美弥るりか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美弥 るりか(みや るりか、9月12日[1] - )は、日本アーティスト。元宝塚歌劇団月組2番手スター[1]

茨城県古河市[2]桜丘女子高等学校出身[2]。身長168cm[2]。血液型O型[1]。愛称は「るりか」、「るり」、「みやちゃん」[2]

来歴[編集]

2001年4月、宝塚音楽学校入学。

2003年3月、宝塚歌劇団に89期生として入団[1]。入団時の成績は4番。月組公演「花の宝塚風土記シニョール・ドン・ファン」で初舞台[2]。その後、星組に配属[1][3]

2008年、入団6年目に出演した「アンナ・カレーニナ」(バウホール公演)で、ヒロインの夫・カレーニン役に抜擢を受ける[3]

2010年、「ハプスブルクの宝剣」で新人公演初主演[1][3][4]。入団7年目となる最後のチャンスで初主演を務める[4]

2012年4月1日付で、月組へ組替え[1][3]

2014年、「THE KINGDOM」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、同期の凪七瑠海と東上公演ダブル主演[1][3]

2016年、5期下の珠城りょうが入団9年目で月組トップスターにスピード就任したのに伴い、新生月組の2番手に昇格[5][6]

2017年、「瑠璃色の刻」(ドラマシティ・赤坂ACTシアター公演)で、東上公演単独初主演[1][7]

2019年、星組時代にも出演した「アンナ・カレーニナ」の再演で、バウホール公演初主演[1][3]。自身の転機ともなった作品で、今度は主役ヴィロンスキーを演じる[8]。 同年6月9日、珠城りょう・美園さくらトップコンビ大劇場お披露目となる「夢現無双/クルンテープ」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[1][5][6]。退団公演では2番手としては異例のサヨナラショーが行われた[6]

人物[編集]

幼少期は神奈川県藤沢市で過ごし、3歳のときに父親の出身地である茨城県古河市に引っ越す[9][10]。4歳上の姉がいる[9]

4歳からピアノを習い始めるが、じっとしていることが苦手だった[9]。活発で落ち着きがなかったので、母から体を動かす習い事を勧められ、6歳からジャズダンスを習い始めた[9]。学校では学級委員や生徒会の役員を進んでやったり、教師に頼んでラクロス部を発足させるなど積極的な子どもだった[11]

小学3年生のときに、テレビで放送されていた月組公演「川霧の橋ル・ポアゾン 愛の媚薬」を観て、ショーの涼風真世の妖艶さに魅了され、宝塚の男役になりたいと思うようになった[9][10]。初めて観劇したのは月組大劇場公演「PUCK/メモリーズ・オブ・ユー」で、涼風のファンとなり、東京宝塚劇場で観劇する際は楽屋の入り出待ちをしていた[9]

小学4年生から、宝塚を目指すためにクラシックバレエを習い始める[9]。6年生から群馬県太田市にあるバレエ教室に通い始め、バレエに熱中する[9][10]。中学1年生のときに初めて出場したバレエのコンクールで「ドン・キホーテ」のキトリを踊り入賞した[12]。夏休みに短期でフランスにバレエ留学したことがある[9]

東京都内の高校に進学し、高校1年生のときに、バレエに熱中して以来しばらく遠ざかっていた宝塚の雪組公演「再会ノバ・ボサ・ノバ」をTAKARAZUKA1000days劇場で観劇し、改めて宝塚に入りたいと思うようになる[9]。それまで通っていた群馬県のバレエ教室を辞め、宝塚受験スクールに通い始める[9]

高校1年生の終わりに音楽学校を受験した[9]。自分では不合格だと思っていたので、合格発表のときはテレビカメラに映らないように顔をマスクで隠し、周囲のほとぼりが冷めた頃に結果を見に行ったところ、合格していたという[11][9]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2003年4〜5月、月組『花の宝塚風土記-春の踊り-』『シニョール ドン・ファン』(宝塚大劇場のみ)

星組時代[編集]

