浦井健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うらい けんじ
浦井 健治
本名 同じ
生年月日 (1981-08-06) 1981年8月6日(41歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 181 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマCM
活動期間 2000年 - 現在
事務所 キャンディット
公式サイト 事務所内公式プロフィール
主な作品
舞台
エリザベート』『アルジャーノンに花束を
 
受賞
菊田一夫演劇賞(2006年)
第44回紀伊國屋演劇賞個人賞(2009年)
第22回読売演劇大賞 最優秀男優賞(2015年)
第67回芸術選奨新人賞 演劇部門(2017年)
テンプレートを表示

浦井 健治(うらい けんじ、1981年8月6日 - )は、日本俳優StarSメンバー

東京都出身。血液型はA型。所属事務所キャンディット。所属レーベルはavex[1]

来歴[編集]

人物[編集]

出演[編集]

太字は主演

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

  • 最高!ブギウギナイト(2003年5月16日 - 9月12日、テレビ東京系) - Y.M.G.A.のメンバーの一人として出演
  • 『世界ウルルン滞在記』#447「インド・最強の筋肉鍛錬「クシュティ」に…浦井健治が出会った」(2005年4月17日、毎日放送)
  • 世界ふれあい街歩き

CM[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」 - 地場衛 / タキシード仮面※6代目(サンシャイン劇場 他)
    • 誕生! 暗黒のプリンセス ブラック・レディ(2001年7月20日 - 8月26日)
    • 誕生! 暗黒のプリンセス ブラック・レディ 【改訂版】 惑星ネメシスの謎(2002年1月2日 - 15日)
    • 10th ANNIVERSARY Festival(2002年3月24日 - 31日)
    • 無限学園 〜ミストレス・ラビリンス〜(2002年7月21日 - 9月1日)
  • お弁当、温めますか?(2002年)
  • 結婚詐欺株式会社(2003年、天王洲 銀河劇場
  • ミュージカル「阿国 -OKUNI-」 - 一蔵 役
  • ミュージカル「エリザベート」 - 皇太子ルドルフ 役
    • (2004年3月6日 - 5月30日、帝国劇場 / 8月1日 - 30日、中日劇場 / 10月2日 - 28日、博多座 / 11月3日 - 12月12日、梅田コマ劇場) - パク・トンハ とWキャスト
    • (2005年9月1日 - 30日、帝国劇場) - 井上芳雄、パク・トンハ とトリプルキャスト
    • (2006年5月3日 - 28日、日生劇場) - パク・トンハ とWキャスト
    • (2008年8月3日 - 28日、中日劇場 / 9月3日 - 28日、博多座 / 11月3日 - 12月25日、帝国劇場 / 2009年1月8日 - 2月2日、梅田芸術劇場)- 伊礼彼方 とWキャスト
    • (2010年10月4日 - 30日、帝国劇場)- 伊礼彼方(9月)、田代万里生(8月) とトリプルキャスト
  • RHYTHM RHYTHM RHYTHM(2004年、天王洲 銀河劇場)
  • オフブロードウェイ「SHAKESPEARE'S R&J」(2005年)
  • ミュージカル「シンデレラ・ストーリー」再演 - 王子チャールズ 役(2005年5月17日 - 6月5日、ル・テアトル銀座)
  • ミュージカル「マイ・フェア・レディ」 - フレディ 役
    • (2005年11月4日 - 28日、帝国劇場)
    • (2007年4月21日 - 29日、中日劇場 / 5月3日 - 7月7日、全国24都市ツアー)
  • ミュージカル「アルジャーノンに花束を - チャーリィ・ゴードン
    • 荻田浩一版初演(2006年2月22日 - 3月10日、博品館劇場 / 静岡市民文化会館 / 大阪厚生年金会館 / 愛知厚生年金会館)
    • 荻田浩一版再演(2014年9月 - 10月、天王洲銀河劇場 / サンケイホールブリーゼ)
  • ミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」 - 助手・アルフレート 役
    • 初演(2006年7月2日 - 8月27日、帝国劇場) - 泉見洋平 とWキャスト
