英真なおき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

英真 なおき(えま なおき、9月27日 - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役。元星組組長

兵庫県宝塚市出身。身長165cm、血液型O型。愛称はじゅんこ(本名より)。

来歴[編集]

1982年、花組『春の踊り』『アルカディアよ永遠に』で初舞台。入団時の成績は37人中4番[1]68期生。同期生に元雪組トップスターの一路真輝、元宙組組長の大峯麻友、タレントのあさなぎりん(宝塚時代の芸名は朝凪鈴)らがいる。

1982年5月10日[1]星組に配属。

1991年、宝塚歌劇団年度賞 努力賞 受賞。

1996年12月17日付で、夏美ようの星組組長昇格に伴い、副組長に就任。

2000年10月1日付で、夏美の花組異動に伴い、星組組長に就任。

2012年2月6日付けで専科異動。

人物[編集]

元星組トップ娘役の白城あやかと誕生日・血液型が同じ。

『タカラヅカMOOK タカラヅカIII 星組特集』では組内投票で「ゲラNo.1」、「ネアカNo.1」、「涙もろいNo.1」という項目でランクイン。

笑わせることも好きで、星組の宴会芸集団、英真・エージェンシーの初代社長である。

主な舞台出演[編集]

星組時代[編集]

  • 「二人だけが悪」(1996年):ブルース
  • パッション・ブルー」(1996年)
  • エリザベート」(1996年):ルドヴィカ(エリザベートの母)
  • 「誠の群像」(1997年):山崎烝
  • 「魅惑II」(1997年)
  • WEST SIDE STORY」(1999年):シュランク刑事役
  • 「Love Insurance」(2000年) シアター・ドラマシティ:ラス役
  • 花の業平 -忍の乱れ-」(2001年):藤原良相(右大臣、良房の弟)役
  • 夢は世界を翔けめぐる -THE WORLD HERITAGE 2001-」(2001年)
  • ベルサイユのばら2001〜オスカルとアンドレ編〜」(2001年):プロバンス伯爵(ルイ16世の弟)役
  • 風と共に去りぬ」(2001年):マミー(スカーレットの乳母)役
  • 花吹雪 恋吹雪」(2001年):杉谷善次(延暦寺の僧侶、元伊賀忍者)役
  • サザンクロス・レビューII」(2001年)
  • プラハの春」(2002年):シュテンツェル(カレル大学言語学講師)役
  • 「LUCKY STAR!」(2002年)
  • 中国公演 「蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ」(2002年)
  • ガラスの風景」(2002年):スペンサー・シモンズ(実業家、ヒロイン・ローラの父)役
  • 「バビロン-浮遊する摩天楼-」(2002年)
  • 恋天狗」(2003年):竹庵(医者)役
  • おーい春風さん」(2003年):親方/虚無僧役
  • 「蝶・恋(ディエ・リエン)-燃え尽きるとも-」(2003年):良清(ヒロイン霧音の伯父)役
  • サザンクロス・レビューIII」(2003年)
  • 王家に捧ぐ歌-オペラ「アイーダ」より-」(2003年):ネセル(エジプトの神官)役
  • 「巌流-散りゆきし花の舞-」(2004年):鐘巻自斎(小次郎の育ての親、兵法者)役
  • 「1914/愛」(2004年):アナトール(伯爵家の執事長)役
  • 「タカラヅカ絢爛-灼熱のカリビアン・ナイト-」(2004年)
  • 「花舞う長安-玄宗と楊貴妃-」(2004年):仙人(玄宗皇帝のお付の道士)役
  • 「ロマンチカ宝塚’04-ドルチェ・ヴィータ!-」(2006年)
  • 「王家に捧ぐ歌-オペラ『アイーダ』より」-(2005年):ネセル(エジプトの神官)役
  • 「長崎しぐれ坂」(2006年):水牛(唐人屋敷内の居酒屋の亭主)役
  • 「ソウル・オブ・シバ!-夢のシューズを履いた舞神-」(2006年)
  • 韓国公演 「ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!」(2005年)
  • 「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」(2006年):フランス国王ルイ16世
  • 「COPACABANA」(2006年):グラディス・マーフィー(元コパガールのたばこ売り)役
  • 「愛するには短すぎる」(2006年):エドワード・スノードン(愛人を連れて乗船した事業家)役
  • 「ネオ・ダンディズム-男の美学-」(2006年)
  • 「Hallelujah GOGO!」(2007年)
  • 「さくら/シークレット・ハンター」(2007年)
  • エル・アルコン-鷹-」(2007年):グレゴリー(ティリアンが船にしかけた偽親書ではめられ殺害される豪商)・サンタクルス(スペインの海軍提督)役
  • 「レビューオルキス-蘭の星-」(2007年)
  • 赤と黒」(2008年)
  • THE SCARLET PIMPERNEL」(2008年):サン・シール侯爵役、プリンス・オブ・ウェールズ役
  • 「My dear New Orleans -愛する我が街-」(2009年):エマ役
  • 「ア ビヤント」(2009年):シェリール役
  • 太王四神記」(2009年):ヒョンゴ(コムル村の村長)/ソスリム王(ヤン王の兄)
  • ハプスブルクの宝剣」(2010年):モシェ・ロートシルト(エリヤーフーの父)
  • 全国ツアー公演「激情-ホセとカルメン-/BOLERO -ある愛-」(2010年):ダンカイレ
  • 梅田芸術劇場博多座公演「ロミオとジュリエット」(2010年):ロレンス神父
  • 「宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-/愛と青春の旅だち」(2010年):バイロン(ザックの父)
  • 中日劇場公演「愛するには短すぎる/ル・ポァゾン 愛の媚薬」(2011年):エドワード・スノードン
  • ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」(2011年):シスター・マーマ(ノバ・ボサ・ノバ)/オルゴン伯爵(めぐり会いは再び)
  • 博多座中日劇場公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」(2011年):シスター・マーマ(ノバ・ボサ・ノバ)/オルゴン伯爵(めぐり会いは再び)
  • オーシャンズ11」(2011年):リカルド(ベネディクトの横暴に苦しむ町酒場の経営者)/ニック・スタイン