  • 2005年3月、『それでも船は行く』(バウホール)事務長クーパー
  • 2005年5〜8月、『長崎しぐれ坂』新人公演:石浜(本役:綺華れい)/『ソウル・オブ・シバ!!』
  • 2005年9〜10月、『龍星』(シアタードラマシティ・日本青年館)金国の少年
  • 2006年1〜4月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』新人公演:アラン(本役:柚希礼音
  • 2006年5月、『Young Bloods!! -Twinkle Twinkle STAR-』(バウホール)ルーカ
  • 2006年8〜11月、『愛するには短すぎる』新人公演:ビリー(本役:綺華れい)/『ネオ・ダンディズム! -男の美学-
  • 2006年12〜2007年1月、『ヘイズ・コード』(シアタードラマシティ・日本青年館)キッド・ディボス
  • 2007年3〜7月、『さくら -妖しいまでに美しいおまえ-』新人公演:クリス(本役・綺華れい)/『シークレット・ハンター -この世で、俺に盗めぬものはない-』
  • 2007年8月、『シークレット・ハンター -この世で、俺に盗めぬものはない-』/『ネオ・ダンディズム!II -男の美学-』(博多座
  • 2007年11〜2008年2月、『エル・アルコン-鷹-』副官、新人公演:マスターズ(本役:彩海早矢)/『レビュー・オルキス―蘭の星―』
  • 2008年4月、『Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)』(バウホール)アレクセイ・カレーニン
  • 2008年6〜10月、『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演:アントニー・デュハースト(本役:立樹遥
  • 2008年11月、『ブエノスアイレスの風』(日本青年館・バウホール)車のブローカー
  • 2009年2〜4月、『My dear New Orleans -愛する我が街-』ピート、新人公演:レオナード・デュアン(本役:柚希礼音)/『ア ビヤント』
  • 2009年6〜9月、『太王四神記 ver.II -新たなる王の旅立ち-』スジニ、新人公演:カクダン(本役:蒼乃夕妃
  • 2009年10〜11月、『コインブラ物語』(シアタードラマシティ・日本青年館)フェルナンド
  • 2010年1〜3月、『ハプスブルクの宝剣-魂に宿る光-』アムシェル・モシェ、新人公演:エリヤーフー・ロートシルト、エドゥアルト・フォン・オーソヴィル(本役:柚希礼音)/『BOLERO-ある愛-』 新人公演初主演[1][3][4]
  • 2010年5月、『リラの壁の囚人たち』(バウホール・日本青年館)ギュンター・ハイマン
  • 2010年8月、『摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)-君に歌う愛-』(バウホール)アイス・クレマン、エディー・スタンレー(壱城あずさと役替わり)
  • 2010年10〜12月、『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-』/『愛と青春の旅だち』イーサン
  • 2011年1〜2月、『メイちゃんの執事 -私の命に代えてお守りします-』柴田剣人
  • 2011年4〜7月、『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』ボールソ『めぐり会いは再び-My only shinin' star-』アジス  
  • 2011年8〜9月、『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』ボールソ、マール(壱城あずさと役替わり)『めぐり会いは再び-My only shinin' star-』(博多座・中日劇場)アジス[13]
  • 2011年9月、涼紫央ディナーショー『0〜Love〜』
  • 2011年11〜2012年2月、『オーシャンズ11』リヴィングストン・デル
  • 2012年3月、『天使のはしご』(日本青年館・バウホール)ビングリー

月組時代[編集]

