安奈淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あんな じゅん
安奈 淳
本名 富岡 美樹(とみおか みき)
生年月日 (1947-07-29) 1947年7月29日(74歳)
出生地 大阪府池田市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 164センチメートル
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇団演劇テレビドラマ、 歌手
活動期間 1965年 -
活動内容 1965年宝塚歌劇団入団
1966年星組に配属
1970年:星組トップスター就任
1974年花組トップスター就任
1975年:『ベルサイユのばら』-アンドレとオスカル-
1978年:『風と共に去りぬ
1978年:宝塚歌劇団を退団。
事務所

株式会社Office Anna Jun 〒160-0022東京都新宿区新宿1-7-7-3F TEL 03-5315-0842

E-mail office@anna-jun.com
公式サイト https://www.anna-jun.com
主な作品
演劇
ベルサイユのばら
風と共に去りぬ
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

安奈 淳(あんな じゅん、1947年7月29日 - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団星組花組トップスター。

大阪府箕面市出身 [1][注釈 1]。本名は富岡 美樹(とみおか みき)。 身長164センチメートル、血液型B型。愛称は「オトミ」「ミキ」。

略歴[編集]

  • 60歳を過ぎた頃(2007年辺り)にSLEから回復し、大好きなフランスのシャンソンの曲で構成されたコンサート『ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている』で復帰[5]
  • 2011年、『DREAM TRAIL 〜宝塚伝説〜』の大阪公演期間中に怪我をしたため、途中休演を余議なくされた。[6]
  • 2012年、第33回松尾芸能賞・優秀賞を受賞。
  • 2014年、古巣・宝塚歌劇団創立100周年記念で創設された『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入り[7]。前述の『ベルばら四強』とされる安奈・鳳・榛名・汀の四名は全員殿堂入りを果たしている。
  • 2019年12月 ヤマハホールにて芸能生活55周年記念リサイタルを開く。
  • 2020年 書籍「安奈淳スタイル」(自伝 エッセイ)を出版。
  • 2020年3月20日、21日 書籍出版記念コンサートをイイノノールで開催。
  • 現在(2021年)はシャンソン、ジャズ歌手として活躍[8]
  • 2021年9月 初のビジュアル本「70過ぎたら生き方もファッションもシンプルなほど輝けると知った」を主婦の友社より出版。
  • 2021年9月8・9日 オリジナルリサイタル「Bouquet d'espoir~希望の花束をあなたに~」を2日間内幸町ホールで開催。

人物[編集]

生い立ち[編集]

サラリーマンの父と母と2つ下の妹の4人家族で、箕面市桜井で17歳まで過ごす [2]。幼い頃は大人しい性格でよく家で絵を描いたり、『少年少女世界文学全集』という本を読んで過ごしていた。また父がジャズが大好きだったことから、自宅で自然とドリス・デイジュリー・ロンドンレナ・ホーンなどのレコードを聴いていた[9]。本人は先述の家族で観に行く宝塚の舞台を楽しみにしていたが、当時はタカラジェンヌを目指すことは考えていなかった。当時好きだったタカラジェンヌは、寿美花代[2]

親の勧めで小学校高学年から宝塚コドモアテネに通い、受験対策のためのバレエや声楽や日本舞踊を教わり始める[2]。中学校に進学するとレッスンで忙しくなり、修学旅行や卒業式にも出れないほどだった[注釈 3]。進路に迷うこともあったが、父親の「娘をタカラジェンヌにしたい」という強い思いが後押しとなり、その後中学時代に宝塚音楽学校を受験して合格した[2]

音楽学校入学後の生活について本人は、「同期生とは本当に楽しく和気あいあいと過ごした」とのこと[2]。また「今では考えられないでしょうが、当時の宝塚音楽学校は自由な校風でした」とも語っている[注釈 4]。翌1964年に本科生の頃の文化祭で上演した『人格者』という演目では、主演の男役に選ばれた[2]

榛名由梨について[編集]

本人によると、1975年に演じた『ベルサイユのばら』の配役は当初の予定ではオスカル役が榛名由梨でアンドレ役が安奈だった。前年の『ベルサイユのばら』で榛名が初代オスカル役を演じた[注釈 5]ことから、1975年版も引き続き同役に選ばれた[2]