    • 再演(2009年7月5日 - 8月26日、帝国劇場 / 9月2日 - 27日、博多座) - 泉見洋平 とWキャスト
    • 再再演(2011年11月27日 - 12月24日、帝国劇場 / 2012年1月7日 - 1月12日、梅田芸術劇場メインホール) - 山崎育三郎 とWキャスト
  • 「BURN THIS」 =焼却処分= - ラリー 役(2006年11月、青山円形劇場
  • ミュージカル「タイタニック」初演 - ジム・ファレル 役(2007年1月15日 - 2月4日、東京国際フォーラム
  • LOVE LETTERS(2007年7月、PARCO劇場
  • ストレートプレイ暗くなるまで待って」初演 - ロート 役(2007年9月12日 - 17日、シアター1010
  • ミュージカル「蜘蛛女のキス」 - ヴァレンティン 役
    • 荻田浩一版初演(2007年11月2日 - 11日、東京芸術劇場中ホール / 11月16日 - 18日、梅田芸術劇場メインホール)
    • 荻田浩一版再演(2010年1月16日 - 18日、梅田芸術劇場メインホール / 1月24日 - 2月7日、東京芸術劇場)
  • ミュージカル 「WILDe・BEAUTY ~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~」初演 - オスカーワイルド 役(2008年3月12日 - 23日、博品館劇場
  • ミュージカル「ルドルフ 〜ザ・ラスト・キス〜」宮本亜門版 - 人形師 ヨハン・ファイファー 役(2008年5月6日 - 6月1日、帝国劇場)
  • ミュージカル「回転木馬」 - ビリー 役(2009年3月19日 - 4月19日、天王洲 銀河劇場)
  • ミュージカル「シラノ」初演 - クリスチャン 役(2009年5月5日 - 28日、日生劇場)
  • ストレートプレイ 「ヘンリー六世」 3部作第1部:百年戦争第2部:敗北と混乱第3部:薔薇戦争)- 王ヘンリー六世 役(2009年10月 - 11月、新国立劇場中劇場)
  • 劇団☆新感線「薔薇とサムライ」 - シャルル・ド・ボスコーニュ 役(2010年3月18日 - 4月18日、赤坂ACTシアター / 4月27日 - 5月13日、梅田芸術劇場メインホール)
  • 宝塚BOYS - 上原金蔵 役(2010年8月6日 - 9月1日、シアタークリエ / 9月4日 - 5日、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)
  • ミュージカル 「エディット・ピアフ」初演 - イヴ・モンタン / テオ・サラポ 役<2役>(2011年1月20日 ‐ 2月13日、天王洲 銀河劇場 / 2月18日 - 2月20日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
  • ベッジ・パードン - グリムズビー 役(2011年6月6日 - 7月31日、世田谷パブリックシアター
  • ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 - ベンヴォーリオ 役(2011年9月7日 - 10月2日、赤坂ACTシアター / 10月8日‐10月20日、梅田芸術劇場メインホール)
  • 彩の国シェイクスピア・シリーズ第25弾「シンベリン」 - ギデリアス 役(2012年4月2日 - 21日、彩の国さいたま芸術劇場大ホール / 4月27日 - 29日、北九州芸術劇場大ホール / 5月4日 - 8日、梅田芸術劇場シアタードラマシティ / 5月29日 - 6月2日、バービカンシアター)
  • 朗読「宮沢賢治が伝えること」(2012年5月、世田谷パブリックシアター)
  • ミュージカル「songs for a new world」 (2012年8月1日 - 7日、シアタークリエ / 8月12日‐13日、森ノ宮ピロティーホール / 8月14日、黒崎ひびしんホール大ホール)
  • ストレートプレイ 「リチャード三世」 - リッチモンド伯ヘンリー 役(2012年10月3日 - 21日、新国立劇場 中劇場)
  • 劇団☆新感線「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」 - シャルル・ド・ボスコーニュ 役(2012年12月19日 - 2013年1月27日、東急シアターオーブ / 2月6日 - 28日、オリックス劇場)
  • 音楽劇「スマイル・オブ・チャップリン」(2013年3月27日 - 28日、赤坂ACTシアター / 2013年4月6日 - 7日、森ノ宮ピロティホール)
