瀬奈じゅん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
せな じゅん
瀬奈 じゅん
本名 千田 麻子(せんだ あさこ)[1]
生年月日 (1974-04-01) 1974年4月1日(48歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇、ミュージカル
活動期間 1992年 -
活動内容 1992年宝塚歌劇団入団
1993年花組に配属
2004年月組に異動
2005年:月組トップスター就任
2009年:宝塚歌劇団退団
2010年:芸能活動を開始
2012年菊田一夫演劇賞受賞
配偶者 千田真司(2012年12月 - )
事務所 東宝芸能株式会社
公式サイト 瀬奈じゅん オフィシャル ウェブサイト
主な作品
宝塚歌劇
マノン』(2001年)
二都物語』(2003年)
あかねさす紫の花』(2006年)
ME AND MY GIRL』(2008年)
グレート・ギャツビー』(2008年)
エリザベート』(2009年)
テレビドラマ
今日から俺は!!
 
受賞
第37回菊田一夫演劇賞・演劇賞(2012年)
第3回岩谷時子賞・奨励賞(2012年)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

瀬奈 じゅん(せな - 、1974年[2]4月1日[3][4] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップスター。

愛称は「あさこ[3]。東京都出身[2][4]。公称身長168cm[3][4]血液型AB型[3][4]。所属事務所は東宝芸能株式会社[2][3]

芸名の由来はF1ドライバーのアイルトン・セナから[5]

来歴・人物[編集]

幼稚園の年中組よりバレエを始める[6]

『宝塚GRAPH』2002年10月号「波瀾爆笑!わが人生」の取材に対し、 「元月組副組長の有明淳が母親の高校時代の同級生だったため、小学生のころから月組公演だけはよく観劇していた。」と答えている。

中学生の時、背が伸びすぎたため所属していたバレエ教室の宝塚受験クラスに教室サイドの反対を押し切って転属[7]1990年に宝塚音楽学校へ入学を果たす。

同期生に貴城けい(元宙組トップスター)、大空祐飛(元宙組トップスター)、檀れい(元月組・星組トップ娘役)など。

1992年78期生として宝塚歌劇団に入団。『この恋は雲の涯まで』で初舞台。

1993年花組に配属。

1998年、『SPEAKEASY』で新人公演初主演。本公演主演は真矢みき

2001年、『マノン』でバウホール公演初主演。同年、花組3番手となる。

2002年日生劇場公演『風と共に去りぬ』でスカーレットを演じる。

2004年、コンサート「SENA!」を東京・大阪・名古屋の3都市で開催。 12月16日に月組次期トップスターに内定し、12月17日付けで月組に組替え。

2005年、『エリザベート』にて男役では初めてヒロイン・エリザベート役を演じる。 同年、月組トップスターに就任。相手役に彩乃かなみを迎える。本拠地でのお披露目に先立ち、7月に梅田芸術劇場Ernest in Love』を上演後、10月に『JAZZYな妖精たち』で宝塚大劇場お披露目。

2006年1-2月、中日劇場公演『あかねさす紫の花』にて、自身2度目の大海人皇子を演じる。

2006年3月、雪組公演『ベルサイユのばら』にアンドレ役で特別出演。

2006年10月、全国ツアー公演『あかねさす紫の花』。自身3度目の大海人皇子を演じる。

2007年、写真集『Viento espanol』を発売。4月に写真集と同じスペインをテーマにしたディナーショー「EL VIENTO」を開催。

2008年、以前、『宝塚GRAPH』の企画で扮装をして好評だった『ME AND MY GIRL』ビル役を演じる。同公演千秋楽をもって相手役の彩乃が退団し、以降、退団する2009年まで約1年半、相手役不在という異例のトップスターとなる。

2009年、宝塚で7度目、自身3度目の『エリザベート』でトート役を演じると共に、過去の公演においてルキーニ、エリザベート、そしてトートで、『エリザベート』主要三役を演じるという記録を打ち立てることになった。その舞台裏は、毎日放送の情熱大陸にて、放送された。

2009年12月27日、『ラスト・プレイ/Heat on Beat!』を最後に退団。最後は男役のけじめとして客席を巻き込んだ「一本締め」を行った。終演後のパレードでは8,000人のファンが集まった。

2010年、帝国劇場『エリザベート』のエリザベート役が宝塚退団後の初舞台となる。

2012年、第37回菊田一夫演劇賞・演劇賞、第3回岩谷時子・奨励賞を受賞。

2013年、2012年の年末に千田真司と入籍が発表される[8]