しかし、安奈は「オスカルとアンドレが並んだ時に、自分より背の高い榛名がアンドレを演じた方が見た目のバランスがいいのでは?」と考えた。脚本を担当した植田紳爾に配役を相談した[注釈 6]ところ、「それもそやな」と言われてオスカル役を安奈、アンドレ役を榛名で演じることが決まった[2]

榛名は宝塚では安奈の2期上の先輩だが、この共演をきっかけにそれ以来“人生の友”として親しくなった。安奈の母が病で亡くなった際舞台の仕事で帰れなかったが、電話で話を聞いた榛名が安奈の代わりに実家に駆けつけた。榛名は家族のように葬儀の準備を取り仕切り、母に死化粧までしてくれたという[注釈 7]

闘病[編集]

SLEと当時の治療による副作用[編集]

53歳の時、激しいむくみと呼吸困難に襲われて緊急入院し、SLE(全身性エリテマトーデス)[注釈 8]を発症したことが判明[11]。安奈の場合は特に肝臓の機能が急激に低下し、一時は身近な人たちが葬儀を考えるほど深刻な状態だった。当時体重は60kgあったが検査により、体内に大量の水が溜まっていることが判明。10日間ほどかけて少しずつ余分な水を抜いていくと、実際の体重は38kgだった[5]

治療により一命はとりとめたものの薬の副作用で鬱状態になり、その後約10年間に渡り入退院を繰り返した[2]。他にも味覚障害、幻覚、幻聴に襲われ、思考力にも影響が出たが、60歳の頃に特効薬ができたことで症状が落ち着いていった[12]

その他の病気[編集]

  • 37歳の頃に髄膜炎を患う[1]
  • 47歳の頃から手足の指が白くなるレイノー症状が現れる[1]
  • 55歳の時に白内障にかかり手術を受けた[1]
  • 65歳の頃にウォーキング中に胸痛が走り、検査してもらうと心臓弁膜症にかかっていることが判明した[1]
  • 68歳の時に右腎臓に初期の腎臓がんが見つかり、手術で腫瘍を切除した[13]

SLE回復後の生活[編集]

SLEから回復し歌のレッスンを開始した直後、シャンソン系のシンガー・ソングライターであるジャック・ブレルの歌を歌う機会に恵まれた。安奈にとって彼の歌は衝撃を与え、60歳を過ぎた頃にその聖地と言われるベルギーのブリュッセルにあるジャック・ブレル記念館に訪れ、たくさんのパワーをもらったという[2]。現在(2020年)は、通院と薬の投与を続けながら芸能活動を行っている[1]

60代の頃はSLEは回復したものの、その後かかった病気や薬の関係で食事制限で色々と食べられないものがあった。しかし、内臓の数値が安定した70代になってからは、食事制限がなく何でも食べられる幸せを感じながら日々の食事を楽しんでいる[11]

SLE患者にとって強い日差しが大敵であることから、その後も外出時はできるだけ肌を露出しないなど夏場の過ごし方に気をつけている。また、他にも普段から水分補給や質の良い睡眠などにも意識して生活している[8]

その他[編集]

  • 中学時代は絵を描くのが好きで、音楽学校受験のためのレッスンを受けながらも内心絵描きとか舞台装置を作る人になろうかと迷った時期もあった。また当時は目立つことがとにかく苦手で、洋服も地味なものが好きだった[5]
  • 中学1年生の頃に『オンリー・ユー』で有名なプラターズにハマり、親と一緒にコンサートを聴きに行ったことがある。本人によると「開演前にロビーを歩いていた所コンサート関係者に声をかけられ、その時の舞台で花束贈呈の役を任された」という[9]
  • 座右の銘は「立つ鳥跡を濁さず」[13]
  • 35歳の時に一般男性と結婚したが、3年後に離婚している[1]
  • 宝塚歌劇団出身女優である乙羽信子淡島千景からは、退団後も舞台などで共演した時に家族のように可愛がってもらったという[10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台・雪組時代[編集]

1965年

1966年

  • 4月28日 - 5月31日『南蛮屏風』『春風とバイオリン』新人公演:ハンス(宝塚大劇場)

1967年

星組時代[編集]

1968年

1969年

1970年

星組トップ時代[編集]

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

花組トップ時代[編集]

1975年

1976年

1977年

1978年

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

演劇[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

  • ラジオ深夜便「母を語る」(NHKラジオ)2012年5月22日

ほか多数

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム(ソロ)

安奈淳の世界(東宝レコード AX-8045)