  • 2012年6〜9月、『ロミオとジュリエット』マーキューシオ
  • 2012年10〜11月、『愛するには短すぎる』アンソニー・ランドルフ/『Heat on Beat!』 (全国ツアー)
  • 2013年1〜3月、『ベルサイユのばら -オスカルとアンドレ編-』ベルナール、ジェローデル(蘭寿とむ壮一帆の特別出演期間のみ)
  • 2013年5月、『ME AND MY GIRL』(梅田芸術劇場)ジャクリーン・カーストン(ジャッキー)、ジェラルド・ボリングボーク(凪七瑠海と役替わり)
  • 2013年7〜10月、『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』ヘアフォール伯爵/『Fantastic Energy!』
  • 2013年11〜12月、『JIN-仁-』橘恭太郎/『Fantastic Energy!』(全国ツアー)
  • 2014年1月、『New Wave! -月-』(バウホール) メインキャスト
  • 2014年3〜6月、『宝塚をどり』/『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』ルーカス/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
  • 2014年7〜8月、『THE KINGDOM』(シアタードラマシティ・日本青年館)ヘアフォール伯爵 東上W主演[1][3]
  • 2014年9〜12月、『PUCK』ダニエル(ダニー)/ 『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
  • 2015年2〜3月、『風と共に去りぬ』(中日劇場)ベル・ワットリング
  • 2015年4〜7月、『1789 -バスティーユの恋人たち-シャルル・アルトワ
  • 2015年9月、『DRAGON NIGHT!!』(シアタードラマシティ・文京シビックホール)
  • 2015年11〜2016年2月、『舞音-MANON-』もう一人のシャルル・ド・デュラン/ 『GOLDEN JAZZ』
  • 2016年1月、紅ゆずるディナーショー『STELLA ROSSA〜フリーダムにランダムに〜』(宝塚ホテル・第一ホテル東京)特別出演(宝塚公演はビデオ出演のみ)
  • 2016年3〜4月、『Voice』(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)ルリ
  • 2016年6〜9月、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-羽柴秀吉/『Forever LOVE!!』
  • 2016年10〜11月、『アーサー王伝説』(文京シビックホール」・シアタードラマシティ)モーガン
  • 2017年1〜3月、『グランドホテル』/『カルーセル輪舞曲(ロンド)』オットー・クリンゲライン
  • 2017年4〜5月、『瑠璃色の刻』(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター)シモン[サン・ジェルマン伯爵東上主演[1][7]
  • 2017年7〜10月、『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』アラミス
  • 2017年10月、美弥るりかディナーショー『Razzle』(宝塚ホテル・第一ホテル東京)
  • 2018年2〜5月、『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』高野悠/『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』スイートハート
  • 2018年6月、『雨に唄えば』(TBS赤坂ACTシアター)コズモ・ブラウン
  • 2018年8〜11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-フランツ・ヨーゼフ[14]
  • 2019年1月、『Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)』(バウホール)アレクセイ・ヴィロンスキー伯爵 バウ初主演[1][3]
  • 2019年4月、美弥るりかディナーショー『Flame of Love』(宝塚ホテル・第一ホテル東京)
  • 2019年3〜6月、『夢現無双-吉川英治原作「宮本武蔵」より-』佐々木小次郎/『クルンテープ 天使の都』 退団公演[1][5][6]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

ライブ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 美弥るりかプロフィール美弥るりかオフィシャルウェブサイト
  2. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、46頁。ISBN978-4-86649-089-2。
  3. ^ a b c d e f g h i 役柄に共感 私も主人公も暴走機関車/美弥るりか日刊スポーツ
  4. ^ a b c 7年間の思いぶつける!!/美弥るりかプレシャス!宝塚
  5. ^ a b c 男役17年、感謝の思い胸に有終の美/美弥るりか日刊スポーツ
  6. ^ a b c d 宝塚2番手では異例 月組・美弥るりか サヨナラショーで涙「宝塚に恋してきました」デイリースポーツ
  7. ^ a b 宝塚歌劇のフランス大革命もの上演史に、新たに刻まれた美弥るりかの単独初主演作 ミュージカル『瑠璃色の刻』宝塚ジャーナル
  8. ^ 美弥るりか「アンナ・カレーニナ」主役の青年将校演じる月組スター 生きる喜び、鎧脱ぎ全身で毎日新聞
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 「波瀾爆笑!?我が人生 美弥るりか」『宝塚GRAPH』2011年4月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、94-96頁。
  10. ^ a b c 広報「古河」No.68(2011年5月1日号)”. 茨城県古河市. 2013年6月26日閲覧。
  11. ^ a b 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2012』2012年、42-43頁。ISBN 978-4-484-12512-1
  12. ^ 「MY FIRST...」『宝塚GRAPH』2011年10月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、105頁。
  13. ^ 体調不良により8/20~8/23は休演。マール代役は壱城あずさが、アジス代役は大輝真琴が務めた。
  14. ^ 体調不良により9/22~9/26まで休演。代役は月城かなとが務めた

外部リンク[編集]