タカラジェンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タカラジェンヌは、宝塚歌劇団の団員に対する愛称である。

宝塚と「パリジェンヌフランス語: Parisienne[1]」を合成した言葉であり、おしゃれな団員をパリジェンヌのイメージに連想したものである(和製の合成語であって、フランス語としては正しくない)。

単に「ジェンヌ」と略されるときもある。ファンが団員を指すときには「ジェンヌさん」などのように呼ぶ。

語誌[編集]

小林一三は宝塚音楽学校の生徒が「ヅカガール」をはじめとする様々な名称で呼ばれることを嫌い、タカラジェンヌと呼ぶことを発案した。最初にこの言葉が公式に登場したのは、1937年の「たからじぇんぬ」(白井鐵造作)においてである。以来タカラジェンヌをモチーフにしたショーや楽曲が多数制作されている。

しかし、宝塚歌劇団および運営する阪急電鉄の外部ではタカラジェンヌの愛称はなかなか普及しなかった。『大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録』・宝塚歌劇団の項によると、1970年代前半まで週刊誌月刊誌などの見出しはヅカガールがまだ一般的であった。タカラジェンヌの呼称が一般雑誌などで普通に使われるようになるのは『ベルサイユのばら』大ヒットを経た1970年代後半以降のことである。

脚注[編集]

  1. ^ フランス語では、地名に接尾辞「ィエンヌ (-ienne)」をつけると「(その地の)女性」という意味になる(男性の場合は「ィアン (-ien)」をつける)。Paris+ienneで「パリの女性」の意味になる(発音は「パリジェンヌ」よりも「パリジエンヌ」に近い)。この場合、「おしゃれな」というようなニュアンスは特にない。アルルの場合は、Arles+ienneでArlésienne「アルレジエンヌ」(アルルの女)となる。「ジェンヌ」が「女性」を表すということではなくて、たまたまPrisやArlesの場合に最後の子音のsとienneが結合して「ジ」の音が出てくるだけで、前述のように「女性」を表すのは「ィエンヌ」である。したがって、本来は「タカラヅキエンヌ」とするのが正しいフランス語の発音に忠実な表記である。

関連項目[編集]