンス(本役:七帆ひかる
  • 2006年8月、『UNDERSTUDY』(バウホール) - キャロル・リプケン
  • 2006年11 - 2007年2月、『維新回天・竜馬伝!』 - 新人公演:桂小五郎(本役:北翔海莉)『ザ・クラシック』[5]
  • 2007年6 - 7月、『バレンシアの熱い花』 - アロンソ/代役:マルコス(本役:早霧せいな[注釈 1]、新人公演:ドン・ファン・カルデロ(本役:七帆ひかる)『宙 FANTASISTA!』(宝塚大劇場)
  • 2007年8 - 9月、『バレンシアの熱い花』 - アロンソ、新人公演:ドン・ファン・カルデロ(本役:七帆ひかる)『宙 FANTASISTA!!』(東京宝塚劇場
  • 2007年10 - 11月、『バレンシアの熱い花』 - マルコス『宙 FANTASISTA!!』(全国ツアー)
  • 2008年2 - 5月、『黎明(れいめい)の風』 - 新人公演:辰美英次(本役:蘭寿とむ)『Passion 愛の旅』[5]
  • 2008年6 - 7月、『殉情(じゅんじょう)』(バウホール) - マモル[5]
  • 2008年9 - 12月、『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』 - トム、新人公演:アンソニー・ブラック(本役:蘭寿とむ)『ダンシング・フォー・ユー』[5]
  • 2009年2月、『外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編-』 - ベルナール[注釈 2]オスカル[注釈 2]『ダンシング・フォー・ユー』(中日劇場[5]
  • 2009年5 - 8月、月組エリザベート』 - エリザベート 大劇場ヒロイン[11][5][6][7][12][4][3]
  • 2009年11 - 2010年2月、『カサブランカ』 - ヤン、新人公演:リチャード・ブレイン(本役:大空祐飛新人公演初主演[13][5][6][7][3]
  • 2010年3月、『Je Chante(ジュ シャント)』(バウホール) - シャルル・トレネ バウ初主演[14][5][6][7][3]
  • 2010年5 - 8月、『TRAFALGAR(トラファルガー)』 - トム・アレン『ファンキー・サンシャイン』[5]
  • 2010年9月、蘭寿とむコンサート『“R”ising!!』(バウホール・昭和女子大学人見記念講堂
  • 2010年11 - 2011年1月、『誰がために鐘は鳴る』 - ホアキン
  • 2011年3月、『記者と皇帝』(日本青年館・バウホール) - ブライアン・オニール[5]
  • 2011年5 - 8月、『美しき生涯』 - 片桐且元『ルナロッサ』[5]
  • 2011年10 - 12月、『クラシコ・イタリアーノ』 - ジョルジオ・クリスティアーニ『NICE GUY!!』
  • 2012年2月、『仮面のロマネスク』 - アゾラン『Apasionado!!II』(中日劇場)
  • 2012年4 - 7月、『華やかなりし日々』 - ビリー・ウエッブ『クライマックス』
  • 2012年8 - 11月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』 - アンスバッハ/ジャン・ロベール・ラップ
  • 2013年1月、『逆転裁判3』(ドラマシティ・日本青年館) - ラリー・バッツ

月組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2003年11 - 12月、初風緑コンサート『Carmine-カーマイン-』[9]
  • 2004年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2005年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2005年9月、『レビュー記念日』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年9月、貴城けいコンサート『I have a dream』
  • 2006年10月、第47回『宝塚舞踊会』
  • 2006年11月、『夢のメモランダム』
  • 2007年2 - 3月、轟悠ディナーショー『Yū's Purple Shadow』
  • 2007年4 - 5月、轟悠コンサート『Lavender Monologue』
  • 2007年9月、『TAKARAZUKA SKY STAGE5th Anniversary Special』
  • 2008年7月、『宝塚巴里祭2008』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2011年5月、『愛の旋律〜夢の記憶』
  • 2012年5月、大空祐飛ディナーショー『YUHizm』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』[6]
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年11月、凪七瑠海ディナーショー『Evolution!』 主演[17]
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年1月、『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』(外部出演)[18]
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年1月、『演劇人祭』(外部出演)
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』
  • 2021年11月、『Greatest Moment』(外部出演)[19]

TV出演[編集]

広告・CM出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2010年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2009年度新人賞
  • 2019年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2018年度努力賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、13頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d 多彩な男役!凪七瑠海8変化のバウホール公演が開幕 日刊スポーツ。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 専科・凪七瑠海 これぞ宝塚…男役の美学追求したステージ Sponichi Annex。
  4. ^ a b c d e f g 筒井政也 (2018年11月24日). “凪七瑠海、花組「蘭陵王-美しすぎる武将-」の大阪公演で約4年ぶりの主演”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20181124-OHT1T50132.html 2020年2月18日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 名取千里 (2011年6月1日). “初の戦国物で秀吉の忠臣を凛々しく美しく 宙組 凪七瑠海”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2011/06/ 2020年2月18日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j 名取千里 (2014年4月1日). “一〇〇周年の舞台に甦る「花詩集」の名場面を踊る 月組 凪七瑠海”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2014/04/ 2020年2月18日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 専科で初主演、アジアのオスカルになる/凪七瑠海 日刊スポーツ。
  8. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 77.
  9. ^ a b c d e f g h 宙組・凪七瑠海:瑠海はイランの詩人から 産経新聞。
  10. ^ a b 50年のあゆみ - 年の初めを飾るTOKK年始号 表紙特集”. 阪急阪神マーケティングソリューションズ. 2022年3月25日閲覧。
  11. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 196.
  12. ^ a b c 満を持した瀬奈トートと将来性の凪七シシィ 宝塚月組で『エリザベート』 朝日新聞。
  13. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 318.
  14. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 242.
  15. ^ a b c 宝塚凪七瑠海、美しすぎる武将役で専科異動後初主演 日刊スポーツ。
  16. ^ a b 宝塚専科・凪七瑠海主演「蘭陵王」開幕 上演前の東儀氏生演奏に「感動で鳥肌」 デイリースポーツ。
  17. ^ 凪七瑠海ディナーショー「Evolution!」('16年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  18. ^ 【歌劇な人々】運命の巡り合い、男役スター凪七が再び女役・エリザベートを-「肩で風切る後ろ姿」注意された思い出 産経WEST。
  19. ^ 時代を彩ったスターたちが集結、宝塚歌劇花組・月組の100周年に「Greatest Moment」 ステージナタリー。
  20. ^ 放送内容/嵐にしやがれ 日本テレビ。
  21. ^ POND’S×宝塚歌劇キャンペーン ユニリーバ・ジャパン。

注釈[編集]

  1. ^ 7/13〜30のみ。
  2. ^ a b 早霧せいなと役替わり。
  3. ^ a b 美弥るりかと役替わり。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 

外部リンク[編集]