由美あづさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

由美 あづさ(ゆみ あづさ、本名:深江淑子、旧名:佐知子、1925年12月3日 - 2002年8月13日)は、元宝塚歌劇団女優兵庫県神戸市出身[1]。梅花高等女学校(現・梅花中学校・高等学校)出身。宝塚歌劇団時代の愛称はチヤセン。

来歴[編集]

1940年30期生として宝塚音楽舞踊学校(現在の宝塚音楽学校)に入学し、1943年に宝塚歌劇団に入団する。初舞台公演演目は『太陽の子供達』。

1952年 - 1953年星組組長

1953年、宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団を退団後に松竹に入団して、美空ひばりの映画「伊豆の踊子」に出演。劇作家の花登筐と結婚し、「劇団笑いの王国」の創立に参加し活動。テレビ番組「番頭はんと丁稚どん」などで、大村崑とともに人気を博した[1]。その一方で「元・宝塚」という出自からくるプライドのため、劇団時代は夫だった花登はじめ周囲に対しての不遜な態度やわがままが激しく、「看板女優であること」に拘ったという[要出典]

1974年、花登の不倫により離婚。

2002年8月13日心筋梗塞のため大阪府箕面市の自宅で死去、76歳没[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

映画出演[編集]

  • 伊豆の踊子(1954年)
  • 螢草(1954年)
  • 鉄仮面(1954年)
  • 黒い罌粟(1954年)
  • 銀座令嬢(1955年)
  • 名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 
    • 第一部(1954年)
    • 第二部(1955年)
    • 第三部(1955年)
    • 第四部(1955年)
  • 元祿名槍伝 豪快一代男(1955年)
  • 悪魔の街(1956年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “由美あづささん死去 女優”. 47NEWS. (2002年10月2日). オリジナル2014年3月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140325070629/http://www.47news.jp/CN/200210/CN2002100201000437.html 2014年3月25日閲覧。 

外部リンク[編集]