この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大林素子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大林 素子
Motoko Obayashi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1967年6月15日(49歳)
出身地 東京都小平市
ラテン文字 Motoko Obayashi
身長 184cm[1]
体重 非公表
血液型 O型
選手情報
愛称 モトコ
ポジション ライト
指高 231cm
利き手
スパイク 310cm
ブロック 293cm
テンプレートを表示

大林 素子(おおばやし もとこ、1967年6月15日 - )は日本の元バレーボール選手、スポーツキャスタータレント女優モデルである。ホリプロ所属。東京都小平市出身、八王子実践高等学校卒業。日本バレーボール協会広報委員(元バレーボール全日本女子選手)、神戸親和女子大学発達教育学部ジュニアスポーツ教育学科客員教授

来歴

父は商社マン、母は陸上競技で走り高跳びの東京五輪候補だった選手。この母親の後押しもあり中学生のときにバレーボールを始める。たまたま家が日立の練習場に近かったこともあり、当時の日立の監督であった山田重雄にファンレターを出した。すると山田から「良かったら練習を見に来てください。」と返事が来て、それがきっかけでたびたび日立の練習場に見学に行くようになった。

小平市立第二中学校卒業後の1983年八王子実践高等学校に進学。第15回1984年春の高校バレーは3位、第16回1985年)は準優勝であった。1985年、高校在学中に全日本代表初選出。同年のワールドカップで国際大会デビューを果たす。

1986年、当時実業団のトップチームであった日立に入団。1989年ワールドカップ直前に、半月板損傷、右足首靭帯断裂という大怪我をしたため、ベンチ入りはしたもののコートに立つ機会はなかった。 オリンピックには、1988年ソウル大会1992年バルセロナ大会1996年アトランタ大会の3大会に出場し、日本のエースアタッカーとして活躍した。

1994年7月、日立の他の選手と共にプロ契約を求めて辞表を出し、話し合いを経て撤回した。10月、世界選手権に主将として出場。

11月、チームの内紛に端を発した騒動で吉原知子とともに日立を解雇される[2]。Vリーグ発足の翌日のことであった。1995年1月、日本人初のプロバレーボール選手としてイタリアセリエAのアンコーナと契約し5か月にわたってプレーした後、同年5月に帰国。 帰国後はダイエー・オレンジアタッカーズ入りが有力視されていたが、代理人問題で二転三転した末に東洋紡オーキスとプロ契約した。1996年アトランタ五輪に出場後、Vリーグで1シーズンプレーし、1997年3月に現役引退した。

現役引退後はホリプロに所属しスポーツキャスタータレント女優としてテレビや舞台等で幅広く活躍しているほか、バレーボール中継解説やVAS(バレーボールアドバイザリースタッフ)として後進の指導に加え、日本バレーボール協会テクニカル委員、日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、日本スポーツ少年団委員などの要職に就いている。

またモータースポーツとの関わりも深く、カーレースの国内A級ライセンス、MFJ PITCREW LICENCEを取得しているほか、2001年には「大林アタッカーズ」の名称で女性ばかりのレーシングチームを結成して鈴鹿1000kmに参戦、同チームの監督を務めた(2003年にはチーム名を「レディスD」と改め再挑戦している)。またフジテレビF1グランプリ中継のピットレポーターを務めたこともあり(1996年)、スカパー!フジテレビワンツーネクストでは『モータースポーツパラダイス』(2001年 - 2005年)→『F1GPニュース』(2005年 - 2011年)の司会を務めていた。

2008年4月より、神戸親和女子大学発達教育学部に新設されたジュニアスポーツ教育学科客員教授に就任した。

2010年から、千葉県勝浦市バレーボール協会が主催する「大林素子杯」が開催されている[3]

2015年12月26日深夜(27日)のブログで、声帯結節の手術を受けることを明らかにした[4]12月30日、手術を終え退院[5]

役職

2015年9月現在[6]

  • JVA(日本バレーボール協会)広報委員、テクニカル委員
  • 日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー
  • 福島県「しゃくなげ大使」[7]
  • 観光庁スポーツ観光マイスター
  • 環境省「チャレンジ25」キャンペーン応援団
  • JOC環境アンバサダー[8]
  • JOCオリンピック・ムーブメントアンバサダー(2014-2015年度)[9]

過去

  • JOCオリンピックデーラン・アンバサダー(2009・2010)[10][11]

