三浦時子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三浦 時子(みうら ときこ、本名:現姓不明、個人名:煕子[1](旧名:美笑子[1])、19??年3月20日[2] - 1960年[3])は、元宝塚少女歌劇団男役と娘役の両方を演じて、花組組長も務めた人物である。鳥取県出身[4][5]。宝塚歌劇団時代の愛称はタッチン。

橘薫と共に前のレビュー時代のデュエット歌手。

略歴[編集]

1923年宝塚歌劇団13期生として宝塚音楽歌劇学校(現在の宝塚音楽学校)に入学して、宝塚少女歌劇団(現在の宝塚歌劇団)に入団。当時は入学=入団で学校と劇団は一体であった。

1936年 - 1941年、花組組長。

1941年、宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 『孔雀物語』(雪組)(1927年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場
  • ピーター・パン』(雪組)(1927年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • パリゼット』(月組)(1930年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『春のをどり (七曜譜)』『フービーガール』(雪組)(1932年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『巴里ニューヨーク』(花組)(1933年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『サーカス』(月組)(1933年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • 『カルナヴァル』(雪組)(1934年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 『メルヘンランド』(雪組)(1935年1月1日 - 1月24日、宝塚大劇場)
  • 『ミュージック・アルバム』(花組)(1936年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『ロザリータ』(雪組)(1936年5月6日 - 5月26日、中劇場
  • 『サーカス』(星組)(1937年2月7日 - 2月21日、中劇場)
  • 『宝石パレード』(花組)(1937年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『プリムローズ』(花組)(1937年11月6日 - 11月23日、中劇場)
  • 『チロルよいとこ』『吉例春のをどり』(花組)(1938年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『五十番街の少女達』(花組)(1938年5月7日 - 5月22日、中劇場)
  • 『春は再び来りぬ』(花組)(1939年1月26日 - 2月25日、宝塚大劇場)
  • 『歌のある繪本』(花組)(1939年11月26日 - 12月28日、中劇場)
  • 『プリンス街へ行く』『四天王寺縁起』(花組)(1940年2月26日 - 3月24日、宝塚大劇場)
  • 『世界の詩集』(花組)(1940年5月26日 - 6月24日、宝塚大劇場)
  • 『日本民謡集』(花組)(1940年8月27日 - 9月24日、宝塚大劇場)
  • 『日本名婦傳』(花組)(1941年1月26日 - 2月24日、宝塚大劇場)
  • 『世界の市場』(花組)(1941年3月26日 - 4月24日、宝塚大劇場)
  • 『こども風土記』(花組)(1941年6月26日 - 7月24日、宝塚大劇場)
  • 『歓喜の唄』(花組)(1941年10月26日 - 11月24日、宝塚大劇場)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『東宝』、東宝出版社、1936年6月号
  2. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  3. ^ 『歌劇』、宝塚歌劇団、1961年1月、424号、P89
  4. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1929年1月1日、106号、p94
  5. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1931年12月1日、141号、p60