大路三千緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおじ みちお
大路 三千緒
大路 三千緒
前列左が大路。1942年撮影、住江みちる(前列中央)の遺品より
本名 神山 美知子
生年月日 (1920-02-21) 1920年2月21日(97歳)
出生地 日本の旗日本東京都
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1951年 -
活動内容 宝塚歌劇団演劇映画テレビドラマ
著名な家族 千代薫(妹)
葦笛るか(姪)
主な作品
テレビドラマ
阿修羅のごとく
おしん

大路 三千緒(おおじ みちお、本名・神山 美知子(かみやま みちこ)、1920年2月21日 - ) は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組雪組組長宝塚歌劇団卒業生東京都出身。愛称は「ミッちゃん」(本名から)。

来歴 [編集]

1937年立教高等女学校を卒業後に、宝塚少女歌劇団に宝塚歌劇団27期生として入団する。同期生に越路吹雪月丘夢路乙羽信子東郷晴子らがいる。宝塚入団時の成績は93人中70位[1]。宝塚時代は男役を多く演じているが、娘役、とりわけ中年の女性役も初舞台当時より演じることが多かった。

終戦を経て、宝塚再興後の1951年 - 1952年花組組長1961年 - 1975年雪組組長を歴任。その後は専科を経て1980年4月30日[1]に退団。最終出演公演の演目は東京宝塚劇場公演『アンジェリク仮面舞踏会』である[1]。妹も宝塚OG千代薫。姪もOGで女優の葦笛るか

宝塚在籍当時より映画・テレビドラマへの出演もあったが、宝塚退団後はテレビドラマを中心に活動。

おしん』での主人公・谷村しんの祖母(谷村なか)役を好演し、1980年代には祖母役で多く出演。

高齢もあり、2003年の『銀座まんまんなか!』への出演を最後にテレビドラマやメディアへの登場は途切れていたが、2012年4月4日に放送された『歴史秘話ヒストリア』・2014年8月6日に放送された『昭和偉人伝』に越路吹雪の同期生ということでテレビ出演した。

2014年、宝塚歌劇団創立100周年記念で設立された『宝塚歌劇の殿堂』の最初の100人のひとりとして殿堂入り。当時、大路は存命していた殿堂入りタカラジェンヌの中で最高齢(94歳)だった。

受賞歴 [編集]

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』監修:小林公一阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、p.32。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]

外部リンク[編集]