美園さくら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みその さくら
美園 さくら
生年月日 6月17日
出生地 東京都江戸川区
身長 164cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2013年 -
活動内容 2013年:宝塚歌劇団入団
2014年月組配属
2018年:月組トップ娘役就任
公式サイト 美園さくら 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
『FALSTAFF』
『Arkadia-アルカディア-』
雨に唄えば
ON THE TOWN

美園 さくら(みその さくら、6月17日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。月組トップ娘役。

東京都江戸川区[1]大妻高等学校出身[1]。身長164cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「さくら」、「さくさく」[1]

来歴[編集]

2011年4月、宝塚音楽学校入学。

2013年3月、宝塚歌劇団に99期生として首席入団。雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台。

2014年阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される。同年2月、組廻りを経て月組に配属。

2015年、「1789-バスティーユの恋人たち-」で、新人公演初ヒロイン。

2016年、「FALSTAFF」(バウホール公演)で、バウ初ヒロイン。

2017年、「Arkadia-アルカディア-」(バウホール公演)で、2度目のバウヒロイン。

2018年2月、「カンパニー」で、2度目の新人公演ヒロイン。6月、「雨に唄えば」(赤坂ACTシアター)で、ヒロイン。8月、「エリザベート-愛と死の輪舞曲-」で、3度目の新人公演ヒロイン。

同年11月19日付で、珠城りょうの相手役として月組トップ娘役に就任[3]。「タカラヅカスペシャル2018」がトップ娘役としての初仕事となった。

2019年3月、『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/クルンテープ 天使の都』で大劇場お披露目[4]

人物[編集]

母が音楽に携わっていたため、常に音楽が流れている環境で育った[5]

宝塚初観劇は宙組公演「砂漠の黒薔薇GLORIOUS!!-栄光の瞬間-[2]

中学2年の時に雪組公演「エリザベート」を観て、宝塚受験を決意[5]

特技は数学[5]。学生時代は数学検定で2万人以上の参加者の中で1位になったこともある[6]

憧れの上級生は此花いの莉[2]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2013年4月~5月、雪組『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』(宝塚大劇場

組廻り[編集]

月組時代[編集]

  • 2014年3月~6月、『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』新人公演:ミーナ(本役:花陽みら)『TAKARAZUKA 花詩集100!!』新人公演:第18場/少女(本役:海乃美月
  • 2014年7月~8月、『THE KINGDOM』(日本青年館・シアタードラマシティ)イヴリン
  • 2014年9月~12月、『PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』新人公演:ケシの実(本役:晴音アキ)、マギー・メイ(本役:叶羽時
  • 2015年2月~3月、『風と共に去りぬ』(中日劇場
  • 2015年4月~7月、『1789-バスティーユの恋人たち-』新人公演:マリー・アントワネット(本役:愛希れいか*新人公演初ヒロイン
  • 2015年8月~9月、『A-EN(エイエン)ARI VERSION』(バウホール)サンドリーヌ  
  • 2015年11月~2016年2月、『舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ』水の精霊、新人公演:カロリーヌ・ド・ルロワ(本役:早乙女わかば
  • 2016年4月、第8回『マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ』
  • 2016年6月~9月、『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!』新人公演:まつ(本役:花陽みら)
  • 2016年10月、『FALSTAFF~ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ~』(バウホール)ジュリエット *バウ初ヒロイン
  • 2016年10月~11月、『Bow Singing Workshop~月~』(バウホール)
  • 2017年1月~3月、『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』電話交換手、新人公演:トッツィ(本役:咲希あかね
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲』(博多座)お吉、精霊流しの女 
  • 2017年7月~10月、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』マリー・アンヌ、新人公演:マリア・テレサ(本役:海乃美月)
  • 2017年12月、『Arkadia-アルカディア-』(バウホール)ダリア *バウヒロイン
  • 2018年2月、『カンパニー -努力、情熱、そして仲間たち-/BADDY-悪党は月からやって来る-』鈴木舞、新人公演:高崎美波(本役:愛希れいか)*新人公演ヒロイン
  • 2018年6月~7月、『雨に唄えば』キャシー・セルダン(赤坂ACTシアター)*ヒロイン
  • 2018年8月~11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』女官 *エトワール、新人公演:エリザベート(本役:愛希れいか)*新人公演ヒロイン

月組トップ娘役時代[編集]

  • 2019年1月、『ON THE TOWN』(東京国際フォーラム)アイヴィ・スミス *トップお披露目公演
  • 2019年3月~6月、『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/クルンテープ 天使の都』お通 *大劇場トップお披露目公演
  • 2019年7月~8月、『ON THE TOWN』(梅田芸術劇場)アイヴィ・スミス ※予定
  • 2019年10月~12月、『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』エマ・カーター ※予定

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー -モン・パリ誕生90周年-」
  • 2018年12月、「タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!」

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、64頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b c 『To The Future/宝塚GRAPH 2014年10月号』 阪急コミュニケーションズ、2014年、96頁。
  3. ^ 月組 次期トップ娘役について 宝塚歌劇公式
  4. ^ 宝塚月組新トップコンビ、宮本武蔵を描く「夢現無双」で大劇場お披露目”. ステージナタリー. 2019年4月17日閲覧。
  5. ^ a b c ウィズたからづか 2017年1月号 フェアリーインタビューより。
  6. ^ 月組新トップ娘役・美園さくら ひたむきな「気持ち」で自身の娘役像を確立2019年1月2日9時49分スポニチ

外部リンク[編集]