リベロ (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バレーボールにおけるリベロ: Libero: 自由人)とは、守備専門の選手のことである。

概要[編集]

戦略的には、センタープレーヤーが後衛に行ったときに、交代することが多い。また、リベロはベンチにいるときは、監督の指示を聞いて、コートに入ったときにその指示をコート内のプレイヤーに伝えるという役割を負うこともある。多くの選手が攻撃に入れるよう、プレー中のチャンスボールは守備範囲でなくとも(フロントゾーン付近など)、率先して取りに行き処理することもある。

相手チームはサーブレシーブ(レセプション)が得意であるリベロを避けて、他に一緒にレセプションを担当するウイングスパイカーをサーブで狙うことが多い(その選手の攻撃を封じるためにも)[1]

トップクラスのチームになるほど、守備力だけでなく、レシーブが崩れた時の二段トス[2]、セッターがレシーブした際に替わりに行うトス能力なども求められる。なお、リベロはフロントゾーンでのオーバーハンドパスに制限がある(後述#ルール)。アンダーハンドによる高速トスを、バックアタック用に上げるリベロもいる[3]

また、リベロはチームキャプテン・ゲームキャプテンともに務めることはできない[4]

歴史[編集]

日本の小学生バレーボールでは全日本バレーボール小学生大会において、低身長児にも活躍の機会を与えるため、第1回大会(1981年)から後衛専門の選手を配置する特別ルール「バックセンター固定制」が取り入れられていた[5]

リベロ制は1996年ワールドスーパーチャレンジ1997年ワールドグランドチャンピオンズカップで試験的に導入され、1998年に国際ルールとして正式に採用となった。松平康隆によると、松平とルーベン・アコスタが考案した制度だという[6]

初めて試験導入された1996年ワールドスーパーチャレンジでは、男子は大関元樹NECブルーロケッツ)が、女子は中村和美ユニチカ・フェニックス)がリベロを務めた。同じく試験導入の1997年ワールドグランドチャンピオンズカップでは、男子は青山繁富士フイルム・プラネッツ)が、女子は津雲博子NECレッドロケッツ)がリベロを務めた。

リベロ制正式導入後の全日本のリベロ第1号は、男子は西村晃一[7]、女子は津雲博子(現姓、吉川)である。

リベロ制度は、守備が苦手な大型選手がいるチームにとって有利な傾向にあるという、指摘もある[8]

ルール[編集]

異なる色のユニフォーム
一般
  • リベロは他の選手と異なる色のユニフォームを着用しなければならない。
    • 中学・高校では他の選手と同じユニフォームの上に「L」の文字が入ったゼッケンを着用して代用することも認められている。
  • リベロは、後衛の選手と何度でも交代することができる。
    • その交代は正規の6回の交代には数えないので、無制限に交代もできる。
    • 審判の許可を受けることなくサーブ前に何度も交代ができる。ただし、一度変わったリベロの交代には1ラリー(得点が動く)おくことが必要である。
    • リベロがコートから出るときに交代できるのは、入れ代わっていたプレーヤーのみ(またはセカンドリベロ)である。
    • 必要があればコートを出て必要があれば交代してコートに入れることから、監督の指示をコート外からコート内へ伝える役目もする。
  • サーブを打つことはできない(ローテーションでフロントに回ったら元の選手と交代するため、そのままサーブを打つことはない。また、サーブを打つために後衛の選手と交代することはできない)。
  • 「リベロは必ず使わなければならない。」というルールはない。
    • ルールにより使用が義務付けられているわけではなく、必ずしも使う必要はない。
フロントゾーンでの制約
  • リベロが前衛でオーバーハンドによりあげたボールをネットより高い位置からアタックすることはできない。
    • セッタープレーの禁止。
  • リベロはネットより高いところにあるボールをアタックすることはできない。
    • 攻撃的プレーの禁止。
  • リベロはブロックの試みをしてはいけない[4][9][10]

リベロ2人制[編集]

2008年、国際バレーボール連盟 (FIVB) は2009年よりベンチ入り選手人数14名・リベロ2人制導入を決定した。

これをうけ日本バレーボールリーグ機構では、2008-09シーズンからプレミアリーグでのリベロ2人制の先行導入を決定した。この先行導入においては、テスト的な意味合いが大きい。

  • ベンチ入り選手人数12名以下の場合は、リベロを0~1名登録できる。ベンチ入り13~14名の場合は、リベロを2名登録できる。
  • リベロは2名出場させることができるが、2名が同時にコートに立つことはできず、また一旦退いたリベロは再びコートに立つことはできない。

2009年のグランドチャンピオンズカップではフリーダムリベロ制と称して、「選手12名ベンチ入りのうち2名リベロ登録でき、交代が自由にできる」という方式がとられたが、各国の監督には不評であった[11]

2010年9月、FIVBは試合中のリベロ交代回数を撤廃する規則改正を決めた[12]

なお、全国高等学校体育連盟は上述の方式とは異なる形で、以前よりリベロ2人制を導入している。

コート上のリベロを「アクティングリベロ」、そうでない方のリベロを「セカンドリベロ」と呼ぶことがある[9]

サーブを受ける時(レセプションとディグ)とサーブ権のある時(ディグのみ)で、2人のリベロを使い分ける起用方法もある[13][14]

脚注[編集]

  1. ^ そのため、大会のベストレシーバー部門ではレセプション回数が多くなるウイングスパイカーが上位に来ることが一般的となっている(一例)(一例)。
  2. ^ BUZZ3 SUNBIRDS サントリー これがリベロだ! 津曲勝利
  3. ^ バンキシャ日記「17名 全員参加」 TBSテレビ:女子バレーボール ワールドグランプリ2012
  4. ^ a b 高知県バレーボール協会「FIVBローマ総会で承認されたルール改正について」 2011年3月27日 (PDF)
  5. ^ 小学生バレーボール・ルールの変遷 - 日本小学生バレーボール連盟
  6. ^ その1 今だから語るリベロ制採用の真相 WORLDCUP '99 CXオフィシャルサイト
  7. ^ スポーツナビ (2009年11月22日). ““闘将”荻野、“職人”津曲ら、男子バレーの守護神たちを紹介”. 2010年11月10日閲覧。
  8. ^ 男子バレーが五輪を逃した敗因…「リベロ制は日本に不利」と川合俊一氏 - 週刊新潮 2016年6月16日号
  9. ^ a b 平成24年度6人制ルールの取り扱いについて - JVA
  10. ^ 大修館書店:スポーツ資料館:競技スポーツ;バレーボール
  11. ^ 月刊バレーボール 2010年1月号 69ページ
  12. ^ 産経ニュース (2010年9月12日). “【バレー】リベロ交代回数を制限せず FIVBが規則改正”. 2010年11月10日閲覧。 実施は2011年1月より。
  13. ^ 直前合宿の成果を見せたバレーW杯序盤戦 サーブとディフェンスの強化が実を結ぶ(1/2) - スポーツナビ、田中夕子 2015年8月30日
  14. ^ 【大林素子 もっとアタック】次戦・韓国戦はリベロ佐藤の読み大事 - サンケイスポーツ、2015年8月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]