  • ミュージカル「二都物語」 - チャールズ・ダーニー 役(2013年7月18日 - 8月26日、帝国劇場)
  • NODA MAP第18回公演「MIWA」(2013年10月4日 - 12月10日、東京芸術劇場プレイハウス 他)
  • ミュージカル「シャーロックホームズアンダーソン家の秘密」 - アダム・アンダーソン / エリック・アンダーソン 役<2役>(2014年1月17日 - 19日、サンケイホールブリーゼ / 1月22日 - 2月4日、東京芸術劇場プレイハウス / 2月8日、キャナルシティ劇場 / 2月11日、松本市民芸術館 主ホール / 2月13日、愛知県芸術劇場 大ホール / 2月25日、イズミティ21 大ホール / 2月27日、岩手県民会館 大ホール)
  • THE BIG FELLAH ビッグ・フェラー - マイケル 役(2014年5月 - 6月、世田谷パブリックシアター 他)
  • ミュージカル「タイトル・オブ・ショウ」 - ジェフ 役(2014年8月1日 - 11日、シアタークリエ / 8月12日、名鉄ホール / 8月14日、サンケイホールブリーゼ)
  • ストレートプレイ「星ノ数ホド」 - ローランド 役(2014年12月3日 - 21日、新国立劇場 小劇場 / 12月27日、兵庫県立芸術文化センター)
  • ミュージカル「ボンベイドリームス」 - アカーシュ 役(2015年1月31日 - 2016年2月8日、東京国際フォーラムC / 2月14日・15日、梅田芸術劇場メインホール)
  • デスノート The Musical' - 夜神月
    • 初演(2015年4月6日 - 29日、日生劇場 / 5月、愛知 / 大阪) - 柿澤勇人 とWキャスト
    • 再演(2017年6月24日 - 25日、富山 オーバードホール / 7月21日 - 23日、台湾(台中) / 8月19日 - 21日、梅田芸術劇場メインホール / 9月2日 - 24日、新国立劇場中劇場) - 柿澤勇人 とWキャスト
  • ストレートプレイ「トロイラスとクレシダ」 - トロイラス 役(2015年7月 - 8月、世田谷パブリックシアター / 兵庫県立芸術文化センター ほか)
  • ストレートプレイ「アルカディア」 - ヴァレンタイン 役(2016年4月、Bunkamuraシアターコクーン / 5月、森ノ宮ピロティホール)[5]
  • ストレートプレイ「あわれ彼女は娼婦」 - ジョヴァンニ 役(2016年6月、新国立劇場 中劇場)
  • ミュージカル「王家の紋章 - メンフィス
    • 初演(2016年8月5日 - 27日、帝国劇場)
    • 再演(2017年4月8日 - 5月7日、帝国劇場 / 5月13日 - 31日、梅田芸術劇場メインホール)
    • 再再演(2021年8月5日 - 28日、帝国劇場 / 9月4日 - 26日、博多座)- 海宝直人 とWキャスト
  • ストレートプレイ「ヘンリー四世 第一部 -混沌-・第二部 -戴冠-」 - ハル王子 役(2016年11月26日 - 12月22日、新国立劇場 中劇場)[6]
  • ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」 - ウィル・ブルーム 役
    • 初演(2017年2月7日 - 28日、日生劇場)
    • 再演(2019年11月1日 - 28日、シアタークリエ / 12月7日 - 8日、刈谷市総合文化センターアイリス / 12月12日 - 15日、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)
  • ペール・ギュント - ペール・ギュント 役(2017年12月6日 - 24日、世田谷パブリックシアター / 12月30日 - 31日、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)
  • ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」 - デビッド 役(2018年2月7日 - 28日、日生劇場 / 3月5日 - 20日、梅田芸術劇場メインホール / 3月24日 - 4月1日、博多座) - 城田優 とW主演
  • ストレートプレイ「ヘンリー五世」 - 王ヘンリー五世 役(2018年5月17日 - 6月3日、新国立劇場 中劇場)
  • ミュージカル「ゴースト- サム・ウィート
