八汐路まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八汐路 まり(やしおじ まり、3月10日生)は宝塚歌劇団の元月組主演娘役で現在は野里元治(園芸店「陽春園」3代目主人)夫人である。和歌山県出身。宝塚歌劇団時代の公称身長は159cm。宝塚歌劇団時代の愛称はベンちゃん。

略歴[編集]

1957年宝塚音楽学校に入学。

1959年、宝塚音楽学校を卒業し、45期生として宝塚歌劇団の初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は57人中16位[1]。初舞台の公演演目は雪組公演『花田植え/ラブリーロマンス』[1]1960年4月21日[1]に月組配属。

1970年12月30日[1]で宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は月組公演『鷗よ波濤を超えて/青春のプレリュード』[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 『三銃士』(月組)(1961年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場
  • 『踊珠曼茶羅』『レ・ガールス -魅せられし女性論-』(月組)(1962年3月1日 - 3月22日、宝塚大劇場)
  • 『皇太子の勲章』(月組)(1962年11月1日 - 11月28日、宝塚大劇場)
  • 『トランペット・オルフェ』(月組)(1963年3月1日 - 3月24日、宝塚大劇場)
  • 『九月の宵の幻想曲(ファンタジア)』『一人ぼっちのハネムーン』(月組)(1963年9月3日 - 9月29日、宝塚大劇場)
  • 南の哀愁』(月組)(1964年3月3日 - 3月25日、宝塚大劇場)
  • レビュー・オブ・レビューズ』(星・月組合同)(1964年6月2日 - 6月28日、宝塚大劇場)
  • ユンタ』(月組)(1964年8月4日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • ボン・ビアン・パリ』(月組)(1965年1月1日 - 1月25日、宝塚大劇場)
  • スペードの女王』(月組)(1965年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • ローレライ』『永遠のスーザン』(月組)(1966年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場)
  • 霧深きエルベのほとり』(月組)(1967年1月28日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • オクラホマ!』(月・星組)(1967年7月1日 - 7月30日、宝塚大劇場)
  • アディオ・アモーレ』『ワンダフル・タウン』(月組)(1967年10月31日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • ハイ・ブライト』(月組)(1968年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
  • ラプソディ -ハンガリア物語-』(月組)(1968年4月27日 - 5月30日、宝塚大劇場)
  • ウエストサイド物語』(月・雪組)(1968年8月1日 - 9月1日、宝塚大劇場)
  • 『ウエストサイド物語』(月・雪組)(1969年3月1日 - 3月25日、宝塚大劇場)
  • 『怒濤の果て』『アリア・イン・ジャズ』(月組)(1969年7月5日 - 8月5日、宝塚大劇場)
  • 『嵐が丘』(月組)(1969年10月31日 - 11月29日、宝塚大劇場)
  • タカラヅカEXPO'70』(月組)(1970年4月15日 - 5月6日、宝塚大劇場)
  • 『鴎よ波濤を越えて』『青春のプレリュード』(月組)(1970年9月2日 - 9月30日、宝塚大劇場)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、58-59頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]