但馬久美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
但馬久美
たじま くみ
生年月日 1944年1月12日
出生地 熊本県熊本市
出身校 宝塚音楽学校
現職 女優タレント
所属政党 新進党公明党

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 1995年 - 2001年
テンプレートを表示

但馬 久美(たじま くみ、本名:林 久美子 <はやし くみこ>、1944年1月12日 - )は 日本タレント宝塚歌劇団卒業生(元花組星組専科男役)、元参議院議員

熊本県熊本市生まれの神戸市育ち、出身校山手学園高等学校、宝塚歌劇団時代の公称身長167センチ、宝塚歌劇団時代の愛称リン(ちゃん、姓に由来)。

来歴・人物[編集]

高校卒業を待ち宝塚音楽学校へ進学、同校卒業後宝塚歌劇団50期生として雪組公演『花のふるさと物語[1]』で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は58人中8位[1]芸名については姓は但馬地方出身だった実父に因み、名は本名からつけたとのこと。同期に女優鳳蘭(元星組主演男役)、同じく女優の汀夏子(元雪組主演)、朝みち子1986年 - 1990年月組組長)、女優の大原ますみ(元雪組・星組主演娘役)、竹生沙由里(元花組主演娘役)らがいる。1965年3月20日花組配属[1]となり、のちに星組[1]異動となる。

星組では同期鳳トップ時代実質2番手男役のポジションにあった。鳳退団後の1979年、花組へ組替え。その後は別格男役扱いとなる。

1981年、星組へ副組長として組替え。1983年再度花組組長として組替え。1986年まで花組組長を務めた。1986年に専科へ移籍。1988年、古巣・星組公演『戦争と平和』(ナポレオン・ボナパルト役)を最後に12月31日[1]で宝塚歌劇団を退団。

退団後はニューヨークでの充電を経て、ストレッチ指導、OGイベントへの参加、講演活動などをしていたが、1995年参議院比例区に新進党から立候補して当選。1998年公明党へ移り議員活動をこなしていたが、2001年任期満了も再出馬せず政界を退く。

政界引退後はOGイベントを中心に自身のタレント活動のみならず日韓文化交流や古巣・宝塚の海外公演のサポートなども精力的に行っている。私生活では宝塚退団、政界進出・引退を挟み独身を通す。

エピソード[編集]

若手時代より当時の男役陣としては長身の体格と高い身体能力に裏打ちされたダンスで才覚を表した。芝居では主役を立てて一歩引いた役どころ、特に植田紳爾作品(アンドレ、アシュレなど)に当たり役が多かった。オフステージでは真面目で面倒見がよいアネゴ肌な人物だった。組子では同期の鳳や後輩の松あきらに慕われ、歌劇団上層部(とくに植田)にも一目置かれる存在のタカラジェンヌであった。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同。「事実婚を余儀なくされているケースもあり、早期の導入が必要」と述べる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、68-69頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ 第147回国会 - 参議院 - 国民生活・経済に関する調査会 - 5号 平成12年04月03日