舞空瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まいそら ひとみ
舞空 瞳
生年月日 8月27日
出生地 神奈川県横浜市
身長 164cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2016年 -
活動内容 2016年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2019年:星組へ異動
公式サイト 舞空瞳 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
『ハンナのお花屋さん』
メランコリック・ジゴロ
テンプレートを表示

舞空 瞳(まいそら ひとみ、8月27日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。次期星組トップ娘役[2][3]

神奈川県横浜市[1]北鎌倉女子学園中学校出身[1]。身長164cm[1]。血液型A型[4]。愛称は「ひっとん」[1]

来歴[編集]

2014年4月、宝塚音楽学校入学。音楽学校卒業時には小林一三賞を受賞[5]

2016年3月、宝塚歌劇団に102期生として首席入団[6]。星組公演「こうもり/THE ENTERTANER!」で初舞台。その後、花組に配属。入団当初の芸名は「舞空 美瞳」(まいそら・みみ)であったが、4月26日付で「舞空 瞳」へと変更する[7]

2017年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[8]。同年、入団2年目で、「ハンナのお花屋さん」(赤坂ACTシアター公演)で、タイトルロールのハンナ役に抜擢[2]

2018年、「ポーの一族」新人公演で、主要キャストとなる主人公の妹メリーベル(本役:華優希)を演じる[6]。同年、「MESSIAH」で新人公演初ヒロイン[2][6]。続く全国ツアー公演「メランコリック・ジゴロ」で、ヒロインのフェリシアを演じ、ショー「EXCITER!!2018」では華優希とWヒロインを務める[9][10]

2019年4月29日付で星組へ組替え[9]。同年、紅ゆずる綺咲愛里トップコンビ退団公演となる「GOD OF STARS-食聖-/Écailr Brillant」より星組生デビューを果たし、2度目の新人公演ヒロイン[11][12]。ショーでは初のエトワールに抜擢。同年10月14日付で、礼真琴の相手役として星組トップ娘役に就任し[2]、「ロックオペラ モーツァルト」(梅田芸術劇場・東京建物Brillia HALL公演)で、プレトップコンビお披露目[13]予定。

2020年、「眩耀の谷〜舞い降りた新星〜/Ray -星の光線-」で大劇場トップコンビお披露目予定。

人物[編集]

小さな頃からダンスを習っていた[14]

小学生の時に宙組公演「黎明の風/Passion 愛の旅」を観劇[14]。それがきっかけで、自分もキラキラした舞台の上からパワーを発信したいと思い、宝塚を目指すようになる[14]

憧れの上級生は桜一花[15]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2016年3〜4月、星組『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…』『THE ENTERTANER!』(宝塚大劇場のみ)

花組時代[編集]

  • 2016年11〜2017年2月、『雪華抄(せっかしょう)』『金色(こんじき)の砂漠』ビルマーヤ(回想)
  • 2017年6〜8月、『邪馬台国の風』新人公演:イサカ(本役:城妃美伶)『Santé!!〜最高級ワインをあなたに〜』
  • 2017年10月、『ハンナのお花屋さん-Hanna's Florist』(TBS赤坂ACTシアター)ハンナ
  • 2018年1〜3月、『ポーの一族』ホテルのメイド、新人公演:メリーベル(本役:華優希
  • 2018年5月、『Senhor CRUZEIRO(セニョールクルゼイロ)!-南十字に愛された男-』(バウホール)バルバラ
  • 2018年7〜10月、『MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-』萬、新人公演:流雨(本役:仙名彩世)『BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-』 *新人公演初ヒロイン
  • 2018年11〜12月、『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-』フェリシア『EXCITER!!2018』(全国ツアー) *全国ツアー初ヒロイン
  • 2019年2〜4月、『CASANOVA』マノン・バレッチ、新人公演:コンデュルメル夫人(本役:鳳月杏

星組時代[編集]

  • 2019年7〜10月、『GOD OF STARS−食聖−』クリスティーナ・チャン、新人公演:アイリーン・チョウ(本役:綺咲愛里)『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』 *新人公演ヒロイン、初エトワール

出演イベント[編集]

  • 2018年12月、「タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!」
  • 2019年5月、鳳月杏ディナーショー「NEXT ONE」
  • 2019年10月、第55回「宝塚舞踊会」※予定
  • 2019年12月、「タカラヅカスペシャル2019‐Beautiful Harmony‐」※予定

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、38頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d 次期星組トップスターに礼真琴、トップ娘役に舞空瞳日刊スポーツ
  3. ^ 星組 次期トップスター、トップ娘役について 宝塚歌劇団公式サイト
  4. ^ 『ザ・タカラヅカⅦ 花組特集』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、71頁。
  5. ^ 宝塚音楽学校102期生卒業”. スポーツ報知. 2016年3月1日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ a b c 首席入団の歴女「1人でも輝けるように」/舞空瞳日刊スポーツ
  7. ^ 初舞台特集|星組公演『こうもり』『THE ENTERTANER!』|宝塚歌劇公式ホームページ”. 宝塚歌劇団. 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月16日閲覧。
  8. ^ 2017 Takarasienne Interview 花組 舞空瞳さん(阪急沿線情報サイトwebTOKKホームページより)
  9. ^ a b 宝塚星組トップスターに礼真琴、娘役に舞空瞳が決定スポニチ
  10. ^ 花組公演「メランコリック・ジゴロ/EXCITER!!2018」公演ポスター宝塚歌劇団公式サイトより
  11. ^ 星組の天飛華音が初主演「いっぱいハッピーに」(日刊スポーツ、2019年7月30日)
  12. ^ 新人公演初主演の星組・天飛華音が感涙「いっぱいハッピーでした」(スポーツ報知、2019年7月30日)
  13. ^ 星組次期トップコンビは礼真琴&舞空瞳「ロックオペラ モーツァルト」でお披露目”. ステージナタリー. 2019年4月25日閲覧。
  14. ^ a b c 『初舞台生座談会/歌劇2016年5月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、101頁。
  15. ^ 『短波長波/歌劇2017年6月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、65頁。

外部リンク[編集]