美風舞良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美風 舞良(みかぜ まいら、10月11日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。次期花組副組長[1][2]

大阪府摂津市[1]府立吹田東高等学校出身[1]。身長158cm[1]。愛称は「あおい」、「まいら」[1]

来歴[編集]

1994年、宝塚音楽学校入学。

1996年、宝塚歌劇団に82期生として入団。入団時の成績は14番[3]月組公演「CAN-CANマンハッタン不夜城」で初舞台[1]。その後、花組に配属。

1998年1月1日付で、宙組創設に伴う発足メンバーとして宙組に組替え。

2014年7月28日付で宙組副組長に就任。

2021年5月11日付で花組へと組替え[2][1]。同年7月5日付で花組副組長に就任することが発表された[2][1]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

宙組時代[編集]

花組時代[編集]

  • 2021年8 - 9月、『銀ちゃんの恋』(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ) 予定

出演イベント[編集]

  • 1997年9 - 10月、香寿たつきディナーショー『Kojuの森』
  • 1997年12月、レビュースペシャル'97『クリスマス・イヴ・イン・タカラヅカ』
  • 1998年9月、朝海ひかるエスプリコンサート『Monochrome Venus』
  • 1998年10月、第三十九回『宝塚舞踊会』
  • 1998年12月、『レビュースペシャル'98』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』(コーラス)
  • 2000年12月、『アデューTAKARAZUKA1000days劇場サヨナライベント』
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001』前夜祭
  • 2001年9月、『ベルサイユのばら メモランダム』
  • 2001年10月、第四十二回『宝塚舞踊会』
  • 2002年1月、『宙組エンカレッジ・コンサート
  • 2003年4月、和央ようかディナーショー『So in Love』
  • 2003年11 - 12月、初風緑コンサート『Carmine-カーマイン-』
  • 2006年9月、『宙組 エンカレッジ・コンサート』
  • 2012年2月、第22回『イゾラベッラ サロンコンサート』 主演
  • 2012年5月、大空祐飛ディナーショー『YUHizm』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』(コーラス)
  • 2014年8 - 9月、凰稀かなめディナーショー『Metamorphose-メタモルフォーゼ-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2020年2月、轟悠ディナーショー『Yū, Sparkling Days』

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、135頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b c 宝塚歌劇団の冴月瑠那が7月4日付で退団 美風舞良が花組へ組替え 瀬戸かずやも退団 スポニチAnnex。
  3. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P108、ISBN-9784484146010。

外部リンク[編集]