2018年、前年から養育していた子供との特別養子縁組が認められたことを所属事務所の公式サイトで発表した[9]。子供は男児であり息子となった[10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

花組時代[編集]

月組・月組トップ時代[編集]

  • 2005年『エリザベートエリザベート(宝塚大劇場、東京宝塚劇場)
  • 2005年 羽山紀代美振付家30周年記念ダンシング・リサイタル『ゴールデン・ステップス-1975〜2005-』(宝塚大劇場)
  • 2005年7月『Ernest in Love』アーネスト(ジャック)(梅田芸術劇場)*トップお披露目公演
  • 2005年9月〜12月『JAZZYな妖精たち』パトリック・ゲール/REVUE OF DREAMS』(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)*宝塚・東京お披露目公演
  • 2006年1月〜2月 『あかねさす紫の花』大海人皇子/『REVUE OF DREAMS』(中日劇場)
  • 2006年3月『ベルサイユのばら-オスカル編-』アンドレ(雪組特別出演)(宝塚大劇場)
  • 2006年5月〜8月『暁のローマ』ブルータス/『レ・ビジュー・ブリアン』(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)
  • 2006年10月『あかねさす紫の花』大海人皇子/『レ・ビジュー・ブリアン』(全国ツアー)
  • 2007年1月〜4月『パリの空よりも高く』アルマンド・ジャッケ/『ファンシーダンス』(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)
  • 2007年5月〜6月『ダル・レークの恋』ラッチマン(全国ツアー)
  • 2007年8月〜11月『MAHOROBA』ヤマトタケル/『マジシャンの憂鬱』オウス/シャンドール(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)
  • 2007年12月〜2008年1月『A"R"ex』アレック(シアタードラマシティ・日本青年館)
  • 2008年3月〜7月『ME AND MY GIRL』 ウィリアム・スナイブスン(ビル)(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)
  • 2008年9月『グレート・ギャツビー』ジェイ・ギャツビー(日生劇場)
  • 2008年11月〜2009年2月『夢の浮橋』匂宮/『Apasionado!!』(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)
  • 2009年3月『SAUDADE』J(ジョッタ)(シアタードラマシティ・昭和女子大学人見記念講堂)
  • 2009年5月〜8月『エリザベート』 トート(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)
  • 2009年10月〜12月『ラスト・プレイ』アリステア/Heat on Beat!』(宝塚大劇場・東京宝塚劇場)*退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

