谷口雅美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷口 雅美
Masami Taniguchi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-09-17) 1976年9月17日(41歳)
出身地 宮崎県宮崎市
ラテン文字 Masami Taniguchi
身長 177cm
体重 62kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ナツ
ポジション OP
指高 224cm
利き手
スパイク 302cm
ブロック 292cm
テンプレートを表示

谷口 雅美(たにぐち まさみ、女性、1976年9月17日 - )は、日本の元バレーボール選手。宮崎県宮崎市出身。ニックネームはナツ

来歴[編集]

小学校4年生からバレーボールを始める。宮崎日大高校を経て1995年、小田急ジュノー入団。1999年小田急休部に伴い日立ベルフィーユに移籍するが、2001年日立廃部に伴いJTマーヴェラスへ移籍。第5回V1リーグから第12回Vリーグまで主将を務めた。

強烈なジャンプサーブと高さのあるスパイクを武器に、2006-07Vプレミアリーグにおいて、日本人最多得点を挙げる活躍でチーム初のリーグ準優勝に貢献。ベスト6を受賞した。その後も国内では得点を量産する活躍で、第57回黒鷲旗大会で敢闘賞を受賞、同大会から3大会連続でベスト6賞を獲得した。 2009年には10年ぶりに全日本代表に抜擢され、同年のワールドグランプリに出場した。2011年2010-11Vプレミアリーグで念願だったリーグ制覇を達成し、第60回黒鷲旗大会との2冠を果たした。

2013年4月22日、チームより2012-2013シーズン限りで現役を引退することが発表され、第62回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会が選手としての最後の舞台となった[1]

人物・エピソード[編集]

  • 明るいキャラクターからファンも多く、多くのファンから隊長と呼ばれている。(チーム発行パンフレットより)
  • ニックネームの由来は宮崎県の果物「日向夏(ヒュウガナツ)」のナツから。
  • チャレンジリーグ健祥会レッドハーツに所属していた谷口由美恵は実姉である。
  • 日立が休部した際、移籍を目指していたが、JTからしか声が掛からなかった。ちなみに、その当時JTの監督を務めていたのは、谷口を小田急時代に指導していた一柳昇である。

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
宮崎日大高等学校小田急ジュノー(1995-1999年)→日立ベルフィーユ(1999-2001年)→JTマーヴェラス(2001-2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 谷口雅美選手、大友愛選手、吉澤智恵選手、西山慶樹選手退部のお知らせ JTマーヴェラスオフィシャルサイト 2013年4月22日付

外部リンク[編集]