奏乃はると

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奏乃 はると(そうの はると、4月3日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役。雪組組長

東京都清瀬市[1]吉祥女子高等学校出身[1]。身長168cm[1]。愛称は「にわ」、「はると」[1]

来歴[編集]

1997年4月、宝塚音楽学校入学。同期には、元月組トップ娘役映美くらら、元星組トップスター柚希礼音桜一花美羽あさひ、現役に華形ひかる舞咲りんがいる。

1999年3月、宝塚歌劇団に85期生として入団。入団時の成績は12番[2]。雪組公演「再会ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台。その後、雪組に配属。

2014年9月1日付で、副組長麻樹ゆめみの退団に伴い、雪組副組長に就任。

2019年2月11日付で、組長梨花ますみの専科異動に伴い、雪組組長に就任。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 1999年4~5月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場

組廻り[編集]

  • 1999年5~6月、月組『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場のみ)
  • 1999年7~8月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(TAKARAZUKA1000days劇場

雪組配属後[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、71頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P111。ISBN 9784484146010
  1. ^ 1月30日~2月3日休演。代役は鳳華はるな(1月30日のみ)、橘幸(1月31日より)が務めた。

外部リンク[編集]