神奈美帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神奈 美帆(かんな みほ、1965年1月30日 - )は、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。

大阪府吹田市出身、公称身長161cm、血液型B型。宝塚時代の愛称は「やっちゃん」。

来歴[編集]

1981年4月、宝塚音楽学校入学。1983年3月、69期生として宝塚歌劇団に入団。月組公演『春の踊り/ムーンライト・ロマンス』で初舞台を踏む。同年、花組に配属。組配属後1作目の新人公演『メイフラワー』で当時の2番手格娘役ひびき美都が演じた役に選ばれる。

1984年4月、退団した北原遥子の後任として池田銀行イメージガールに就任。

1985年4月、雪組に異動。入団3年目で新トップスター平みちの相手役としてトップ娘役に就任(トップ娘役は前年7月に遥くららが退団してから空位だった)。新人公演・宝塚バウホール公演のヒロイン経験がない段階での就任だった。お披露目公演は『愛のカレードスコープ/アンド・ナウ!』。

1988年11月、『たまゆらの記/ダイナモ!』の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。

退団後間もなく結婚。出産後は主婦業に専念していたが、OGイベント出演・TAKARAZUKA SKY STAGEをはじめとする宝塚歌劇関連番組・宝塚歌劇団関連の刊行物でのインタビューなどには応じている。

人物・エピソード[編集]

宝塚歌劇団の同期生には麻路さき(元星組トップスター)、久世星佳(元月組トップスター)、高嶺ふぶき(元雪組トップスター)、出雲綾若央りさ美月ノア海峡ひろきなど。

結婚後は短期大学を卒業。小林一三の「タカラジェンヌは良妻賢母たれ」の言葉通りの女性でありたいという気持ちがあり、結婚後は芸能界に進むことなく専業主婦となった。

宝塚歌劇団時代の舞台[編集]

花組時代[編集]

1983年

『春の踊り-南蛮花更紗-/ムーンライト・ロマンス』 *初舞台
『紅葉愁情/メイフラワー』新人公演:ジュリー(本役:ひびき美都)

1984年

琥珀色の雨にぬれて/ジュテーム』新人公演:ジュヌヴィエーヴ(本役:梢真奈美
『名探偵はひとりぼっち/ラ・ラ・フローラ』新人公演:キャロライン(本役:秋篠美帆

1985年

愛あれば命は永遠に』小公女、新人公演:ラコスト嬢(本役:北小路みほ

雪組トップ娘役時代[編集]

1985年

愛のカレードスコープ/アンド・ナウ!』クリスティーナ、カレン、マリー・アントワネット *お披露目公演
全国ツアー公演『はばたけ黄金の翼よ/フル・ビート』クラリーチェ・デル・カンポ

1986年

バウホール公演『ショーボート』マグノリア・ホークス
『大江山花伝/スカイ・ハイ・スカイ』藤子/藤の葉
『三つのワルツ』ファンニー・ピクラー、シャルロッテ・ピクラー、フランチー・イエンセン・ピクラー

1987年

『宝塚をどり賛歌/サマルカンドの赤いばら』フィトナ姫
『梨花 王城に舞う/ザ・レビュースコープ』玉蘭

1988年

風と共に去りぬ』スカーレットI/スカーレットII(役替わり公演)
バウホール公演『レッドヘッド』エシー・ウィンプル
たまゆらの記/ダイナモ!』安宿媛 *退団公演