専科時代[編集]

  • 日本青年館・宝塚バウホール公演「天使のはしご」(2012年)(星組):ベネット夫人
  • ロミオとジュリエット」(2012年)(月組):ロレンス神父
  • 「めぐり会いは再び 2nd 〜Star Bride〜」オルゴン伯爵/「Étoile de TAKARAZUKA」第16場/リブラ(シャントゥール)(2012年)(星組)
  • シアタードラマシティ・東京特別公演「南太平洋」(2013年)(星組):ブラッディー・メリー
  • 「ロミオとジュリエット」(2013年)(星組):ロレンス神父
  • 宝塚バウホール公演「第二章」(2013年)(専科):レオ・シュナイダー
  • 眠らない男・ナポレオン」(2014年)(星組):グランマルモン
  • 日本青年館大ホール公演「第二章」(2014)(専科):レオ・シュナイダー
  • 中日劇場公演「ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編」(2014年)(花組)メルシー伯爵
  • 全国ツアー公演「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編」(2014年)(宙組)メルシー伯爵
  • 「黒豹の如く/Dear DIAMOND!! - 101カラットの永遠の輝き - 」(2015年)(星組)アロンソ・デ・バンデラス侯爵
  • 「星逢一夜/La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」(2015年)(雪組)徳川吉宗
  • 宝塚バウホール公演「銀二貫」(2015年)(雪組)善次郎 
  • シアター・ドラマシティ・KAAT 神奈川芸術劇場特別公演「For the people —リンカーン 自由を求めた男—」(2016年)(花組)ロバート・E・リー
  • KAAT神奈川芸術劇場・シアタードラマシティ公演「ドン・ジュアン」(2016年)(雪組)ドン・ルイ
  • 宝塚バウホール公演「アイラブアインシュタイン」(2016年)(花組)ヨーゼフ/レオ
  • 「雪華抄/金色の砂漠」(2016年)(花組)ピピ
  • 「THE SCARLET PIMPERNEL」(2017年)(星組)プリンス・オブ・ウェールズ
  • はいからさんが通る」(2017年)(花組)伊集院伯爵
  • 「WEST SIDE STORY」(2018年)(宙組)ドク
  • 「義経妖狐夢幻桜」(2018年)(雪組)ホウオウ
  • 梅田芸術劇場「WEST SIDE STORY」(2018年)(宙組)ドク

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、94頁。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]