太字は主演作品

  • ミュージカル『エリザベート - エリザベート
  • ミュージカル『アンナ・カレーニナ - アンナ・カレーニナ 役 (2010年12月〜2011年2月シアター・クリエ)- 一路真輝 とWキャスト
  • ミュージカル『三銃士』 - ミレディ 役 (2011年7月17日 - 8月26日、帝国劇場 / 9月3日 - 28日、博多座)
  • ミュージカル『ニューヨークに行きたい!!』 - リサ 役 (2011年10月29日 - 11月20日、帝国劇場 / 11月25日 - 29日、梅田芸術劇場メインホール)
  • 『ビューティフル・サンデイ』 - 三枝ちひろ 役(2012年2月23日 - 3月4日、ル テアトル銀座 by PARCO / 3月10日・11日シアターBRAVA! / 3月14日、青少年文化センターアートピアホール / 3月16日 - 18日、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)
  • 『ラストダンス〜the musical 越路吹雪〜』 - 越路吹雪 役(2012年11月16日、かめありリリオホール※プレビュー公演 / 11月20日、ホクト文化ホール中ホール / 11月23日、東京エレクトロン韮崎文化ホールBREEZE / 11月27日、北國新聞赤羽ホール / 12月4日 - 19日、シアタークリエ / 12月22日、中日劇場 / 12月29日・30日梅田芸術劇場シアタードラマシティ)
  • 音楽朗読劇『イキヌクキセキ〜十年目の願い〜』(2013年4月、東京グローブ座
  • ミュージカル『エニシング・ゴーズ - リノ 役(2013年10月7日 - 28日、帝国劇場 / 2013年11月1日 - 4日、シアターBRAVA!)
  • 今度は愛妻家』 - 北見さくら 役(2014年4月4日 - 20日、東京芸術劇場シアターウエスト / 4月20日、青少年文化センターアートピアホール / 4月26日・27日、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)
  • ミュージカル『シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜 - デロリス 役(2014年6月1日 - 7月8日、帝国劇場 / 7月12日・13日、厚木市文化会館大ホール / 7月16日、岩手県民会館 / 7月19日 - 21日、東京エレクトロンホール宮城 / 7月25日 - 29日、シアターBRAVA! / 8月2日・3日、愛知県芸術劇場大ホール)- 森公美子 とWキャスト
  • 朗読劇『ラヴ・レターズ 〜2015 25th Anniversary〜』(2015年6月3日、パルコ劇場
  • ア・フュー・グッドメン』 - ジョアン 役(2015年6月19日 - 28日、天王洲 銀河劇場
  • ミュージカル『貴婦人の訪問』 - マチルデ 役(2016年11月3日 - 5日、シアター1010 / 11月12日 - 12月4日、シアタークリエ / 12月9日 - 11日、キャナルシティ劇場 / 12月17日・18日、中日劇場 / 12月21日 - 25日、シアター・ドラマシティ)
  • 『エジソン最後の発明』 - 糀谷深春 役(2017年4月2日 - 23日、シアタートラム / 5月1日、青少年文化センターアートピアホール / 5月2日・3日、サンケイホールブリーゼ)
  • ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』 - エリザベス 役(2017年8月11日 - 9月3日、東京国際フォーラムホールC / 9月7日 - 10日、オリックス劇場)
  • ミュージカル『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の喜悲劇 - アリソン 役(2018年2月7日 - 26日、シアタークリエ / 3月3日・4日、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール / 3月10日、日本特殊陶業市民会館ビレッジホール)
  • ミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』 - アローラ・キングズリー 役 (2018年9月1日 - 17日、新国立劇場 / 9月21日・22日、静岡市清水文化会館大ホール / 9月27日 - 30日、新歌舞伎座)
  • ミュージカル『サムシング・ロッテン!』 - ビー 役(2018年12月17日 - 30日、東京国際フォーラムホールC、2019年1月11日 - 14日、オリックス劇場)
  • 細雪』 - 三女・雪子 役(2019年5月4日 - 27日、明治座)
  • ミュージカル『ラ・マンチャの男』 - アルドンザ 役(2019年9月7日 - 12日、フェスティバルホール / 9月21日 - 23日、東京エレクトロンホール宮城 / 9月27日 - 29日、愛知県芸術劇場大ホール / 10月4日 - 27日、帝国劇場)
  • 『黄昏』 - チェルシー 役
    • 初演(2020年1月16日 - 19日、紀伊國屋ホール)
    • 再演(2022年6月5日、江東区文化センター ホール※プレビュー公演 / 6月21日 - 26日、紀伊國屋ホール / 6月8日・9日、枚方市総合文化芸術センター 関西医大 小ホール / 6月11日・12日、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール / 6月14日・15日、北國新聞赤羽ホール / 6月18日・19日、穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール / 7月9日、長野・長野市芸術館 メインホール)[11]※予定
  • ミュージカル『ヘアスプレー』 - ヴェルマ役
    • 2020年6月14日 - 28日、豊島区立芸術文化劇場 / 7月5日 - 13日、梅田芸術劇場メインホール※COVID-19感染状況ならびに予防対策のため全公演中止
    • (2022年9月 - 11月、東京建物 Brillia HALLほか)[12]
  • 『現代能楽集Ⅹ『幸福論』~能「道成寺」「隅田川」より』 - 安藤千佳/真鍋夏帆 役(2020年11月29日 - 12月20日、シアタートラム[13]
  • ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』 - ヘレン 役(2021年5月10日・11日、5月12日 - 30日、日生劇場 / 6月4日 - 6日、兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール / 6月12日・13日、オーバード・ホール / 6月19日・20日、高崎芸術劇場大劇場)※緊急事態宣言発出による公演一部中止
  • 『検察側の証人』 - ローマイン・ハイルガ― 役(2021年8月28日 - 9月12日、世田谷パブリックシアター / 9月16日 - 20日、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール / 9月23日 - 28日、枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール)
  • ミュージカル『カーテンズ』 - ジョージア 役(2022年2月26日 - 3月13日、東京国際フォーラムホールC / 3月18日 - 22日、新歌舞伎座 / 3月26日・27日、愛知県芸術劇場大ホール)
  • ミュージカル『SUNNY』(2023年6・7月、東京建物 Brillia HALL・7月 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)※予定

