綺城ひか理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

綺城 ひか理(あやき ひかり、7月14日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役スター。

千葉県千葉市[1][2]、市立朝日ヶ丘中学校出身[1][2]。身長176cm[1][2]。愛称は「あかさん」、「あかちゃん」[1][2]

来歴[編集]

2009年、宝塚音楽学校入学。

2011年、宝塚歌劇団に97期生として入団[3][4][2]。星組公演「ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び」で初舞台[1][4]

2012年、組まわりを経て花組に配属[4]

2016年、「ME AND MY GIRL」で、優波慧とダブルキャストで新人公演初主演[5][6][4]。同年の「金色の砂漠」で新人公演単独初主演[7][4]

2019年、「Dream On!」(バウホール公演)で、水美舞斗飛龍つかさとメインキャストを務める[8]。同年11月25日付で星組へと組替え[9][3]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

  • 2011年6 - 7月、星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』(東京宝塚劇場
  • 2011年10 - 12月、宙組『クラシコ・イタリアーノ』『NICE GUY!!』

花組時代[編集]

星組時代[編集]

  • 2020年2 - 3月、『眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜』 - カイラ『Ray-星の光線-』(宝塚大劇場)[3]
  • 2020年7 - 9月、『眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜』 - カイラ『Ray-星の光線-』(東京宝塚劇場)
  • 2020年11月、『エル・アルコン-鷹-』 - ジェラード・ペルー『Ray-星の光線-』(梅田芸術劇場)
  • 2021年2 - 5月、『ロミオとジュリエット』 - パリス伯爵(極美慎と役替わり)/ベンヴォーリオ(瀬央ゆりあと役替わり)[2]
  • 2021年7月、『マノン』(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場) - ミゲル[2]
  • 2021年9 - 12月、『柳生忍法帖』『モアー・ダンディズム!』 予定

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年11 - 12月、轟悠ディナーショー『Yū,Un jour chantant』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say!Hey!Show Up!!』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』[9]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、110頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b c d e f g <華宝塚>貢献できる舞台人に 綺城ひか理(あやき・ひかり)(星組) 東京新聞。
  3. ^ a b c 星組新トップコンビ・礼真琴&舞空瞳が本拠地でお披露目!芝居でショーで“ONE TEAM”アピール”. スポーツ報知. 2020年2月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 名取千里 (2016年12月1日). “新人公演で主演。砂漠の国の王女に仕える奴隷役に挑戦”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2016/12/ 2019年10月23日閲覧。 
  5. ^ a b 優波慧、綺城ひか理 花組新公で初主演 魅せた丁寧な役作り スポニチAnnex。
  6. ^ a b 優波慧と綺城ひか理が花組新人公演で前後半のW主演”. 日刊スポーツ. 2019年5月22日閲覧。
  7. ^ a b 綺城ひか理「明日海さん助言いただき…花組の魅力、もがいて表現」、同期の城妃美伶も笑顔 新公『金色の砂漠』”. 産経ニュース. 2019年5月22日閲覧。
  8. ^ a b 水美舞斗のルキーニ再び!宝塚花組「Dream On!」開幕”. スポーツ報知. 2019年5月22日閲覧。
  9. ^ a b “宝塚歌劇大量トレード!永久輝せあが雪組→花組 愛月ひかるは専科→星組へ”. スポーツ報知. (2019年8月2日). https://hochi.news/articles/20190802-OHT1T50137.html 2019年10月23日閲覧。 

注釈[編集]

  1. ^ 宝塚大劇場は2幕、東京宝塚劇場は1幕のみ。
  2. ^ 6/25のみ特別出演。

外部リンク[編集]