舞空瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まいそら ひとみ
舞空 瞳
別名義 舞空 美瞳(旧芸名)
生年月日 8月27日
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
身長 164cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2016年 -
活動内容 2016年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2019年:星組へ異動、星組トップ娘役就任
所属劇団 宝塚歌劇団
公式サイト 舞空瞳 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
『ハンナのお花屋さん』
ロミオとジュリエット
バレンシアの熱い花
1789-バスティーユの恋人たち-
テンプレートを表示

舞空 瞳(まいそら ひとみ、8月27日[1][2] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。星組トップ娘役[2]

神奈川県横浜市[1][2]北鎌倉女子学園中学校出身[1][3]。身長164cm[1]。血液型A型[4]。愛称は「ひっとん」、「なこ」[1][3]

来歴[編集]

2014年、宝塚音楽学校入学。音楽学校卒業時には小林一三賞を受賞[5]

2016年、宝塚歌劇団に102期生として首席入団[6][7]。星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で舞空 美瞳(まいそら みみ)として初舞台[2]。同年4月26日付で舞空 瞳へと改名し、花組に配属[8][2]

2017年の阪急阪神初詣ポスターモデルに起用される[9]。同年の「ハンナのお花屋さん」(TBS赤坂ACTシアター公演)で、タイトルロールとなるハンナ役に抜擢[10][2]

2018年の「ポーの一族」新人公演で、主要キャストとなる主人公の妹メリーベル役(本役:華優希)を演じる[6][7]。同年の「MESSIAH」で新人公演初ヒロイン[11][7]。続く「メランコリック・ジゴロ」で全国ツアー公演初ヒロイン[11][2]

2019年4月29日付で星組へと組替え[11][12]。同年、紅ゆずる綺咲愛里トップコンビ退団公演となる「GOD OF STARS」で、2度目の新人公演ヒロイン[13][14]。併演ショー「エクレール ブリアン」で初のエトワール[7]。同年10月14日付で星組トップ娘役に就任[10][13]礼真琴の相手役として、「ロックオペラ モーツァルト」(梅田芸術劇場東京建物 Brillia HALL公演)でトップコンビお披露目[7]。礼とは共に首席入団のトップコンビとなった[7][2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

星組時代[編集]

  • 2019年7 - 10月、『GOD OF STARS -食聖-』 - クリスティーナ・チャン、新人公演:アイリーン・チョウ(本役:綺咲愛里)『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』 新人公演ヒロイン[13][14]初エトワール[7]

星組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年5月、鳳月杏ディナーショー『NEXT ONE』
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』[7]
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』
  • 2024年5月、舞空瞳ミュージック・サロン 主演

広告[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2023年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2023年、115頁。ISBN 978-4-86649-223-0
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 令和初のプリンセス、舞空瞳がプレお披露目公演でロックにポップに躍動!”. スポーツ報知. 2019年12月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e <華宝塚>きちんと心を届けたい 舞空瞳(星組) 東京新聞。
  4. ^ 『ザ・タカラヅカVII 花組特集』宝塚クリエイティブアーツ、2018年9月14日、71頁。ISBN 978-4-86649-056-4 
  5. ^ 宝塚音楽学校102期生卒業”. スポーツ報知. 2016年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e 首席入団の歴女「1人でも輝けるように」/舞空瞳 - 宝塚 ~ 朗らかに - 芸能コラム : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年11月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 星組新トップ娘役「まっすぐ、ついていく」/舞空瞳”. 日刊スポーツ. 2019年11月14日閲覧。
  8. ^ 『2016年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、77頁。ISBN 978-4-86649-005-2
  9. ^ a b 50年のあゆみ - 年の初めを飾るTOKK年始号 表紙特集”. 阪急阪神マーケティングソリューションズ. 2022年3月25日閲覧。
  10. ^ a b c d e 次期星組トップスターに礼真琴、トップ娘役に舞空瞳 - 芸能 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年11月18日閲覧。
  11. ^ a b c d e 宝塚星組トップスターに礼真琴、娘役に舞空瞳が決定 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年11月18日閲覧。
  12. ^ a b 『2019年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、89頁。ISBN 978-4-86649-126-4
  13. ^ a b c 星組の天飛華音が初主演「いっぱいハッピーに」 - 芸能 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年11月18日閲覧。
  14. ^ a b 新人公演初主演の星組・天飛華音が感涙「いっぱいハッピーでした」”. スポーツ報知 (2019年7月30日). 2023年11月18日閲覧。
  15. ^ a b c 【オリックス】宝塚歌劇団星組トップ娘役 舞空瞳さん起用”. オリックス株式会社. 2019年11月25日閲覧。
  16. ^ a b 凪七瑠海のバウホール公演決定、月組トップコンビの退団日・今後のスケジュールも明らかに ステージナタリー。
  17. ^ 宝塚星組8か月半ぶりの関西公演開幕!礼真琴が「エル・アルコン」で重低音ボイス響かせる スポーツ報知。
  18. ^ 礼真琴の“今”に迫るショー「VERDAD!!」、愛月ひかる主演のミュージカル「マノン」 ステージナタリー。
  19. ^ 宝塚星組、礼真琴&舞空瞳主演で「柳生忍法帖」と「モアー・ダンディズム!」 ステージナタリー。
  20. ^ 礼真琴&舞空瞳主演「王家に捧ぐ歌」、瀬央ゆりあ主演「ザ・ジェントル・ライアー」 ステージナタリー。
  21. ^ 宝塚歌劇星組「めぐり会いは再び」第3弾開幕「礼真琴とルーチェの10年間をリンクさせて」 スポーツ報知。
  22. ^ 宝塚星組の3年ぶり全国ツアー開幕!組替えの暁千星お披露目に礼真琴「ありちゃんのパワーももらって」 スポーツ報知。
  23. ^ 星組生・暁千星が大劇場でお披露目!トップスター・礼真琴「先陣を切って踊ってくれる姿は頼もしい」 スポーツ報知。
  24. ^ 宝塚 専科・凪七瑠海主演 全国ツアー初日「宝塚は伝統芸能。受け継でいかないと」 デイリースポーツ。
  25. ^ 宝塚歌劇で8年ぶり再演「1789」開幕 星組トップ・礼真琴「もがいて悩みながら…」 スポーツ報知。
  26. ^ 【宝塚】傑作コメディー「ME AND MY GIRL」開幕 水美舞斗と星組・暁千星が主演役代わり 日刊スポーツ。
  27. ^ 宝塚歌劇星組トップ・礼真琴「RRR」開幕 キレッキレのダンス「ナートゥ」で復活アピール スポーツ報知。
  28. ^ 宝塚歌劇団星組で三谷幸喜の映画「記憶にございません!」舞台化 ステージナタリー。
  29. ^ 『2021年 宝塚Stage Album』宝塚クリエイティブアーツ、2022年4月22日、85頁。ISBN 978-4-86649-190-5 
  30. ^ 『宝塚GRAPH 2023年10月号/宝塚通信』 宝塚クリエイティブアーツ、2023年、86頁。

外部リンク[編集]