コンサート[編集]

  • 瀬奈じゅんコンサート『A Live』(2010年5月、赤坂ACTシアターNHK大阪ホール
  • 瀬奈じゅんコンサート『ALive II〜Handsome Woman〜』(2011年4月1〜5日赤坂ACTシアター、2011年4月9日〜10日NHK大阪ホール)
  • 「M.クンツェ&S.リーヴァイの世界〜2nd Season〜」Special Version (2012年3月25日、東京国際フォーラム)
  • 瀬奈じゅんコンサート『ALive Final〜Handsome Woman〜』 (2013年8月、東京国際フォーラム)
  • 『クリエ・ミュージカルコレクション』(2014年1月4日〜23日、シアタークリエ他)
  • 『東宝芸能50th Musical チャリティコンサート』(2014年9月19日・20日、東京国際フォーラム)
  • 『岩谷時子メモリアルコンサート』(2014年9月30日、NHKホール)
  • 『シャンソンの黄金時代』(2016年6月、ヤマハホール
  • 『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』(2017年1月、オーチャードホール)
  • 『クリエ・ミュージカルコレクション3』(2017年2月9日〜3月5日、シアタークリエ)
  • 瀬奈じゅん25周年 アニバーサリーコンサート『Jun Sena 25th anniversary concert』(2017年6月23日〜25日シアタークリエ、2017年7月1日〜2日宝塚バウホール
  • 宝塚バウホール40周年 安寿ミラ、春野寿美礼、瀬奈じゅんコンサート『Trois Violette』(2018年4月14日〜19日宝塚バウホール)

吹替[編集]

テレビドラマ[編集]

宝塚歌劇団時代の受賞歴[編集]

  • 1998年度・年度賞 努力賞受賞
  • 2001年度・年度賞 努力賞受賞
  • 2004年度・年度賞 努力賞受賞
  • 2005年度・阪急すみれ会パンジー賞 男役賞受賞
  • 2005年度・年度賞 優秀賞受賞
  • 2008年度・年度賞 優秀賞受賞

ディナーショー[編集]

著書[編集]

  • 瀬奈じゅん・千田真司『ちいさな大きなたからもの 特別養子縁組からはじまる家庭のカタチ』2019年、方丈社ISBN 978-4-908925-56-6

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “瀬奈じゅん 女優として母として“憧れの姫”「役に生きたい」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年8月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/takarazuka/kiji/20190813s000413D5230000c.html 2021年8月14日閲覧。 
  2. ^ a b c 瀬奈じゅん”. 東宝芸能株式会社. 2021年8月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e Profile”. 瀬奈じゅん JUN SENA Official Web Site. 2021年8月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 瀬奈じゅん”. 日本タレント名鑑. 株式会社VIPタイムズ社. 2021年8月14日閲覧。
  5. ^ The name of タカラジェンヌを参照。
  6. ^ 3歳のとき車のタイヤと接触してアキレス腱を断裂するが、治癒した際に医師から再発予防のために運動をすすめられたことや、母親がバレエ好きだったことがバレエをはじめるきっかけだった。『宝塚GRAPH』2002年10月号「波瀾爆笑!わが人生」
  7. ^ 『宝塚GRAPH』2002年10月号「波瀾爆笑!わが人生」
  8. ^ “元月組トップ・瀬奈じゅん、10歳下のダンサーと電撃婚”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年1月15日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501115945/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130114-OHT1T00246.htm?from=yol 
  9. ^ “瀬奈じゅん夫妻、特別養子縁組で子供迎える「共に運命を乗り越えて行く覚悟」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年2月26日). https://natalie.mu/stage/news/271163 2018年4月20日閲覧。 
  10. ^ 瀬奈じゅん 養子縁組で「幸せ」家族の形伝える―”. スポニチ (2019年12月2日). 2019年12月3日閲覧。
  11. ^ Inc, Natasha. “鵜山仁演出「黄昏」2年ぶりに上演、高橋惠子がエセル役を続投(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2022年2月8日閲覧。
  12. ^ 渡辺直美主演のミュージカル「ヘアスプレー」“復活公演”決定、共演にエリアンナら”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年6月6日). 2022年6月6日閲覧。
  13. ^ 現代能楽集Ⅹ『幸福論』~能「道成寺」「隅田川」より|世田谷パブリックシアター

外部リンク[編集]