プレースタイル

182cmの身長とサウスポーを生かした攻撃で、センターセッターレフトの後ろをコートの右端から左端まで走り抜けて打つブロード攻撃はモトコスペシャルと呼ばれた。

人物・エピソード

  • 小学生時代、あまりの高身長のため交通機関を利用するとき母子手帳を携帯していた。
  • 松田聖子のファンで、ソウル五輪出場当時は「聖子ちゃんカット」にしていた。
  • 2001年つんくのプロデュースで身長175cm以上のアイドルユニット「デカモニ。」として歌手デビューした。ただしメンバーは大林のみで、実質的には大林のソロプロジェクトだった。
  • 一時期芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC(ザナドゥー ラブズ エヌエイチシー)」に所属していた。
  • スポーツキャスターの仕事がきっかけで、小型船舶4級免許、華道池坊奥伝免許、けんだま8級の資格を持つ。
  • 2006年、Air studio公演「GENJI〜最後の源氏〜」(東京芸術劇場・藤森一朗演出)では役者として、北条政子を演じた。
  • 新選組白虎隊などの日本史が好きで、年に数回会津若松市に訪れている。本人曰く地元よりも来ているという。また出身は東京都であるが、福島県のしゃくなげ大使を勤めている[12]
  • お笑いに精通しており、吉本興業のさまざまな芸人と縁が深く、その関係でよく関西ローカルのバラエティー番組にゲスト出演している。芸人が出演している地方の番組にも興味を示し、次長課長が地元である岡山のローカル局で司会を務めていた番組のテープを見たさにキー局に懇願したというエピソードもある。大林のお笑い好きはM-1グランプリ2006に観戦者として出演したとき、今田耕司に「あなた、たむけんファミリーですよね?」と言われるほどである。
    • 今田のこの発言は、2008年、全日本男子が16年ぶりの五輪出場を決めた夜に放送された『着信御礼!ケータイ大喜利』(NHK)で大林が回答読み上げゲストとして出演した際にも飛び出した。
  • 関口宏の東京フレンドパークII』(TBSテレビ)のアトラクション「ウォールクラッシュ」で、女性で唯一のCLEAR到達達成者である。
  • 母はプロダンサーでMONAという名前を持つ腕前であった。
  • 現役時代、ハイレグ仕様に改造したブルマーを、ノーパン直穿きで(あるいはTバックショーツの上に)、着用していたことを後に自らテレビ番組で明かした。また彼女は、ブルマーを見たいという気持ちから女子バレーを見るようになると述べていた。全日本チームのユニフォームがスパッツになったときには「私はブルマーに愛着がある」とのコメントも残している。
  • 妹がいるが、妹の身長は163cmほどである[13]
  • 大のお笑い好きで、劇場にも頻繁に通っている。
  • 2015年に関西テレビごきげんライフスタイル よ〜いドン!」の出演時に、身長が182cmから184cmになったと発言している[1]

球歴・受賞歴

所属チーム履歴
八王子実践高等学校日立(1986-1994年)→ イタリアの旗 アンコーナ(1995年)→ 東洋紡(1995-1997年)

全日本代表 (1985年-1996年)

全日本代表としての主な国際大会出場歴

受賞歴

  • 1987年 - 第20回日本リーグ ベスト6
  • 1988年 - 第21回日本リーグ 敢闘賞、猛打賞、ベスト6
  • 1989年 - 第22回日本リーグ MVP、スパイク賞、ベスト6
  • 1990年 - 第23回日本リーグ サーブ賞
  • 1991年 - 第24回日本リーグ スパイク賞、ベスト6
  • 1992年 - 第25回日本リーグ ベスト6
  • 1993年 - 第26回日本リーグ MVP、ベスト6
  • 1994年 - 第27回日本リーグ MVP、スパイク賞、ベスト6
  • 1996年 - 第2回Vリーグ ベスト6
  • 1996年 - ワールドスーパーチャレンジ96 ベストサーブ賞
  • 1997年 - 第3回Vリーグ 敢闘賞、特別賞
  • 2007年 - 2006-07プレミアリーグ Vリーグ栄誉賞

著書

出演

映画

  • Tokyo Loss(2017年公開、エピソード7「笑顔の向こう側」 彼とも別れ、結婚適齢期も過ぎてしまったOL:田辺のり子役、監督・脚本(原作)田中壱征

テレビドラマ

紀行番組

舞台

<--【出演予定】-->

CM

音楽作品

脚注及び参照

  1. ^ a b 大林素子、また身長が伸びた「2年間で2センチ。184センチに」”. スポーツ報知 (2015年8月17日). 2015年8月17日閲覧。
  2. ^ 大林素子 『バレーに恋して』 講談社
  3. ^ 月刊バレーボール 2012年4月号 123ページ
  4. ^ “大林素子 声帯結節で手術決意「夏からずっと続く痛み…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/26/kiji/K20151226011758750.html 2015年12月27日閲覧。 
  5. ^ “大林素子、声帯結節の手術受け退院…大晦日&正月も「3日間は無言で過ごす」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151230/geo15123016470031-n1.html 2015年12月30日閲覧。 
  6. ^ 大林素子さんとマイマイが記念撮影♪ - 大阪市中央体育館 2015.09.19
  7. ^ しゃくなげ大使名簿 福島県 2015年7月31日更新
  8. ^ JOCスポーツ環境アンバサダー - JOC
  9. ^ オリンピック・ムーブメントアンバサダー - JOC
  10. ^ 2009オリンピックデーラン・アンバサダーの任命式を実施 - JOC
  11. ^ スポーツ観光マイスター
  12. ^ 2009年11月14日放送の「出没!アド街ック天国」より本人談
  13. ^ 2010年2月8日放送 NHK わたしが子どもだったころ「バレー 大林素子」
  14. ^ バレーボール監修も兼任
  15. ^ 「東京2020大会協賛くじ」のご紹介 宝くじ公式サイト

外部リンク