咲妃みゆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さきひ みゆ
咲妃 みゆ
生年月日 (1991-03-16) 1991年3月16日(27歳)
出生地 宮崎県児湯郡
身長 160cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2014年雪組へ異動、雪組トップ娘役就任
2017年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
事務所

ユニバーサルミュージック

BLUE LABEL(業務提携)
公式サイト 咲妃みゆオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
伯爵令嬢
ルパン三世
星逢一夜
るろうに剣心
ローマの休日
幕末太陽傳
備考
宝塚歌劇団卒業生

咲妃 みゆ(さきひ みゆ、1991年[1]3月16日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。

宮崎県児湯郡[2]高鍋町[3]日向学院高等学校出身[2]。身長160cm[2]。血液型A型[4]。愛称は「ゆうみ」[2]

所属事務所はユニバーサルミュージックBLUE LABEL(業務提携)。

来歴[編集]

人物[編集]

3歳下の妹がいる[4][5]。小さい頃から身体を動かすことが好きで、とても活発な子どもだった[4]。小学5年生から妹とともにクラシックバレエを習い始める[5][6]

宝塚ファンのいとこの影響で宝塚に憧れを持つ時期もあったがすぐにあきらめ、中高一貫校の時代は合唱部に所属し、ごく普通の学生生活を送っていた[5][6][7]

大学受験を控えた時期に目標が定まらずにいた姿を見て、父親から「同世代の女の子が夢に向かって頑張っている姿を一度見てきなさい」と音楽学校の願書を渡され、受験を勧められた[6][7]。願書の締切間近に受験を決意し、約2ヶ月間のレッスンを経て、初めての受験で合格した[5][7]。合格を知って一番動揺していたのは、受験を勧めた父親だったという[7]。受験のため宝塚へ赴いた際に、月組公演『ME AND MY GIRL』を観たのが初めての宝塚観劇だった[5]

憧れの上級生は、同じ九州出身の映美くらら[6]

芸名は、いとこの好きな漢字と本名に由来する[6]。愛称の由来は本名から[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2010年4月~5月、月組『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』(宝塚大劇場

月組時代[編集]

  • 2010年6月~7月、『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』(東京宝塚劇場
  • 2010年9月~11月、『ジプシー男爵-Der Zigeuner Baron-/Rhapsodic Moon(ラプソディック・ムーン)』ヴィオルカ
  • 2010年12月~1月、『STUDIO 54(スタジオ フィフティフォー)』(シアタードラマシティ・日本青年館)ベッキー・ヤング
  • 2011年3月~5月、『バラの国の王子/ONE-私が愛したものは…-』
  • 2011年7月~10月、『アルジェの男/Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』新人公演:フランソワーズ(本役:愛希れいか
  • 2011年11月~12月、『アリスの恋人-Alice in Underground Wonderland-』(バウホール・日本青年館)ドードー
  • 2012年2月~4月、『エドワード8世-王冠を賭けた恋-/Misty Station-霧の終着駅-』ルイーズ・ブルックス、新人公演:メアリー王女(本役:愛風ゆめ
  • 2012年6月~9月、『ロミオとジュリエット』モンタギュー(女)、新人公演:ジュリエット(本役:愛希れいか) *新人公演初ヒロイン
  • 2012年10月~11月、『春の雪』(バウホール・日本青年館)綾倉聡子 *バウ初ヒロイン
  • 2013年1月~3月、『ベルサイユのばらオスカルアンドレ編-』小公女、幼少時代のオスカル、新人公演:ジョアンナ(本役:玲実くれあ
  • 2013年5月、『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)-衣通姫(そとおりひめ)伝説より-』(バウホール)衣通姫 *バウヒロイン
  • 2013年7月~10月、『ルパン-ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!』マリ・テレーズ、新人公演:カーラ・ド・レルヌ(本役:愛希れいか) *新人公演ヒロイン
  • 2013年11月~12月、『THE MERRY WIDOW』(シアタードラマシティ・日本青年館)ハンナ・グラヴァリ *ヒロイン 
  • 2013年12月、『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)-衣通姫(そとおりひめ)伝説より-』(天王洲銀河劇場)衣通姫 *ヒロイン
  • 2014年1月、『New Wave!-月-』(バウホール)

雪組時代[編集]

雪組トップ娘役時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

コンサート[編集]

2017年10月24日~25日、『Concierto del Tango​ ─タンゴのすべて─』(めぐろパーシモンホール

2018年1月10日、『越路吹雪に捧ぐ〜トリビュートコンサート』(梅田芸術劇場メインホール)

2018年3月2日 、『I Love Musical〜precious time music〜』(ヤマハホール

2018年5月13日 、『咲妃みゆオーケストラコンサート “First Bloom”』(舞浜アンフィシアター

ショー[編集]

2017年12月24日 、『咲妃みゆ クリスマスディナーショー』(THE RITZ-CARLTON TOKYO 2F「Grand Ballroom」)

舞台[編集]

2018年6月14日、『ラヴ・レターズ』 (草月ホール

2018年8月5日~8月31日、 ミュージカル『ゴースト』 (シアタークリエ)モリー

2019年1月・2月 、『ラブ・ネバー・ダイ』  (日生劇場)メグ・ジリー

テレビドラマ[編集]

2018年1月17日~、帯ドラマ劇場越路吹雪物語』(テレビ朝日加治信子

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 元宝塚初!咲妃みゆ「ユニバーサルミュージック」入りへ 10月タンゴCD&ステージで本格始動2017年9月7日4時30分スポーツ報知
  2. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、85頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  3. ^ 宝塚雪組娘役トップお披露目公演 高鍋出身・咲妃さん”. 宮崎日日新聞. 2014年10月27日閲覧。
  4. ^ a b c d 阪急コミュニケーションズ『NEW GENERATION Ⅲ』2013年、53頁。ISBN 978-4-484-13514-4
  5. ^ a b c d e 「波瀾爆笑!?我が人生 咲妃みゆ」『宝塚GRAPH』2014年10月号、阪急コミュニケーションズ、2014年、78-81頁。
  6. ^ a b c d e 咲妃みゆ「お客さんに夢を与える娘役に」…「ロミオとジュリエット」”. 報知新聞社. 2012年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月13日閲覧。 (Internet Archive)
  7. ^ a b c d プレシャス!宝塚 神話の里から来たヒロイン/咲妃みゆ”. nikkansports.com. 2013年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]