    • 初演(2018年8月5日 - 31日、シアタークリエ / 9月8日 - 10日、サンケイホールブリーゼ / 9月15日 - 16日、久留米シティプラザ ザ・グランドホール / 9月22日 - 23日、刈谷市総合文化センター アイリス)
    • 再演(2021年3月5日 - 23日、シアタークリエ / 4月4日、愛知県芸術劇場大ホール / 4月9日 - 11日、新歌舞伎座)
  • 劇団☆新感線 メタルマクベスdisc3 - ランダムスター / マクベス浦井 役(2018年11月9日 - 12月31日、IHIステージアラウンド東京)
  • ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-- グウィンプレン
    • 初演(2019年4月9日 - 29日、日生劇場 / 5月3日 - 6日、御園座 / 5月10日 - 12日、新川文化ホール / 5月16日 - 19日、梅田芸術劇場メインホール / 5月25日 - 26日、北九州ソレイユホール)
    • 再演(2022年2月3日 - 9日、2月10日 - 19日、帝国劇場 / 3月11日 - 13日、梅田芸術劇場メインホール / 3月18日 - 28日、博多座)※2月3日から9日までの公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました
  • ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」 - ヘドウィグ 役(2019年8月31日 - 9月8日、EX THEATER ROPPONGI / 9月11日 - 12日、福岡Zepp Fukuoka / 9月14日 - 16日、名古屋Zepp Nagoya / 9月20日 - 23日、大阪Zepp Namba )
  • 祝祭音楽劇「天保十二年のシェイクスピア」 - きじるしの王次 役(2020年2月8日 - 29日、日生劇場 / 3月5日 - 10日、梅田芸術劇場メインホール※新型コロナウイルス感染防止のため地方公演中止
  • ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー Season3」 - トニー 役(2020年4月1日 - 5月31日、IHIステージアラウンド東京※新型コロナウイルス感染防止のため全公演中止 - 柿澤勇人 とWキャスト
  • ミュージカル「メイビー、ハッピーエンディング」 - オリバー 役(2020年8月11日 - 30日、シアタークリエ)
  • ストレートプレイ「リチャード二世」 - ヘンリー・ボリングブルック 役(2020年10月2日 - 25日、新国立劇場 中劇場)
  • オトコ・フタリ - 須藤冬馬 役(2020年12月12日 - 30日、シアタークリエ / 2021年1月15日 - 17日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ / 1月22日 - 23日、刈谷市総合文化センターアイリス大ホール)
  • 愛するとき 死するとき(2021年11月14日 - 12月5日、シアタートラム / 12月8日、日本特殊陶業市民会館ビレッジホール / 12月11 - 12日、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール)[7]
  • ミュージカル「ガイズ&ドールズ」 - ネイサン・デトロイト 役(2022年6月9日 - 19日、21・22日、23 - 25日、26日 - 7月9日、帝国劇場 / 7月16日 - 19日、20日、21日 - 29日、博多座)[8][9][10]※公演の一部は新型コロナウイルスの影響で中止になりました
  • ミュージカル「COLOR」 - ぼく/大切な人たち 役(2022年9月5日 - 25日、新国立劇場 小劇場 / 9月28日 - 10月2日、サンケイホールブリーゼ)※予定[11]
  • 朗読劇『真白の恋』~世界で最も美しい湾 - 油井景一 役(2022年11月3日 - 5日、東京・NEW PIER HALL / 11月26日、富山・氷見市芸術文化館)- 廣瀬智紀 とWキャスト ※予定[12]
  • ミュージカル「キングアーサー」 - アーサー 役(2023年1月12日 - 2月5日、新国立劇場 中劇場 / 2月、崎芸術劇場 大劇場 / 2月、兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール / 3月、刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール)[13] ※予定

