憧花ゆりの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とうか ゆりの
憧花 ゆりの
生年月日 3月25日
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
身長 162cm
血液型 O型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2000年 - 2018年
活動内容 2000年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2013年:月組副組長就任
2016年:月組組長就任
2018年:宝塚歌劇団退団
公式サイト 憧花ゆりのオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
エリザベート
ME AND MY GIRL
ロミオとジュリエット
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

憧花 ゆりの(とうか ゆりの、3月25日[1][2] - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役[1]。元月組組長[3][4][1][5]

兵庫県神戸市[1][4]県立鈴蘭台西高等学校出身[6]。身長162cm[2]。血液型O型[2]。愛称は「すーさん」、「すーちゃん」[2]

来歴[編集]

1998年、宝塚音楽学校入学[2]

2000年、宝塚歌劇団に86期生として入団[1][3][4]。入団時の成績は7番[7]花組公演「源氏物語 あさきゆめみしザ・ビューティーズ!」で初舞台[5][1]。組まわりを経て月組に配属[1][4][5]

2013年3月25日付で月組副組長に就任[8][5]

2016年9月5日付で月組組長に就任[9][3][4][1][5]

2018年11月18日、愛希れいか退団公演となる「エリザベート」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[5][3][4][1]

退団後は、2020年より移転オープンした宝塚ホテルの新支配人に就任[3][4][1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2003年9 - 10月、紫吹淳コンサート『Lica-Rika/L.R』[5]
  • 2003年10月、第44回『宝塚舞踊会』
  • 2004年12月、霧矢大夢ディナーショー『Sweet & Chic』[5]
  • 2006年3月、『月組エンカレッジ・コンサート
  • 2007年4月、瀬奈じゅんディナーショー『EL VIENTO』[5]
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2009年8月、瀬奈じゅんディナーショー『0-ZERO-』[5]
  • 2011年10月、第21回『イゾラベッラ サロンコンサート』 主演
  • 2012年3月、霧矢大夢ディナーショー『Grand Dreamer』[5]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 憧花ゆりのさん月組娘役から宝塚ホテル支配人「運命」第2幕! スポーツ報知。
  2. ^ a b c d e プロフィール 憧花ゆりのオフィシャルサイト。
  3. ^ a b c d e f g h i 元月組組長が異色転身、劇場隣「宝塚ホテル」支配人 日刊スポーツ。
  4. ^ a b c d e f g h i 元月組・憧花ゆりの、「宝塚愛」でホテル支配人へ Lmaga.jp。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Memories of 憧花ゆりの タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  6. ^ 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、43頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  7. ^ 100年史(人物) 2014, p. 112.
  8. ^ 『2013年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2014年、81頁。ISBN 978-4-484-14521-1
  9. ^ 『2016年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、77頁。ISBN 978-4-86649-005-2

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]