コンテンツにスキップ

麗泉里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

麗 泉里(うらら せんり、1月12日[1] - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役。

長野県東御市[1]市立東部中学校出身[1]。身長162cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「せんり」[1]

来歴[編集]

2010年、宝塚音楽学校入学。

2012年、宝塚歌劇団に98期生として入団[3]。入団時の成績は20番[3]宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台[3]

2013年、組まわりを経て月組に配属[3]

2024年7月7日、月城かなと海乃美月トップコンビ退団公演となる「Eternal Voice/Grande TAKARAZUKA 110!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団することが発表された[4]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

  • 2012年6 - 7月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス』(東京宝塚劇場
  • 2012年10 - 12月、雪組JIN-仁-』『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 外部出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2023年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2023年、50頁。ISBN 978-4-86649-223-0
  2. ^ 『ザ・タカラヅカⅥ 月組特集』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、70頁。ISBN 978-4-908135-41-5
  3. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 124.
  4. ^ a b 月組 退団者のお知らせ 宝塚歌劇公式ホームページ。
  5. ^ 月城かなと、海乃美月 東西対立時代の恋をコミカルに「フリューゲル」開幕 薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス。
  6. ^ 5年に1度の「演劇人祭」劇団新派、宝塚歌劇、坂東玉三郎らが祝賀芸能を披露 ステージナタリー。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]