声優[編集]

人形劇
ゲーム

コンサート・ライブ・イベント[編集]

  • “次世代ミュージカルスター育成プロジェクト”Broadway Gala Concert 2007(2007年1月6日 - 7日、青山劇場
  • CHESS in Concert(2012年1月26日 - 1月29日、青山劇場・2月10日 - 2月12日、梅田芸術劇場メインホール) - アービター 役
  • KENJI URAI 15th Anniversary Concert 〜Wonderland〜(2016年9月29日、東京国際フォーラムホールA)[15]
    • 浦井健治 20th Anniversary Live(2021年4月20日、東京国際フォーラムホールA)
  • デスノート THE CONCERT(2017年3月4日 - 5日、赤坂ACTシアター ・ 2017年3月11日、梅田芸術劇場メインホール)
  • シアタークリエ10周年記念コンサート『TENTH』(2018年1月4日 19:00公演、シアタークリエ)
  • イベント福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス 公開ゲネプロ」(2018年9月5日、東京・メルパルクホール)
  • みずほフィナンシャルグループ 第30回 成人の日コンサート(2019年1月14日、サントリーホール 大ホール)
    • みずほフィナンシャルグループ 第32回 成人の日コンサート(2021年1月11日、サントリーホール)
    • みずほフィナンシャルグループ 第33回 成人の日コンサート(2022年1月10日、サントリーホール)※予定
  • 中島みゆきリスペクトライブ2019 歌縁 in 中野サンプラザ(2019年1月31日、東京・中野サンプラザ)
  • 山口祐一郎トークショー『My Story -素敵な仲間たち-』(2020年9月17日、帝国劇場) - ゲスト出演 
  • 「井上芳雄 by MYSELF スペシャルライブ」20th Anniversary Live Tour(2021年4月24日、松戸 森のホール21) - スペシャルゲスト出演 
  • Concert「GREATEST HITS from Musical Movies」(2021年5月15 ・ 16日、東急シアターオーブ)
  • NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」(2021年5月26 ・ 27日、東京国際フォーラムホールC)

書籍[編集]

写真集[編集]

オーディオブック[編集]

ディスコグラフィー[編集]

※ StarSの作品は「StarS」を参照。

アルバム[編集]

発売日 タイトル 補足
1st 2016年8月3日 Wonderland [17]
2nd 2021年3月24日 Piece

公演CD[編集]

  • 『エリザベート』2004年東宝公演ハイライト・ライヴ録音盤(内野聖陽ver. )
  • 『シンデレラ・ストーリー』
  • 『アルジャーノンに花束を』(2006年 - CD1枚組 / 2014年 - CD2枚組)
  • 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』ハイライト・ライヴ録音盤(CD2枚組)
  • 『WILDe BEAUTY』
  • 『ロミオ&ジュリエット』ハイライト・ライブ録音盤(城田優ver. / 山崎育三郎ver.)
  • 『Death Note The Musical』2015年公演ハイライト・ライヴ録音盤(浦井健治ver.)
  • 『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』2019年公演ハイライト・ライヴ録音盤

DVD[編集]

