天寿光希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天寿 光希(てんじゅ みつき、9月10日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役。

秋田県秋田市[1]聖霊女子短期大学附属高等学校出身[1]。身長167㎝[1]。愛称は「みっきぃ」[1]

来歴[編集]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2005年3月~5月、花組『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』(宝塚大劇場のみ)

星組配属後[編集]

  • 2006年1月、『ベルサイユのばらフェルゼンマリー・アントワネット編-』新人公演:小公子(本役:麻尋しゅん
  • 2006年5月、『Young Bloods!! -Twinkle Twincle Star-』(バウワークショップ)リトルチェリンカ
  • 2006年8月、『愛するには短すぎる』新人公演:ベル(本役:麻尋しゅん)/『ネオ・ダンディズム! -男の美学-』
  • 2006年12月、『ヘイズ・コード』(ドラマシティ・東京特別)ギルバート・グリーン
  • 2007年11月、『エル・アルコン-鷹-』ティリアン(少年)、新人公演:スコット(本役:麻尋しゅん)/『レビュー・オルキス』
  • 2008年6月、『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』新人公演:アンドリュー・フォークス(本役:涼紫央
  • 2008年11月、『ブエノスアイレスの風』(東京特別・バウ)警察署長
  • 2009年2月、『My dear New Orleans -愛する我が街-』ジョイ(少年)、新人公演:アルバート・ジョーダン(本役:涼紫央)/『ア ビヤント』
  • 2009年6月、『太王四神記 Ver.II -新たなる王の旅立ち-』新人公演:プルキル大長老(本役:涼紫央)
  • 2009年10月、『再会』ジャン・タムジー/『ソウル・オブ・シバ!!』(全国ツアー)
  • 2010年1月、『ハプスブルクの宝剣』アブラハム、新人公演:ラビ・ダウィド・フレンケル(本役:鶴美舞夕)/『BOLERO』
  • 2010年5月、『リラの壁の囚人たち』(バウ・東京特別)ピエール
  • 2010年7月、『ロミオとジュリエット』(梅田芸術劇場・博多座)パリス
  • 2010年10月、『宝塚花の踊り絵巻』/『愛と青春の旅だち』新人公演:シド(本役:紅ゆずる
  • 2011年2月、『愛するには短すぎる』ビリー/『ル・ポアゾン -愛の媚薬II-』(中日)[2]
  • 2011年4月、『ノバ・ボサ・ノバ』新人公演:シスター・マーマ(本役:英真なおき)/『めぐり会いは再び -My only shinin’star-』ユリウス
  • 2011年8月、『ランスロット』(バウ)アーサー
  • 2011年9月、専科おかしな二人』(バウ)ロイ
  • 2011年11月、『オーシャンズ11』ターク・モロイ、新人公演:テリー・ベネディクト(本役:紅ゆずる)
  • 2012年3月、『天使のはしご』(東京特別・バウ)コリンズ 
  • 2012年5月、『ダンサ セレナータ』カレル/『Cerebrity』
  • 2012年9月、『琥珀色の雨にぬれて』アルベール/『Celebrity』(全国ツアー)
  • 2012年11月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』/『めぐり会いは再び 2nd 〜Star Bride〜』 ユリウス/『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』
  • 2013年3月、『南太平洋』(シアタードラマシティ・東京特別)ジェームス・ヘイズ、ボブ・マッカーフリーの二役
  • 2013年5月、『ロミオとジュリエット』パリス/マーキューシオ(役替わり) 
  • 2013年10月、『日のあたる方へ ―私という名の他者― 〜スティーヴンソン作「ジキル博士とハイド氏の奇妙な事件」より〜』(シアタードラマシティ・東京特別)ブルーノ
  • 2014年1月~3月、『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-ナポレオンⅡ世
  • 2014年5月~6月、『かもめ』(バウホール)トリゴーリン
  • 2014年7月~10月、『The Lost Glory-美しき幻影-/パッショネイト宝塚!』レイモンド・ウォーカー
  • 2014年11月~12月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ベル・ワットリング
  • 2015年2月~5月、『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-』マルコス・ファビオ
  • 2015年6月~7月、『大海賊-復讐のカリブ海-Amour それは…』(全国ツアー)ドクター
  • 2015年8月~11月、『ガイズ&ドールズ』アーヴァイド・アバーナシー
  • 2016年3月~6月、『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!』イワン
  • 2016年8月~11月、『桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-ロマンス!!(Romance)』篠原国幹 
  • 2017年1月、『燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-』(バウホール)黒田官兵衛
  • 2017年3月~6月、『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』アンドリュー・フォークス 
  • 2017年7月~8月、『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』(梅田芸術劇場)ラージェシュ・カプール
  • 2017年9月~12月、『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』ヴィクトール・ライマン
  • 2018年2月、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/TBS赤坂ACTシアター『ドクトル・ジバゴ』
  • 2018年4月 - 7月、『ANOTHER WORLD/Killer Rouge(キラー ルージュ)』杢兵衛[もくべえ] ※予定

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、102頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ 怪我により2/12から千秋楽まで全日程休演。代役は大輝真琴が務めた。

外部リンク[編集]