安奈淳 ラヴ・レター(東宝レコード AX-8098)

安奈淳 小椋佳との出逢い(CBS ソニー25AN 245)1977年

安奈淳 ありがとうさようなら(CBS ソニー25AN 482)

安奈淳「私の好きな歌 mes chères chansons」2020年10月発売

参加作品[編集]

著書[編集]

  • 人生はうまくできている -病気になって見えたこと- (2004年、グラフ社、ISBN 4766208463
  • 安奈淳スタイル (2020年、A PEOPLE、 ISBN 4909792112)
  • 70過ぎたら生き方もファッションもシンプルなほど輝けると知った(2021年、主婦の友社、ISBN 4074490889) 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一部出身地が池田市となっているものも存在する。
  2. ^ 本人は後年「当時の私は歌も踊りも“及第点を取れていたかな?”という感じで突出した才能もなかったから、選ばれたのが不思議でした」と回想している[2]
  3. ^ 安奈によると、中学校の担任教師が偶然にも宝塚ファンだったため、レッスンに理解を示してくれたとのこと。ある時は、「授業は受けなくてもいいからレッスンを頑張りなさい」と言われたという
  4. ^ 授業に乗り気でない時は、学校を抜け出して池でボートに乗ったり、動物園に行ったこともありました。でも誰にも咎められることはなかった」と回想している。
  5. ^ この時は、初風諄が演じたマリー・アントワネットを主人公とした物語だった。
  6. ^ 安奈は、それまでの演目で配役について意見したことは一切なく、この時が初めてだった。
  7. ^ 安奈は後年、「しかもその時エレベーターに棺が入らず、榛名さんが直接母の遺体を抱きかかえて運んで下さったそうです。本当にありがたく思っています。葬儀の後、妹は私に『榛名さんへのご恩を一生忘れない』と言っていました。私も同じ思いです」と感謝の言葉を述べている[10]
  8. ^ 一般的には関節、筋肉、腎臓、心臓、肺など全身の機能が障害を受ける難病とされる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「元宝塚のトップスター・安奈淳、余命3日から奇跡の回復…膠原病との壮絶な闘い」より安奈淳の歩み”. スポーツ報知のネット記事 (2020年8月31日). 2022年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 週刊現代2022年1月22日号「私の地図」・安奈淳p80-82
  3. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.70-71(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010
  4. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』p.139(阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日)。ISBN 9784484146010
  5. ^ a b c 「私は私。ただ今日を、生きるだけ」安奈淳さんVol.1”. 暮らしとおしゃれの編集室 (2020年11月9日). 2022年1月15日閲覧。
  6. ^ 安奈淳がけがのため「DREAM TRAIL〜宝塚伝説〜」を休演(シアターガイド、2011年2月8日)
  7. ^ 「宝塚歌劇の殿堂」”. 宝塚歌劇団. 2019年9月28日閲覧。
  8. ^ a b 安奈淳「全身性エリテマトーデス、心臓弁膜症、がん…病のトリプルパンチを受けて、体の声を聞く大切さを知った」”. 婦人公論.jp (2021年9月21日). 2022年1月15日閲覧。
  9. ^ a b スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」第90回:安奈淳さん(女優)”. ウェブマガジン「frag lab」(フレグラボ) (2020年12月7日). 2022年1月24日閲覧。
  10. ^ a b スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」第90回:安奈淳さん(女優)”. ウェブマガジン「frag lab」(フレグラボ) (2020年12月7日). 2022年1月24日閲覧。
  11. ^ a b 安奈淳「全身性エリテマトーデス、心臓弁膜症、がん…病のトリプルパンチを受けて、体の声を聞く大切さを知った」”. 婦人公論.jp (2021年9月21日). 2022年1月15日閲覧。
  12. ^ 安奈淳「全身性エリテマトーデス、心臓弁膜症、がん…病のトリプルパンチを受けて、体の声を聞く大切さを知った」”. 婦人公論.jp (2021年9月21日). 2022年1月15日閲覧。
  13. ^ a b 安奈淳「全身性エリテマトーデス、心臓弁膜症、がん…病のトリプルパンチを受けて、体の声を聞く大切さを知った」”. 婦人公論.jp (2021年9月21日). 2022年1月15日閲覧。
  14. ^ “越路吹雪37回忌、トリビュートアルバム&メモリアルコンサートに宝塚OGら”. ステージナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/stage/news/206881 2016年10月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]