美風舞良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みかぜ まいら
美風 舞良
生年月日 10月11日
出身地 日本の旗 日本 大阪府摂津市
身長 158cm
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台
活動期間 1996年 -
活動内容 1996年:宝塚歌劇団入団、花組配属
1998年:宙組へ異動
2014年:宙組副組長就任
2021年:花組へ異動、花組副組長就任
2022年:花組組長就任
所属劇団 宝塚歌劇団
公式サイト 美風舞良 公式プロフィール
テンプレートを表示

美風 舞良(みかぜ まいら、10月11日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。花組組長[1]

大阪府摂津市[1]府立吹田東高等学校出身[1]。身長158cm[1]。愛称は「あおい」、「まいら」[1]

来歴[編集]

1994年、宝塚音楽学校入学。

1996年、宝塚歌劇団に82期生として入団[2]。入団時の成績は14番[2]月組公演「CAN-CANマンハッタン不夜城」で初舞台[2]。その後、花組に配属[2]

1998年1月1日付で、宙組創設に伴う発足メンバーとして宙組へ組替え[3]

2014年7月28日付で宙組副組長に就任[4]

2021年5月11日付で花組へと組替えし、7月5日付で花組副組長に就任[5]

2022年2月7日付で花組組長に就任[6]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

宙組時代[編集]

花組時代[編集]

  • 2021年8 - 9月、『銀ちゃんの恋』(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ) - 秘書(中山)/村の女(歌手)
  • 2021年11 - 2022年2月、『元禄バロックロック』 - ケイショウイン『The Fascination(ザ ファシネイション)!』
  • 2022年3 - 4月、『冬霞(ふゆがすみ)の巴里』(ドラマシティ・東京建物 Brillia HALL) - サラ・ルナール
  • 2022年6 - 9月、『巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜』 - ル・ヴァイエ侯爵夫人『Fashionable Empire』
  • 2022年10 - 11月、『殉情(じゅんじょう)』(バウホール) - しげ
  • 2023年1 - 3月、『うたかたの恋』 - ジェシカ『ENCHANTEMENT(アンシャントマン)-華麗なる香水(パルファン)-』

出演イベント[編集]

  • 1997年9 - 10月、香寿たつきディナーショー『Kojuの森』
  • 1997年12月、『レビュー・スペシャル'97』
  • 1998年9月、朝海ひかるエスプリコンサート『Monochrome Venus』
  • 1998年10月、第39回『宝塚舞踊会』
  • 1998年12月、『レビュー・スペシャル'98』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』(コーラス)
  • 2000年12月、『アデューTAKARAZUKA1000days劇場サヨナライベント』
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001』前夜祭
  • 2001年9月、『ベルサイユのばら メモランダム』
  • 2001年10月、第42回『宝塚舞踊会』
  • 2002年1月、『宙組エンカレッジ・コンサート
  • 2003年4月、和央ようかディナーショー『So in Love』[7]
  • 2003年11 - 12月、初風緑コンサート『Carmine-カーマイン-』[8]
  • 2006年9月、『宙組エンカレッジ・コンサート』[9]
  • 2012年2月、第22回『イゾラベッラ サロンコンサート』 主演
  • 2012年5月、大空祐飛ディナーショー『YUHizm』[10]
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』(コーラス)
  • 2014年8 - 9月、凰稀かなめディナーショー『Metamorphose-メタモルフォーゼ-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2020年2月、轟悠ディナーショー『Yū, Sparkling Days』[11]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、17頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 108.
  3. ^ 『1997年宝塚 Stage Album』 宝塚歌劇団、1998年、61頁。
  4. ^ 『2014年 宝塚Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、80頁。ISBN 978-4-908135-34-7
  5. ^ 宝塚歌劇団の冴月瑠那が7月4日付で退団 美風舞良が花組へ組替え 瀬戸かずやも退団 スポニチAnnex。
  6. ^ 3週間休演から再開の花組 柚香光がファンに紡いだ感謝の言葉「復活の支えこそがお客様の存在」 スポーツ報知。
  7. ^ 和央ようかディナーショー「So in Love」('03年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  8. ^ 初風緑コンサート「Carmine-カーマイン-」('03年・日本青年館) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  9. ^ 宙組「エンカレッジ コンサート」('06年宙組・バウ・千秋楽) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  10. ^ 大空祐飛ディナーショー「YUHizm」('12年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  11. ^ 轟悠 1Day Special LIVE「Yu, Sparkling Days」('20年) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  12. ^ 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]