風間柚乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

風間 柚乃(かざま ゆの、5月1日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役スター[2]

東京都品川区[1][3]青山学院高等部出身[1][3]。身長169cm[1]。血液型B型[4]。愛称は「おだちん」、「ゆの」、「かざま」[1][3]

来歴[編集]

2012年、宝塚音楽学校入学。

2014年、宝塚歌劇団に100期生として入団[5][6]。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1]

2015年、組まわりを経て月組に配属[7][5]

芝居巧者として早くから注目を集め、2018年の「カンパニー」で新人公演初主演[7][2]。同年、愛希れいか退団公演となる「エリザベート」で、ルドルフ役を役替わりで演じ、新人公演では狂言回しとなる大役ルキーニ(本役:月城かなと)に抜擢[8][9]。2番手スター・美弥るりかが休演した際には、美弥の代役として月城がフランツ役を演じるのに伴い、月城の代役として本公演でもルキーニ役を演じた[9][2]

2019年、珠城りょう美園さくらトップコンビ大劇場お披露目となる「夢現無双」で、2度目の新人公演主演[8]。月城が休演した際には、再び本公演で代役を演じた[10]。続く「チェ・ゲバラ」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、出演予定だった月城の休演により、2番手格のフィデル・カストロ役に抜擢[11][2]専科理事の轟悠と共演を果たす[11][2]

2021年の「LOVE AND ALL THAT JAZZ」でバウホール公演初主演[12][2]

人物[編集]

父はプロゴルファーの小達敏昭、伯母は女優の夏目雅子、義伯母も女優の田中好子[5]

幼い頃から運動神経が抜群で、短距離走が得意だった[3]

小学生の時、月組トップスター・瀬奈じゅんの舞台を見て心を奪われ、迷うことなくタカラジェンヌを志した[3]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』(ドンブラココーラス)
  • 2019年1月、『演劇人祭』(外部出演)

CM出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、55頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e f g h i j 月組若手スター風間柚乃が初主演ミュージカル 笑みだけで複数の表現法を 日刊スポーツ。
  3. ^ a b c d e f g <華宝塚>多彩な色出せる男役に 風間柚乃(月組) 東京新聞。
  4. ^ 『To The Future/宝塚GRAPH 2017年4月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、120頁。
  5. ^ a b c d e “自然なしぐさを「阪急電車でスーツ研究」/風間柚乃”. 日刊スポーツ. (2018年2月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201802220000420.html 2019年10月10日閲覧。 
  6. ^ a b 夏目雅子さんめい風間柚乃が宝塚新人公演で初主演”. 日刊スポーツ (2018年2月27日). 2018年2月28日閲覧。
  7. ^ a b c d e フェアリーインタビュー ウィズたからづか。
  8. ^ a b c d 期待のスター月組風間柚乃「宮本武蔵」新人公演主演 日刊スポーツ。
  9. ^ a b c 宝塚月組・美弥るりかが体調不良で「エリザベート」休演…フランツ代役は月城かなと スポーツ報知。
  10. ^ a b 新トップコンビで挑む異色の二本立て!宝塚月組公演『夢現無双』『クルンテープ 天使の都』上演中! 宝塚ジャーナル。
  11. ^ a b c 轟悠主演、宝塚歌劇月組『チェ・ゲバラ』が開幕 ぴあ。
  12. ^ a b 宝塚月組・風間柚乃のバウ初主演作が開幕「一丸となって頑張りたい」 スポーツ報知。
  13. ^ 注目の宝塚男役5名が抜擢、CMで新たな「風」吹かせる デイリースポーツ。
  14. ^ 『2018年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、87頁。ISBN 978-4-86649-090-8
  15. ^ 『2019年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、89頁。ISBN 978-4-86649-126-4
  16. ^ 『宝塚GRAPH 2022年8月号/宝塚通信』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、94頁。

注釈[編集]

  1. ^ 蓮つかさと役替わり。
  2. ^ 暁千星と役替わり。
  3. ^ 美弥るりか休演に伴う配役変更で、9/22〜26は代役を務めた。
  4. ^ 月城かなと休演に伴い、5/21〜東京公演千秋楽まで代役で出演。辻風黄平役は蘭世惠翔が務めた。

外部リンク[編集]