  • 『彼方へ』(2006年8月2日発売)
公演DVD
  • 『薔薇とサムライ』
  • 『宝塚BOYS』
  • 『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』
  • 『シンベリン』
  • 『シャーロックホームズ アンダーソン家の秘密』
  • 『王家の紋章 』2017年公演本編DVD(2枚組)、特典映像DVD(1枚組)(Ra<太陽の神>バージョン / Hapi<ナイルの神>バージョン)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 新国立劇場ヘンリー六世』におけるヘンリー六世の演技に対して。
  2. ^ ダンス・オブ・ヴァンパイア』アルフレート、新国立劇場『ヘンリー六世』ヘンリー六世。
  3. ^ アルジャーノンに花束を』のチャーリィ・ゴードン、『星ノ数ホド』のローランド役の演技に対して。
  4. ^ 『ヘンリー四世』ほかでの演技に対して。
  5. ^ 特撮出身者5人の期間限定アイドルユニット。他のメンバーは城戸裕次吉岡毅志友井雄亮柴木丈瑠

出典[編集]

  1. ^ a b 浦井健治、8月にソロCDデビュー&初単独公演も決定”. ORICON STYLE (2016年2月22日). 2016年2月22日閲覧。
  2. ^ 大賞は『伊賀越道中双六』が受賞 「第22回読売演劇大賞」が発表に”. シアターガイド (2015年2月4日). 2015年2月4日閲覧。
  3. ^ 香川照之×伊藤淳史『MOZU』スピンオフ『大杉探偵事務所』11月放送決定!浦井健治が容疑者役で出演”. エキサイトニュース (2015年8月25日). 2015年9月28日閲覧。
  4. ^ “福澤朗アナ、本職のクイズ司会者役で迷演技?”. ORICON STYLE. (2016年5月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2072096/full/ 2016年5月23日閲覧。 
  5. ^ 堤真一&寺島しのぶ&井上芳雄&浦井健治らの出演でトム・ストッパード作『アルカディア』が日本初演”. シアターガイド (2015年9月11日). 2015年9月14日閲覧。
  6. ^ “鵜山仁演出「ヘンリー四世」浦井&B作がハル王子とフォールスタッフに”. ステージナタリー. (2016年9月1日). http://natalie.mu/stage/news/194715 2016年9月1日閲覧。 
  7. ^ 『愛するとき 死するとき』” (日本語). 世田谷パブリックシアター. 2021年12月7日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha. “「ガイズ&ドールズ」井上芳雄・明日海りお・浦井健治・望海風斗の姿収めたビジュアル” (日本語). ステージナタリー. 2022年5月4日閲覧。
  9. ^ Inc, Natasha. “ミュージカル「ガイズ&ドールズ」帝国劇場公演千秋楽が中止に” (日本語). ステージナタリー. 2022年8月4日閲覧。
  10. ^ Inc, Natasha. “博多座で上演中のミュージカル「ガイズ&ドールズ」本日の公演が中止に” (日本語). ステージナタリー. 2022年8月4日閲覧。
  11. ^ 新作ミュージカル『COLOR』浦井健治&成河 インタビュー | ローチケ演劇宣言!” (日本語). engekisengen.com (2022年7月6日). 2022年8月4日閲覧。
  12. ^ Inc, Natasha. “映画「真白の恋」を朗読劇化、出演に早見あかり・浦井健治・廣瀬智紀ら(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2022年8月4日閲覧。
  13. ^ Inc, Natasha. “ミュージカル「キングアーサー」浦井健治の扮装ビジュアルお披露目” (日本語). ステージナタリー. 2022年8月4日閲覧。
  14. ^ DCD_GANBARIDEのツイート2020年3月26日閲覧。
  15. ^ “浦井健治初ソロコンサートの演出は荻田浩一、AKANE LIVや照井裕隆も出演”. ステージナタリー. (2016年5月19日). http://natalie.mu/stage/news/187713 2016年5月23日閲覧。 
  16. ^ “浦井健治“小説丸ごと”朗読に初挑戦 芥川賞の羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』”. ORICON STYLE. (2016年7月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2075353/full/ 2016年7月20日閲覧。 
  17. ^ “浦井健治初ソロアルバムは「Wonderland」、旅路イメージのジャケットも”. ステージナタリー. (2016年6月8日). http://natalie.mu/stage/news/190090 2016年6月8日閲覧。 

外部リンク[編集]