美弥るりか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みや るりか
美弥 るりか
生年月日 9月12日
出生地 茨城県古河市
身長 168cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2012年:月組へ異動
2019年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
公式サイト 美弥るりかオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
ME AND MY GIRL
エリザベート
Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

美弥 るりか(みや るりか、9月12日[1] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団月組2番手スター[2]

茨城県古河市[3]桜丘女子高等学校出身[3]。身長168cm[3]。血液型O型[1]。愛称は「るりか」、「るり」、「みやちゃん」[3]

来歴[編集]

2001年、宝塚音楽学校入学。

2003年、宝塚歌劇団に89期生として入団[1]。月組公演「花の宝塚風土記シニョール ドン・ファン」で初舞台[3]。その後、星組に配属[4]

2008年、入団6年目に出演した「ANNA KARENINA」(バウホール公演)で、ヒロインの夫・カレーニン役に抜擢を受ける[4]

2010年、「ハプスブルクの宝剣」で新人公演初主演[4][5]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[5]

2012年4月1日付で月組へと組替え[4]

2014年、「THE KINGDOM」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、同期の凪七瑠海と東上公演ダブル主演[4]

2016年、5期下の珠城りょうが月組トップスターに就任したのに伴い、新生月組の2番手に昇格[2][6]

2017年、「瑠璃色の刻」(ドラマシティ・TBS赤坂ACTシアター公演)で、東上公演単独初主演[1][7]

2019年、「Anna Karenina」でバウホール公演初主演[4][1]。自身が星組時代に出演した作品の再演で、主役ヴィロンスキーを演じる[8]。同年6月9日、珠城りょう・美園さくらトップコンビ大劇場お披露目となる「夢現無双/クルンテープ」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2][6]。退団公演では2番手としては異例のサヨナラショーが行われた[6]

人物[編集]

幼少期は神奈川県藤沢市で過ごし、3歳の時に父親の出身地である茨城県古河市に引っ越す[9]

4歳からピアノを習い始めるが、じっとしていることが苦手だった[9]。活発で落ち着きがなかったので、母から体を動かす習い事を勧められ、6歳からジャズダンスを習い始めた[9]。学校では学級委員や生徒会の役員を進んでやったり、教師に頼んでラクロス部を発足させるなど積極的な子供だった[10]

小学3年生の時に、テレビで放送されていた月組公演「川霧の橋ル・ポアゾン 愛の媚薬」を観て、ショーの涼風真世の妖艶さに魅了され、宝塚の男役になりたいと思うようになった[9]。初めて観劇したのは月組公演「PUCKメモリーズ・オブ・ユー」で、涼風のファンとなり、東京宝塚劇場で観劇する際は楽屋の入り出待ちをしていた[9]

小学4年生から、宝塚を目指すためにクラシックバレエを習い始める[9]。6年生から群馬にあるバレエ教室に通い始め、バレエに熱中する[9]。中学1年生の時に初めて出場したバレエのコンクールで「ドン・キホーテ」のキトリを踊り入賞した[11]。夏休みに短期でフランスにバレエ留学したことがある[9]

都内の高校に進学し、1年生の時に、バレエに熱中して以来しばらく遠ざかっていた宝塚の雪組公演「再会ノバ・ボサ・ノバ」をTAKARAZUKA1000days劇場で観劇し、改めて宝塚に入りたいと思うようになる[9]。それまで通っていた群馬のバレエ教室を辞め、宝塚受験スクールに通い始める[9]

高校1年生の終わりに音楽学校を受験した[9]。自分では不合格だと思っていたので、合格発表の時はテレビカメラに映らないように顔をマスクで隠し、周囲のほとぼりが冷めた頃に結果を見に行ったところ、合格していた[10][9]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2011年4月、『ノバ・ボサ・ノバ』前夜祭
  • 2011年9月、涼紫央ディナーショー『0〜LOVE〜』
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年1 - 2月、紅ゆずるディナーショー『STELLA ROSSA〜フリーダムにランダムに〜』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2017年10月、美弥るりかディナーショー『Razzle』 主演
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年4月、美弥るりかディナーショー『Flame of Love』 主演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

TV出演[編集]

広告・CM出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 美弥るりかプロフィール美弥るりかオフィシャルサイト
  2. ^ a b c d 男役17年、感謝の思い胸に有終の美/美弥るりか日刊スポーツ
  3. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、46頁。ISBN978-4-86649-089-2。
  4. ^ a b c d e f g h i 役柄に共感 私も主人公も暴走機関車/美弥るりか日刊スポーツ
  5. ^ a b c 7年間の思いぶつける!!/美弥るりかプレシャス!宝塚
  6. ^ a b c d 宝塚2番手では異例 月組・美弥るりか サヨナラショーで涙「宝塚に恋してきました」デイリースポーツ
  7. ^ a b 宝塚歌劇のフランス大革命もの上演史に、新たに刻まれた美弥るりかの単独初主演作 ミュージカル『瑠璃色の刻』宝塚ジャーナル
  8. ^ 美弥るりか「アンナ・カレーニナ」主役の青年将校演じる月組スター 生きる喜び、鎧脱ぎ全身で毎日新聞
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 「波瀾爆笑!?我が人生 美弥るりか」『宝塚GRAPH』2011年4月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、94-96頁。
  10. ^ a b 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2012』2012年、42-43頁。ISBN 978-4-484-12512-1
  11. ^ 「MY FIRST...」『宝塚GRAPH』2011年10月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、105頁。
  12. ^ 美弥るりかが想像力で生徒たちを導く「SHOW-ISMS」マトリョーシカ版開幕ステージナタリー
  13. ^ POND’S×宝塚歌劇キャンペーンユニリーバ・ジャパン

注釈[編集]

  1. ^ 体調不良のため、8/20〜23は休演。マール代役は壱城あずさが、アジス代役は大輝真琴が務めた。
  2. ^ 1/7〜13のみ。
  3. ^ 体調不良のため、9/22〜26は休演。代役は月城かなとが務めた。

外部リンク[編集]