中村和美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 和美
Kazumi Nakamura
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-02-24) 1971年2月24日(47歳)
出身地 石川県羽咋郡宝達志水町(旧押水町)
ラテン文字 Kazumi Nakamura
身長 170cm
体重 67kg
血液型 B型
選手情報
愛称 キュウ
ポジション WS
指高 218cm
利き手
スパイク 295cm
ブロック 283cm
テンプレートを表示

中村 和美(なかむら かずみ、1971年2月24日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。全日本代表で、現在日本バレーボール協会職員・バレーボール全日本女子代表マネージャー。石川県羽咋郡宝達志水町(旧押水町)出身。ニックネームはキュウ

来歴[編集]

小学校5年生の時に母・姉の影響を受け、バレーボールを始める。高校を卒業した1989年ユニチカに入社、同社のバレーボールチームであったユニチカ・フェニックスに籍を置いた。同年8月世界ジュニア女子(U-20)バレーボール選手権に出場し銅メダルを獲得、ベスト6にも選ばれた。このときのチームメイトの一人に多治見麻子がいる。翌1990年アジアジュニア選手権では主将を務め優勝に貢献、MVPにも選ばれた。

1991年全日本代表に初選出。同年開催のワールドカップに出場した。オリンピックには1992年バルセロナ1996年アトランタと2大会連続出場したが、いずれもメダル獲得はならなかった。

ユニチカでは1997年第4回Vリーグで主将を務め、翌1998年に現役引退。その後マネージャーに転向してチームに残り、1999年まで務めたが、ユニチカの廃部に伴い同年で退社した。

公式競技に採用されて以降初めて日本が出場を逃した、2000年シドニーオリンピックにボランティアとして参加。その後日本バレーボール協会に職員として採用され、2004年から全日本代表のマネージャーを務めており、2004年アテネオリンピック2008年北京オリンピックでは、サポート役として参加している。

人物・エピソード[編集]

  • 髪の毛が天然パーマ
  • 小柄ながらも豪快なプレーぶりがキューバ選手のようだったので、高校進学後まもなくキュウちゃんというニックネームがついた。[1]

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
旧押水町立押水中学校→石川県立金沢商業高等学校ユニチカ・フェニックス(1989-1999年)
- 1991-1993年、1995-1996年
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
1996年 - 第3回Vリーグ レシーブ賞
1996年 - ワールドスーパーチャレンジ ミキプルーン賞(ベストリベロ

脚注[編集]

  1. ^ 『毎日新聞(大阪版夕刊)』2004年11月30日